懐かし過ぎ.. 青山台クラブや北丘ヤングファイターズなども  2011年度 第35回朝日旗千里ニュータウン少年野球大会・開会式より

とても懐かしい写真が見つかりました。今から11年前の4月24日、2011年度 第35回朝日旗千里ニュータウン少年野球大会の開会式です。

球児たちの顔もわかる! 超パノラマビッグサイズ写真をダウンロード(2022年8月7日(日)まで限定)

現在はない、青山台クラブ少年野球部(千里南丘少年野球部と連合で出場)や高野台バード少年野球クラブ、千里東丘少年野球部、北丘ヤングファイターズなども。(開会式不参加のチームもあります)

キングジュニアーズ(高槻市)
山手台サニーズ(茨木市)

おかちんが初めて少年野球を取材したのが、この大会。私にとって、記念すべき大会なのです。優勝は高槻野田ファイターズ、準優勝は千里丘イーグルスでした。

今、みんなどうしてるんだろうかなあ。

おかちんの夢よ、叶え…! あの頃の少年野球児をアルプスから!

ついにおかちんの夢が叶う時が来た、かも! 少年野球時代に取材した選手を、甲子園球場で初めて応援できるかもしれないんです! 土曜日のお天気次第では‥。

ただいま開催中の第94回選抜高等学校野球大会で、先日1回戦を突破した明秀日立高校(茨城県日立市)に、辻天成君(つじ・てんせい、3年生、二塁手)がいます。

少年野球、春の大阪府大会決勝でファインプレーを決め、紅潮した顔でベンチに戻る辻くん(右から2番目)※以下、写真はすべて少年野球時代のもの(2016年5月)

辻君は、いま日本で一番有名な(おばちゃんがいる)少年野球チーム「山田西リトルウルフ」のOB。チームが初めて全国大会に出場した時のキャプテンでした。(今回、残念ながら新型コロナウイルスの影響で学校自体が出場を辞退した、京都国際高校の右のエース平野順大(ひらの・じゅんた)君は、ウルフ時代のチームメイトです)

府大会で優勝し、チーム初の全国大会出場を決めた山田西リトルウルフのメンバーが、優勝旗などを持って整列(辻くんは一番右)

明秀日立の2回戦(市和歌山)は26日の土曜日に組まれていますが、現時点(3月24日21時頃)の天気予報では、日中は雨が続きます。もし雨天順延なら、おかちんは今週日曜日に取材などの予定がないため応援できる‥。

と、そんなふうに思っていた矢先、明秀日立の関係者さんから「おかちん、アルプスで一緒に!」とお声をかけていただきました。もちろん、お断りする理由などミジンコほどもありません。

朝日旗千里ニュータウン大会の準決勝で、二塁打を放った辻くん(2016年6月)

お天気のことですから、実際はどうなるかわかりませんが、このような機会を与えてくれた辻君や、そのチームメイト、関係者の皆さんには感謝の気持ちで一杯です。もし夢が叶うなら、スタンドから精一杯応援することをここに誓います!

府大会閉会式後に記念の集合写真を撮影しようとする、山田西リトルウルフの選手たち

なんと今大会には、吹田市の少年野球チームOBから7人の選手たちが出場(登録メンバー含む)しています。しかも、全ての高校が初戦を突破したんだからスゴイ! ☆名前をクリックすると記事にリンク。

【優勝】大阪桐蔭=川原嗣貴君〈千里丘イーグルス〉
【準優】近江=石浦暖大君〈片山南少年野球部〉
【8強】金光大阪=岡治尚希君〈片山南少年野球部〉
【8強】金光大阪=森下右京君〈千三少年野球クラブ〉
【16強】明秀日立=辻天成君〈山田西リトルウルフ〉

【16強】高知=日野灯君〈吹田クープス〉
【16強】高知=櫛田歩希君〈片山南少年野球部〉
※おかちん調べ。京都国際=平野順大君〈山田西リトルウルフ〉を含むと8名。

なお、2016年の朝日旗千里ニュータウン大会決勝の相手、摂津コンドルズOBには、聖光学院の内野手・伊藤遥喜君がいます。伊藤君はこの選抜大会で「フェースガード」を着けて出場したことが話題になっています。

聖光学院=伊藤遥喜君〈摂津コンドルズ〉※摂津市

朝日旗千里ニュータウン大会決勝戦後(優勝は山田西リトルウルフ)に、辻くん(左)と伊藤くんで記念撮影。今や超お宝写真(関係者提供)

創部40周年の古江台 初戦突破! 粘る豊能BM退けて 第43回朝日旗北大阪大会

みなさん、こちらはおかちんこと岡野です。

11月23日に万博記念野球場で、第43回 朝日新聞社優勝旗争奪 北大阪少年軟式野球大会(北大阪少年軟式野球友好会、朝日新聞社主催)が開幕しました。小学生(学童)の部に71チーム、中学生の部に11チームが出場し、それぞれ頂点を目指して熱戦を繰り広げます。

広告 チャイナテーブル
ブログバナー広告募集
千里地域をがターゲットの千里あさひくらぶブログに、無料でバナー広告を掲載できます。おかちんを通じて朝日新聞を新規ご購読いただけると、購読期間中に適宜広告を表示します。広告画像制作費等も一切不要。おかちんまでお気軽にお問い合わせください

24日には、吹田市立古江台中学校のグラウンドで、2回戦(両チームとも初戦)の古江台少年野球部(吹田市) 対 豊能BMファイターズ(豊能町)が行われました。先日、創部40周年を祝った古江台が、粘る豊能を4―3で退けて勝利しました。

古江台関係者さんから届いた写真と試合レポートを編集しました。ほかのチームの皆さんからも、大会への意気込みや試合のレポート等お待ちしています。

「古江台はミスも重なって失点しましたが、いつもは余りでない声を出して、最後までリードを守り切ることができました」

「最終回の1失点は、四球で出した走者をエラーで進めてしまい、犠牲フライを打たれたものです。豊能のピッチャーは、最後まで1人で頑張って投げていました。攻撃、守備ともに粘りと気迫を感じました」

部員数不足の心配をはねのけるかのような、豊能BMファイターズ粘りの攻撃

古江台3回戦の相手は、強豪・岸辺つくしクラブ(吹田市)に勝ったリトルジャイアンツ(高槻市)です。同じ関係者さんは次のように気合を入れました。

「次も厳しい試合になるかも知れませんが、お母さんたちのうるさいくらいの声援も力に、チーム一丸となって頑張ってほしいです!」

見事、接戦をものにした古江台少年野球部

☆他のチームのみなさんも、写真や簡単なレポートなどを、おかちんにお送りください。ブログで紹介させてもらいます。

学童の部の他の試合や、中学生の部の試合結果は、トーナメント表(下)をごらんください。昨年度決勝戦と同じ組み合わせとなった、山田西リトルウルフAと池田レッドアーミーの注目の一戦は、ウルフが11―0で圧倒的な勝利を収めています。他の10点差以上の大差を付けて勝ったチームは、摂津コンドルズ、レッドバッファローズ、竹の内ファイターズ、上牧ブレーブス、島本ジャイアンツ、千里丘イーグルスです。

小学生(学童)の部トーナメント表(11月24日終了時点) 吹田東部少年野球連盟公式サイトより転載
中学生の部トーナメント表(11月24日終了時点) 吹田東部少年野球連盟公式サイトより転載