大会史上初「ウルフ顔」対「ウルフ顔」の決勝戦 第44回朝日旗千里NT少年野球大会

6月26日、吹田市の高野台スポーツグラウンドで、第44回朝日旗千里ニュータウン少年野球大会の決勝戦が行われました。対戦カードは、吹田市の山田西リトルウルフAチームとBチーム。大会史上初めて同一チーム内同士で優勝が争われました。

試合はウルフA(一塁側)が、粘るウルフB(二塁側)を終盤に突き放して8-1で勝利しました。その結果ウルフAは、吹田・豊中・箕面・摂津・茨木・高槻・島本、6市1町47チームの頂点に立ちました。

今回も、両チームの「ウルフ顔」を中心に、順不同で少しずつお届けします。なお、ウルフの同一チーム内同士の決勝戦は、過去に千里ニュータウン大会で2回。地域外のチームが参加する大会では、今回が初めてとなりました。なお、本大会第3位は、熊野田少年野球部(豊中市)と、葦原南(茨木市)です。

優勝した山田西リトルウルフA
準優勝した山田西リトルウルフB
ウルフ 対 ウルフ。紅白戦ではなく、これは決勝戦

🥇優勝キャプテン・廣田頼人くん(写真左)「仲間と決勝で戦えてうれしかった。打席に立った時、いつも仲の良いピッチャーの顔を見て、思わず笑ってしまいました」

🥈準優勝キャプテン・井手謙二郎くん「BがAと、ここまで戦えることがわかった。最後まで集中力を切らさないことが、僕たちの課題です」

ウルフBは午前中、西部新人戦の準々決勝を、有力チーム津雲台少年野球クラブと戦いました。この日は30度を優に超え、今年一番の暑さ。しかも、風がほとんど吹かない高野台グラウンドでのダブルヘッダー2試合目。ウルフBは決して、集中力を切らしたわけではありません。限界まで必死に戦い抜いたのです。

「オレがウルフの顔です! でも、今日は鼻の下にできものがあるので、そこは修正してください」とのことです

ウルフA 2-1 ウルフBで迎えた5回裏開始前、かなり強い語気で部員たちに気合を入れる棚原監督。Bチームは棚原監督を本気にさせた

5回裏、1点差で粘るBチームに大打撃! Aチーム5番打者・西村くんが1死満塁で、レフトの頭をライナーで越す、走者一掃の3点適時二塁打! グングン伸びるスゴイ打球だった

西村くん「ベンチもより気合が入ってきたし、ゼッタイに打ちたいと思って打席に入った。一塁を回った時、レフトオーバーしているのを見て、とても気持ちが良かった。家でお父さんに見てもらって、バットを振っている成果が出ました」(西村くんは、1日300~500回スイングしているそう)

ウルフB、代走の切り札・戸田くん

こいつが「ツインズ顔」、あいつが「ウルフ顔」だ!

前回『こいつが「ウルフ顔」だ!』が好評でしたので、「●●顔」をシリーズ化。いろんなスポーツを撮っていると、その「スポーツ特有の顔」があることがわかります。また、「チームごとの顔」も。今回は、5月15日に吹田市の高野台スポーツグラウンドで行われた、第44回朝日旗千里ニュータウン大会の3回戦、山田西リトルウルフB(吹田市)対 千里ツインズ(豊中市)より、球児たちの「顔」を中心にお届けします。

監督同士も戦っているんだ。

この試合は、技術を競うだけでなく、声や気迫がぶつかり合った「これぞ少年野球!」という好ゲーム、いいえ、心に残る名勝負でした。結果は、ウルフが4-3で逆転勝利し、ベスト8進出です。

★写真は少しずつ追加します。どうぞお楽しみに!

キミが「フォトジェニック」だ

吹田東部少年野球連盟サイトより転載

【キャプテンインタビュー・音声あり】「集中力の勝利です!」箕面ジュニアーズが朝日旗初戦突破

少年軟式野球チームの箕面ジュニアーズが5月14日、吹田市の高野台スポーツグラウンドで行われた第44回朝日旗千里ニュータウン大会の1回戦で、摂津コンドルズに勝利して初戦を突破しました。(キャプテンインタビューの音声データは記事の一番下にあります)

朝日旗優勝を力強く誓った箕面ジュニアーズの選手たち。前列右から3人目がキャプテンの下野くん
しなやかかつ、力強い投球フォームの箕面ジュニアーズ・佐々木(翔)くん

将来のスター性を感じさせる、長身で手足が長い超小学生級投手の摂津コンドルズ・久保くん

記念の集合写真を撮影した後、キャプテン下野(しもの)くんに勝利者インタビュー。「みんなの集中力」が勝利のカギだったと教えてくれました。また「チーム作りのテーマ」や「好きな食べ物」なども聞いています。ぜひ、お聞きください。