上宮、強さの理由 第104回全国高校野球選手権大阪大会

第104回全国高校野球選手権大阪大会は、圧倒的な強さを見せつけた大阪桐蔭高校の優勝で幕を閉じました。朝日新聞大阪販売は今回、配達区域内で希望のあった13チームを取材しました。その中で、上宮高校が5年ぶりに準決勝進出。大阪桐蔭に敗れたものの、甲子園まであと一歩に迫る戦績を残しました。今夏、上宮はなぜ強かったのか? その理由を探ります。

大会前取材は6月27日、場所は大阪市天王寺区上之宮町の同校教室で行いました。通常ならグラウンドでの様子を撮影すべきですが、練習場は太子町の上宮太子高校グラウンドで遠方だったのと、タイミングも合わなかったため、このような形を提案しました。

副部長の小川さんは「学校の地元の方は、部員たちの練習着やユニフォーム姿を見慣れないので、あえて制服姿を掲載して、顔を覚えてもらえる機会になれば」と、前向きに取材をセッティングしてくれました。

ノッカーとしてグラウンドに立つ小川さん(清教学園戦、7月24日・南港中央)

教室で待っていたのは、3年生全員と、背番号を受けた2年生たち。みんなキチンと並んで席に座り、背筋を伸ばして「こんにちは!」。まるで授業に臨む教師のような私。もっと、くだけた雰囲気を想像していたのに。

「それでは、おかちんさん(私)、後はご自由に」と笑顔で引いてしまった小川さん…。それは無茶ブリというものです。正直、「すみません!」って、教室を出ようかと思いました。でも、部員たちの顔を見渡せば、山田西リトルウルフOBの西森君や、津雲台少年野球クラブOB(実はおかちんも津雲台OB)の山元君ら、北摂の知った存在が、緊張をほぐしてくれました。

そこで、せっかくホワイトボードがあるのだからと、異例の講義風取材をスタート。ランダムに部員を指して、「夏の目標」「セールスポイント(自己分析・他己分析)」などを質問しました。

その中で、最も印象に残ったのが、3年の瀧野君。二塁手ですが、最後の夏は2年の後藤君にレギュラーを譲りました(奪われた? 言葉の選択って難しい)。

試合開始前、セカンドベース周辺を念入りに整備する瀧野君(清教学園戦、7月24日・南港中央球場)
軽快に打球をさばく、2年で正二塁手の後藤君(清教学園戦、7月24日・南港中央球場)

強豪チームにあって、もしかしたら出番がないかもしれない控え選手。ちょっと厳しいかな…と思いつつ、ぶつけた質問は、

「二塁手の魅力というか、やりがいを教えてください」

別のチームでも、同じような質問をしたことがあります。大抵の答えは「6―4―3のゲッツーを決める時が最高!」とか、「セカンドで盗塁を、バシッ!と補殺したとき」など。

でも、瀧野君は違いました。

「僕は、バッターが振り逃げで一塁に走ろうとした時などに、一塁手のカバーができるところが、二塁手のやりがいだと考えています」

意外な答えに、私は目頭が熱くなりました。

整備を終えて、ベンチに戻る瀧野君(清教学園戦、7月24日・南港中央球場)

取材を終え、正門まで送ってくれた小川さん。

「まさか、瀧野があんなことを言うとは思いませんでしたが、このチームはレギュラーであってもなくても、背番号がない3年生部員も、1つになっているように思うんです。そういう部分でもこの夏は期待しているんです。おかちんさん、そんな部員も、ぜひ取り上げてやってください!」

おかちんと記念撮影(撮影時のみマスクを外し、会話しないよう心がけています)

今回、13チームをわずかA3用紙両面にまとめることになり、文字数はかなり限られていました。そんな中で果たして、主力選手紹介のスペースを削ってまで、控え選手のエピソードまで掲載することが妥当なのか。また、短い文章で、チームの思いを伝えることができるのか…。

そんな風に悩みながら、翌々日、この夏最後の取材チーム、箕面学園の茨木グラウンドを訪ねました。

(つづく)

上宮5年ぶり4強! 準決勝は春センバツV・大阪桐蔭と対戦(上宮4-1東大阪大柏原)

7月27日に南港中央球場で行われた、第104回全国高校野球選手権大阪大会の準々決勝で、上宮東大阪大柏原に4-1で勝利し、2017年以来5年ぶりの4強入りを果たしました。準決勝では、今春センバツ優勝の大阪桐蔭と戦います。 ※チームご関係者から届いた臨場感ある写真を順不同でお届けします。ご提供ありがとうございます。

この試合も前半までは、花園との3回戦以降続いている、1点を争う大変緊迫したムード。そんな雰囲気が変わったのは、0-0で迎えた5回裏、2死三塁の場面。打席に立った先発投手・伊藤が、相手守備のスキをつく、クレバーなスクイズバントが内野安打となって先制、チームを勢いづけました。

6回には、本大会攻守にわたって大活躍の中田(中堅手、2年)が、2死一・二塁で左翼越えのランニングホームラン! またまた ‘ヒーロー’ の座を手にしました。

上宮は、中1日置いた29日、舞洲のシティ信金スタジアムで、準決勝を大阪桐蔭と戦います。これは奇しくも、今春の府大会準決勝と同じ組み合わせ。上宮はこの夏手に入れた、驚異の集中力と粘りを武器に、春の雪辱を遂げようと気合十分です。

「トーナメントの花」 タチアオイ

夏の花に、タチアオイ(立葵)がある。大空に向かって真っすぐ伸びるその茎は、大人の男性の背丈以上になる。花期は通常、6月中頃から梅雨の明ける7月終り頃まで。ハワイの花、ハイビスカスを思わせる鮮やかなピンクの大輪が、行く人たちの足を止める。

朝日新聞大阪販売事務所のそば、豊中市上新田3丁目のタチアオイ。ハイビスカスと同じアオイ科だ。こちらは毎年、4丁目にお住まいの山脇孝治さんが育てられている(6月中頃撮影)

タチアオイが面白いのは、茎に付くたくさんの芽が、下から順に上へ上へと、競い合うように花を咲かせるところ。咲き始めの頃は地面に近い方で密集し、最後には頂点の一輪だけを残す。

花期がちょうど、夏の高校野球地方大会の時期と重なることもあって、私にはそれがまるで「トーナメント表」のように見えるのだ。

177校165チームが参加した、第104回全国高校野球選手権大阪大会も、残り3試合となった。準決勝に進出したのは、上宮、大阪桐蔭、関西創価、履正社。果たして頂点で咲き誇るのは、どのチームだろうか。

頂点に、最後の一輪を咲かしたタチアオイ。それより下は枯れたようになり、まるで激戦の後のよう。今年は6月から異常な暑さで、大阪大会が始まる前の7月初めに咲ききってしまった(7月1日撮影)
準々決勝以降のトーナメント表