全面芝生だった??? 夏の高校野球発祥の地「豊中グラウンド」 モノクロ写真のAIカラー化から

夏の高校野球と言えばもちろん甲子園球場。でもその産声は1915(大正4)年、旧豊中村の豊中グラウンド(豊中球場とも言われた)で上がりました。会場が兵庫県の鳴尾球場に移されるまで、大会は2回開催されました。[Googleマップを見る

第1回全国中等学校優勝野球大会(現・全国高等学校野球選手権大会)の、朝日新聞社社長・村山龍平氏による始球式(朝日新聞デジタルより転載)

こちらは、高校野球のオールドファンにとって余りにも有名な、第1回大会の大阪朝日新聞社社長(当時)村山龍平(むらやま りょうへい)氏による始球式。(以下のサイトより転載)

(白球の世紀:3)秋田の快進撃、予想覆す 高校野球(朝日新聞デジタル 2018年1月11日 16時30分)

今回、こちらのモノクロ写真を、AIを使ってカラー化してみました。

AIが分析してカラー化した写真

ご覧ください! AIが正しく分析していれば、ですが、マウンドを含め全面が芝生に覆われているように見えます。私はこれまで、何の疑いもなく土のグラウンドだと思っていたので、大変驚かされました。

そこで、Wikipediaで「豊中グラウンド」を調べると、こんな記述がありました。

1913年(大正2年)に現在の阪急電鉄の前身である箕面有馬電気軌道が建設・設置。当時の広さは2万m2 (=2ヘクタール (ha))で陸上競技場としても使われ、日本フットボール優勝大会(現・全国高等学校サッカー選手権大会及び全国高等学校ラグビーフットボール大会)の会場にもなった。

グラウンドは、フットボール(サッカー・ラグビー)にも使われていたのです。そのことから、AIの分析の信頼性は決して低くない、と言えるのではないでしょうか。

AI技術は日進月歩です。これまで、当たり前と思っていたことが、そうでなかった、という発見に、今後も出会えることを楽しみにしています。豊中グラウンドが芝生だったかどうかは、継続取材します。

当時のお金、桐一銭青銅貨(大正12年発行、直径約23ミリ)。朝日新聞千里販売スタッフの所有

新聞紙の食品保温効果を冷凍たこ焼きで実験! 『月刊千里あさひくらぶ』2022年2月号 ウェブ公開

地元情報紙『月刊千里あさひくらぶ』2022年2月号をウェブ公開しました。当紙は朝日新聞千里販売が、1月30日(日)の朝刊に折り込んで発行しました。(3月号は2022年2月27日(日)発行予定)

2月号のトップ記事は、「新聞紙で冬を乗り切る。新聞紙が温かい理由、レンチンした冷凍たこ焼きを使った、包み方別保温効果の実験、被災時などに役立つ、体を保温するための新聞紙の使い方などを掲載しました。

ほかには、高度成長期から、豊中市旭丘地域の子どもたちを守り続けた「八坂横断歩道橋」の物語、千里キャンドルロードの話題、お得な特典が受けられる提携店『日本のいいもの食堂 ハレとケ』さん、『日本料理レストラン RAKU』さんをのご紹介もあります。ぜひご覧ください。

『月刊千里あさひくらぶ』2022年2月号
『月刊千里あさひくらぶ』2022年2月号

⇒印刷用PDFデータ

取材ご依頼受付中
スポーツ大会・イベント・クラブ活動・地域活動などをおかちんが無料で取材します。ご希望の方は電子メールなどでお知らせください ●催しや団体、学校、人、店などが対象 ●掲載媒体はブログまたは紙面、または両方 ●先着順ではありません ●内容等によってお断りする場合があります。

ジャンボ絵馬 さて、どこ神社?

1月15日までの松の内(関東では7日だそう)が終わりに近づき、お正月気分ともそろそろお別れです。昨年12月26日発行の『月刊千里あさひくらぶ』1月号では、服部天神宮(服部元町1)、上新田天神社(上新田1)、豊中不動尊(緑丘2)のジャンボ絵馬を掲載しました。今回は、締切日の関係で泣く泣く取材できなかった絵馬の内から、3つをピックアップしました。それぞれがどの神社か、わかりますか?(いずれも豊中市)

(1問)コロコロとかわいい、張り子の虎?

(2問)勇ましい! 目と鼻が黄金色に輝いてます。

(3問)なんとも味わいのある水彩画。

広告 AOKI

(1の答)若宮住吉神社(若竹町1)

(2の答服部住吉神社(服部南町1)

(3の答え)庄内神社(庄内幸町5)

今回撮影した3社の絵馬は手描きです。印刷ものにはない温かさや力強さを感じられました。絵馬は1年じゅう飾られることもありますが、しまわれる前にごらんください。

広告 広告手包み餃子と中華キッチン ひげ

 

若宮 住吉神社の「うさぎおみくじ」。うさぎは、住吉大神の使いだそう。
若宮住吉神社の「なでうさぎ」。
若宮住吉神社は、なんだか狛犬もかわいらしい。
広告 アトリエ千秋
上新田天神社の絵馬。
豊中不動尊の絵馬。
手描きの、服部天神宮ジャンボ絵馬。毎年修復されるそうです。楠の大木を背負って、すごい迫力。