全面芝生だった??? 夏の高校野球発祥の地「豊中グラウンド」 モノクロ写真のAIカラー化から

夏の高校野球と言えばもちろん甲子園球場。でもその産声は1915(大正4)年、旧豊中村の豊中グラウンド(豊中球場とも言われた)で上がりました。会場が兵庫県の鳴尾球場に移されるまで、大会は2回開催されました。[Googleマップを見る

第1回全国中等学校優勝野球大会(現・全国高等学校野球選手権大会)の、朝日新聞社社長・村山龍平氏による始球式(朝日新聞デジタルより転載)

こちらは、高校野球のオールドファンにとって余りにも有名な、第1回大会の大阪朝日新聞社社長(当時)村山龍平(むらやま りょうへい)氏による始球式。(以下のサイトより転載)

(白球の世紀:3)秋田の快進撃、予想覆す 高校野球(朝日新聞デジタル 2018年1月11日 16時30分)

今回、こちらのモノクロ写真を、AIを使ってカラー化してみました。

AIが分析してカラー化した写真

ご覧ください! AIが正しく分析していれば、ですが、マウンドを含め全面が芝生に覆われているように見えます。私はこれまで、何の疑いもなく土のグラウンドだと思っていたので、大変驚かされました。

そこで、Wikipediaで「豊中グラウンド」を調べると、こんな記述がありました。

1913年(大正2年)に現在の阪急電鉄の前身である箕面有馬電気軌道が建設・設置。当時の広さは2万m2 (=2ヘクタール (ha))で陸上競技場としても使われ、日本フットボール優勝大会(現・全国高等学校サッカー選手権大会及び全国高等学校ラグビーフットボール大会)の会場にもなった。

グラウンドは、フットボール(サッカー・ラグビー)にも使われていたのです。そのことから、AIの分析の信頼性は決して低くない、と言えるのではないでしょうか。

AI技術は日進月歩です。これまで、当たり前と思っていたことが、そうでなかった、という発見に、今後も出会えることを楽しみにしています。豊中グラウンドが芝生だったかどうかは、継続取材します。

当時のお金、桐一銭青銅貨(大正12年発行、直径約23ミリ)。朝日新聞千里販売スタッフの所有

「いい球投げられた」 島本ジャイアンツ主将・片山君が万博球場で始球式

7月7日、第101回全国高校野球選手権大阪大会の各球場で始球式が行われました。万博球場のマウンドに上がったのは、島本町立第二小学校6年の片山侑人くん。先の報道発表の時、「もしかして?」と思っていたけど、紙面を見てやっぱり! 島本ジャイアンツの片山キャプテンでした!

各球場の始球式を報じる、2019年7月8日付け朝日新聞朝刊。島本ジャイアンツの片山くんの姿も
第43回朝日旗千里NT大会の開幕試合で三塁を守る片山くん(2019年4月21日、万博少年野球場)
センター方向へヒットを放つ片山くん(同日、同場)

そして、こちらの選手は……

チームは大勝したのに、試合後にまるで負けてしまったみたいに大泣きしていた上農くん。あれから元気になったかな?

記念に? キミの涙を残しておこう。

取材ご依頼受付中
スポーツ大会・イベント・クラブ活動・地域活動などをおかちんが無料で取材します。ご希望の方は電子メールなどでお知らせください ●催しや団体、学校、人、店などが対象 ●掲載媒体はブログまたは紙面、または両方 ●先着順ではありません ●内容等によってお断りする場合があります。