少年野球児の写真がコンテスト入賞!  パロマ 笑顔写真コンテスト

この度行われた、ガス器具のパロマ111周年プロジェクト「第6回フォトコンテスト」に、地元少年野球児の集合写真が入賞しました。受賞写真は2022年7月から、大阪メトロ(地下鉄)の駅看板に掲示される予定です。

コンテスト受賞写真 2021-11-3撮影

募集テーマは「いつもの暮らし 笑顔とともに」。笑顔写真コンテストです。昨年11月、大阪市此花区の常吉グラウンドそばの公園で撮影した、佐竹台ストロングアロー5年生(当時)5人のスナップ的な集合写真が入選しました。なお、掲示駅は7月に発表されるそうです。

ごらんください。見る者に、勝利の喜びを分けてくれそうな満面の笑顔!笑顔!笑顔!笑顔!笑顔!

でもコレ、実は…… 敗戦後の様子なんです。試合後の落ち込みと、昼食後の元気とのギャップがとても面白くてレンズを向けました。

敗戦後、下を向いてグラウンドを後にする選手たち(笑顔写真撮影の約15分前)

おかちんはこれからも「笑顔撮りカメラマン」として活動を続けます。野球に限らず、取材のご希望は気軽にお声をかけてください。

少年野球で「キミがヒーロー!」&「 こうなってほしい!」 佐竹台ストロングアローが部員募集(吹田市佐竹台・高野台)

吹田市の佐竹台と高野台の小学生が主に入部している、少年軟式野球のクラブチーム・佐竹台ストロングアローが部員募集を始めました! 対象は小学1~5年生の男女。もちろん、野球経験はなくてもオッケー!

「少年野球でキミがヒーローになれる!」チラシ制作/学童(6年生)クラス監督
「少年野球やるなら、こんな風に育ってほしい!」チラシ制作/おかちん

野球がうまくなりたい子どもたち、野球を通じた子育てを期待する保護者のみなさん、ぜひお気軽にお問い合わせください。ご入部は、見学・体験でチームをじっくりご覧になってからで大丈夫です。

●見学・体験のお申込みやお問い合わせは
佐竹台ストロングアロー公式サイト

池田市の少年軟式野球チーム「池田レッドアーミー」 秋の部員募集スタート!

ブログに国境はないんや!… ということで今回は、大阪府池田市の少年軟式野球チーム「池田レッドアーミー」をご紹介します。(写真はすべてチーム提供)

朝日旗大会で、いつも上位をにぎわすレッドアーミー(日本語に訳すと「赤い軍団」?)は、この夏(2021年)も6年生チームがスポーツ少年団大会で近畿大会出場を果たすなど、強豪として鳴らしているチームです。

広告 広告手包み餃子と中華キッチン ひげ

そんなレッドアーミーですが、他の多くのチームと同じ、大きな悩みが…。そう、部員数の減少です。

10月4日現在で、5年生1人、4年生4人、3年生9人、2年生5人。少年野球は同学年で1チームを作るのが理想ですが、いま5年生の大会には、4年生と3年生が主体となったチームで参戦しています。それでもなかなかの成績を残しているんだからスゴイ。でもやっぱり、学年のそろった相手に勝つのは大変なようです…。

こんなチーム状況にも「メリット」はあります。それは「学年の壁がないこと」「できる限り全員が試合に出られる」こと。

広告 おゆば

地域に子どもたちがたくさんいて、男の子は野球をするのが当たり前だった時代は、1学年で2、3チームあるのも珍しくありませんでした。

でも、当時は学年を超えた交流が難しく、同学年でもチーム間でなんとなくギクシャクした雰囲気があったり…。今思えばうれしい悲鳴なんですけれども。

今、レッドアーミーでは、上級生から下級生までが壁なく交流できています。年上の部員は、年下のエラーをバカになんかしません。だって、大切な戦力だし、仲間だから。年下の部員は、年上のかっこいい姿に憧れ、近づこうと努力します。そんなことを、小学生のうちから自然と学べるんです。(だから強くなれるのかな?)

そして、できるだけ全員に、一打席でもワンプレーでも、試合に出られるチャンスを与えるのもレッドアーミーの方針。たとえ三振しても、エラーしても、試合に出られるからこそ悔しさを感じ、成長につなげられるんです。バッターボックスや守備位置のドキドキ感って、一生ものだし。

そんな池田レッドアーミーが今、1年生から5年生の男子・女子部員を募集しています。野球経験がなくても、道具がなくても、(まだ野球に興味が無くても)そんなことは全然問題ないそうです。

お問い合わせは下のいずれかから(担当:奥田さん)
メール:m.j-okuda23@docomo.ne.jp
電話:090-7966-4152
Facebook

取材ご依頼受付中
スポーツ大会・イベント・クラブ活動・地域活動などをおかちんが無料で取材します。ご希望の方は電子メールなどでお知らせください ●催しや団体、学校、人、店などが対象 ●掲載媒体はブログまたは紙面、または両方 ●先着順ではありません ●内容等によってお断りする場合があります。