どちらが真の「千里川橋」?? 千里川にかかる同名の橋

『月刊千里あさひくらぶ』2021年5月号で特集した、千里川(せんりがわ)。箕面山を源とし、豊中市内を縫って、猪名川にそそぐ一級河川です。

先日、ほとりをブラブラ(怪しいな!)していると、ちょっと面白いことに気が付きました。

千里川(千里園あたり)

下の写真は、国道176号がそのまま橋となっている「千里川橋」。千里川交差点のそばです。

国道176号の「千里川橋」
重厚な筆文字っぽい書体

広告 はじめて補聴器

そして、上の千里川橋から500メートルほど上流にかかる、なんとこちらも「千里川橋」。同じ川に同じ名前の橋が架かっているって、不思議です。しかも、大して距離もなく。

国道176号から500メートルほど上流に架かる「千里川橋」
何となく、書体がオシャレっぽい

もしかして、地元では「どちらが真の千里川橋!?」という論争が起きて…はいないと思いますが、どうでもいいようなことでも、気になったら調べずにはおけないのが記者というもの。今度、まずは橋が架けられた年を調べてみようと思います。

情報をお持ちの方は、コメントにお寄せください。

広告 アトリエ千秋