上宮、強さの理由 第104回全国高校野球選手権大阪大会

第104回全国高校野球選手権大阪大会は、圧倒的な強さを見せつけた大阪桐蔭高校の優勝で幕を閉じました。朝日新聞大阪販売は今回、配達区域内で希望のあった13チームを取材しました。その中で、上宮高校が5年ぶりに準決勝進出。大阪桐蔭に敗れたものの、甲子園まであと一歩に迫る戦績を残しました。今夏、上宮はなぜ強かったのか? その理由を探ります。

大会前取材は6月27日、場所は大阪市天王寺区上之宮町の同校教室で行いました。通常ならグラウンドでの様子を撮影すべきですが、練習場は太子町の上宮太子高校グラウンドで遠方だったのと、タイミングも合わなかったため、このような形を提案しました。

副部長の小川さんは「学校の地元の方は、部員たちの練習着やユニフォーム姿を見慣れないので、あえて制服姿を掲載して、顔を覚えてもらえる機会になれば」と、前向きに取材をセッティングしてくれました。

ノッカーとしてグラウンドに立つ小川さん(清教学園戦、7月24日・南港中央)

教室で待っていたのは、3年生全員と、背番号を受けた2年生たち。みんなキチンと並んで席に座り、背筋を伸ばして「こんにちは!」。まるで授業に臨む教師のような私。もっと、くだけた雰囲気を想像していたのに。

「それでは、おかちんさん(私)、後はご自由に」と笑顔で引いてしまった小川さん…。それは無茶ブリというものです。正直、「すみません!」って、教室を出ようかと思いました。でも、部員たちの顔を見渡せば、山田西リトルウルフOBの西森君や、津雲台少年野球クラブOB(実はおかちんも津雲台OB)の山元君ら、北摂の知った存在が、緊張をほぐしてくれました。

そこで、せっかくホワイトボードがあるのだからと、異例の講義風取材をスタート。ランダムに部員を指して、「夏の目標」「セールスポイント(自己分析・他己分析)」などを質問しました。

その中で、最も印象に残ったのが、3年の瀧野君。二塁手ですが、最後の夏は2年の後藤君にレギュラーを譲りました(奪われた? 言葉の選択って難しい)。

試合開始前、セカンドベース周辺を念入りに整備する瀧野君(清教学園戦、7月24日・南港中央球場)
軽快に打球をさばく、2年で正二塁手の後藤君(清教学園戦、7月24日・南港中央球場)

強豪チームにあって、もしかしたら出番がないかもしれない控え選手。ちょっと厳しいかな…と思いつつ、ぶつけた質問は、

「二塁手の魅力というか、やりがいを教えてください」

別のチームでも、同じような質問をしたことがあります。大抵の答えは「6―4―3のゲッツーを決める時が最高!」とか、「セカンドで盗塁を、バシッ!と補殺したとき」など。

でも、瀧野君は違いました。

「僕は、バッターが振り逃げで一塁に走ろうとした時などに、一塁手のカバーができるところが、二塁手のやりがいだと考えています」

意外な答えに、私は目頭が熱くなりました。

整備を終えて、ベンチに戻る瀧野君(清教学園戦、7月24日・南港中央球場)

取材を終え、正門まで送ってくれた小川さん。

「まさか、瀧野があんなことを言うとは思いませんでしたが、このチームはレギュラーであってもなくても、背番号がない3年生部員も、1つになっているように思うんです。そういう部分でもこの夏は期待しているんです。おかちんさん、そんな部員も、ぜひ取り上げてやってください!」

おかちんと記念撮影(撮影時のみマスクを外し、会話しないよう心がけています)

今回、13チームをわずかA3用紙両面にまとめることになり、文字数はかなり限られていました。そんな中で果たして、主力選手紹介のスペースを削ってまで、控え選手のエピソードまで掲載することが妥当なのか。また、短い文章で、チームの思いを伝えることができるのか…。

そんな風に悩みながら、翌々日、この夏最後の取材チーム、箕面学園の茨木グラウンドを訪ねました。

(つづく)

【第99回選手権大会】入場行進 その8 東淀川・箕面学園・市岡・福井

みなさん、こちらは朝日新聞千里販売のおかちんです。

7月8日に開幕した、第99回全国高校野球選手権大阪大会の入場行進より。おかちんにゆかりのある高校を中心にお届けします。(おかちんが知る選手を全員挙げているものではありません)

広告募集

東淀川高校。吹田TN出身の樽井君がいます。

広告 はじめて補聴器

箕面学園高校。ユニフォームのアクセントカラーは箕面の山並みをイメージさせる深緑。

市岡高校。高校野球オールドファンも注目する古豪中の古豪。1940年第26回大会以来の夏甲子園を目指します。

福井高校。名前は福井でも、茨木市西福井にある府立高校です。「大阪の福井」を全国にとどろかせろ。

ブログ・紙面掲載写真 販売中
「千里あさひくらぶブログ」「月刊千里あさひくらぶ紙面」に掲載している写真パネル・撮影データを販売中。割引きなどサービスもあります。販売用写真には「千里あさひくらぶブログ」の文字は入りません。