「トーナメントの花」 タチアオイ

夏の花に、タチアオイ(立葵)がある。大空に向かって真っすぐ伸びるその茎は、大人の男性の背丈以上になる。花期は通常、6月中頃から梅雨の明ける7月終り頃まで。ハワイの花、ハイビスカスを思わせる鮮やかなピンクの大輪が、行く人たちの足を止める。

朝日新聞大阪販売事務所のそば、豊中市上新田3丁目のタチアオイ。ハイビスカスと同じアオイ科だ。こちらは毎年、4丁目にお住まいの山脇孝治さんが育てられている(6月中頃撮影)

タチアオイが面白いのは、茎に付くたくさんの芽が、下から順に上へ上へと、競い合うように花を咲かせるところ。咲き始めの頃は地面に近い方で密集し、最後には頂点の一輪だけを残す。

花期がちょうど、夏の高校野球地方大会の時期と重なることもあって、私にはそれがまるで「トーナメント表」のように見えるのだ。

177校165チームが参加した、第104回全国高校野球選手権大阪大会も、残り3試合となった。準決勝に進出したのは、上宮、大阪桐蔭、関西創価、履正社。果たして頂点で咲き誇るのは、どのチームだろうか。

頂点に、最後の一輪を咲かしたタチアオイ。それより下は枯れたようになり、まるで激戦の後のよう。今年は6月から異常な暑さで、大阪大会が始まる前の7月初めに咲ききってしまった(7月1日撮影)
準々決勝以降のトーナメント表

球児たちが刻んだ軌跡 その3 第101回全国高校野球選手権大阪大会

朝日新聞千里販売のおかちんが撮影した、今大会の写真をランダムでお届けします。キミは写っているかな?

広告 はじめて補聴器

ブログ・紙面掲載写真 販売中
「千里あさひくらぶブログ」「月刊千里あさひくらぶ紙面」に掲載している写真パネル・撮影データを販売中。割引きなどサービスもあります。販売用写真には「千里あさひくらぶブログ」の文字は入りません。

明星、古豪に縛られない「チームワーク」 第101回全国高校野球選手権大阪大会

朝日新聞千里販売のおかちんは今日(7月21日)、万博球場で行われた第101回選手権大阪大会の4回戦、明星―関西創価、関大北陽―三国丘の2試合を撮影しました。今後、当ブログとツイッターでレポートします。(しばらく、日常業務の関係で更新頻度はゆっくりになりますので、のんびりとお楽しみください)

まずは、第1試合の明星―関西創価より。結果は、2―12で関西創価が勝利しました。今回のブログ記事のテーマは試合展開ではなく、「明星のチームワーク」です。

「今日は暑い中ですが、応援どうぞよろしくお願いします!」部員たちが試合前、スタンドへ頭を下げる
広告 Softbank

明星はグラウンドだけでなく、ベンチ、スタンドも一体となって、全員で野球をしていました。かつて甲子園常連校だったころの力強さには、まだ到達しないかも知れませんが、目指す「チームワーク」の姿は、古豪復活にしばられません。どんな苦しい場面でも声をかけ合い、体に触れて励まし合う姿には、思わず応援したくなる感情がこみ上げました。

明星先発は中森―西林の2年生バッテリー

9回表から登板した馬原。ブルペンを避けて臨んだが、体調が万全でないエースを関西創価打線は見逃さなかった
明星、この夏最後の「タイム」。失点を重ねる馬原にベンチから下浦主将が飛び出して励ます。下浦は2年生捕手・西林の肩にそっと手をかけた
スタンドの‘21番目の選手たち’は必死に声を出し続けた

明星スタンドの父母らは揃いの帽子で一体感
関西創価の先発投手・福田。この日は苦しみながらも要所を締めるピッチングで、被安打10、失点2で完投

明星は3点ビハインドの8回裏、先頭打者の5番・馬原が中前打で出た後、続く勝井の風にも乗ったレフトへの大飛球を、左翼手・岩本がジャンピングキャッチの超美技! これが抜けていれば、試合の行方はわからなかった

ブログ・紙面掲載写真 販売中
「千里あさひくらぶブログ」「月刊千里あさひくらぶ紙面」に掲載している写真パネル・撮影データを販売中。割引きなどサービスもあります。販売用写真には「千里あさひくらぶブログ」の文字は入りません。