また発見!.. 懐かしい開会式シーン  2015年度 第39回朝日旗千里ニュータウン少年野球大会・開会式より

また、ハードディスクの奥に、懐かしい写真を見つけました。2015年度 第39回朝日旗千里ニュータウン少年野球大会の開会式です。ぜひ、下のURLから大きな写真をダウンロードしてください。(開会式不参加のチームもあります)

球児たちの顔もわかる! 超パノラマビッグサイズ写真をダウンロード(2022年8月7日(日)まで限定)

この大会の優勝は、山田西リトルウルフ(吹田市)。準優勝は寿栄ジャイアンツ(高槻市)です。当時のおかちんは、とにかくがむしゃらにシャッターを切っていた記憶があります。

懐かし過ぎ.. 青山台クラブや北丘ヤングファイターズなども  2011年度 第35回朝日旗千里ニュータウン少年野球大会・開会式より

とても懐かしい写真が見つかりました。今から11年前の4月24日、2011年度 第35回朝日旗千里ニュータウン少年野球大会の開会式です。

球児たちの顔もわかる! 超パノラマビッグサイズ写真をダウンロード(2022年8月7日(日)まで限定)

現在はない、青山台クラブ少年野球部(千里南丘少年野球部と連合で出場)や高野台バード少年野球クラブ、千里東丘少年野球部、北丘ヤングファイターズなども。(開会式不参加のチームもあります)

キングジュニアーズ(高槻市)
山手台サニーズ(茨木市)

おかちんが初めて少年野球を取材したのが、この大会。私にとって、記念すべき大会なのです。優勝は高槻野田ファイターズ、準優勝は千里丘イーグルスでした。

今、みんなどうしてるんだろうかなあ。

オレも忘れるな! 東海大菅生の岩井大和君は豊中ペガサス出身!

第93回選抜高校野球、東京都の東海大菅生で背番号12をつけるのは、豊中ペガサス出身の岩井大和君(新3年生、内野手)! 現在もまだまだ成長を続ける180センチ超の大型選手で、当時から、チームの中では頭1つ、2つ抜けていた。

※記載した守備位置は『高校野球ドットコム』から。

豊中ペガサスの正捕手だった、岩井大和君(2015.6、春の朝日旗千里ニュータウン大会)
ヤマト、でかい!!
バッテリーを組んだ、ペコちゃんっぽい ‘ベロ出し投法’ の新田俊介君は現在、益田東(島根県)のエースを務めている。今はベロを出していないそうだが…

春の朝日旗千里ニュータウン大会では第三位に表彰
ちなみに準決勝で負けた相手は山田西リトルウルフ。この春惜しくも選抜からもれた、山田高校の選手もいる

東海大菅生の初戦は、3月24日(水)第1試合。なんと、富田ブレーブスで絶対的エースだった、井上翼君(新2年生)がいる聖カタリナが相手だ。

富田ブレーブス時代の井上翼君(聖カタリナ)

しかも、この試合に勝ち上がったチームは、次戦で山田西リトルウルフ出身の平野順大(投手)がいる京都国際と当たる可能性も。北摂の少年野球関係者はこの春、ワクワクドキドキが止まらないぞ!

山田西リトルウルフ時代の平野順大君(京都国際)
豊中ペガサス時代の岩井大和君(東海大菅生)
広告 広告ピッチャーとキャッチャー
ベンチから、息子の打席を心配そうに見つめる岩井監督
取材ご依頼受付中
スポーツ大会・イベント・クラブ活動・地域活動などをおかちんが無料で取材します。ご希望の方は電子メールなどでお知らせください ●催しや団体、学校、人、店などが対象 ●掲載媒体はブログまたは紙面、または両方 ●先着順ではありません ●内容等によってお断りする場合があります。