ジャンボ絵馬 さて、どこ神社?

1月15日までの松の内(関東では7日だそう)が終わりに近づき、お正月気分ともそろそろお別れです。昨年12月26日発行の『月刊千里あさひくらぶ』1月号では、服部天神宮(服部元町1)、上新田天神社(上新田1)、豊中不動尊(緑丘2)のジャンボ絵馬を掲載しました。今回は、締切日の関係で泣く泣く取材できなかった絵馬の内から、3つをピックアップしました。それぞれがどの神社か、わかりますか?(いずれも豊中市)

(1問)コロコロとかわいい、張り子の虎?

(2問)勇ましい! 目と鼻が黄金色に輝いてます。

(3問)なんとも味わいのある水彩画。

広告 AOKI

(1の答)若宮住吉神社(若竹町1)

(2の答服部住吉神社(服部南町1)

(3の答え)庄内神社(庄内幸町5)

今回撮影した3社の絵馬は手描きです。印刷ものにはない温かさや力強さを感じられました。絵馬は1年じゅう飾られることもありますが、しまわれる前にごらんください。

広告 広告手包み餃子と中華キッチン ひげ

 

若宮 住吉神社の「うさぎおみくじ」。うさぎは、住吉大神の使いだそう。
若宮住吉神社の「なでうさぎ」。
若宮住吉神社は、なんだか狛犬もかわいらしい。
広告 アトリエ千秋
上新田天神社の絵馬。
豊中不動尊の絵馬。
手描きの、服部天神宮ジャンボ絵馬。毎年修復されるそうです。楠の大木を背負って、すごい迫力。

地元の ‘とら’ を探した 『月刊千里あさひくらぶ』2022年1月号 ウェブ公開

地元情報紙『月刊千里あさひくらぶ』2022年1月号をウェブ公開しました。当紙は朝日新聞千里販売が、12月26日(日)の朝刊に折り込んで発行しました。(2月号は2022年1月30日(日)発行予定)

1月号のトップ記事は、「地元の ‘とら’ を探した。干支にちなんだモノを探す、新年号の恒例ネタです。神社の絵馬や、園芸店で見つけたトラっぽいお花などを掲載しています。また、吹田市藤白台の金蘭千里中学校・高校の生徒たちが地元を清掃した「クリーンDAY」も。実はこちら、偶然まちで見かけて取材しました。突然の取材依頼を快諾いただいた校長の大中 章先生、ありがとうございました。

『月刊千里あさひくらぶ』2022年1月号
『月刊千里あさひくらぶ』2022年1月号
広告 アトリエ千秋

⇒印刷用PDFデータ

取材ご依頼受付中
スポーツ大会・イベント・クラブ活動・地域活動などをおかちんが無料で取材します。ご希望の方は電子メールなどでお知らせください ●催しや団体、学校、人、店などが対象 ●掲載媒体はブログまたは紙面、または両方 ●先着順ではありません ●内容等によってお断りする場合があります。

心温まる「まちのあかり」 『月刊千里あさひくらぶ』2021年12月号 ウェブ公開

地元情報紙『月刊千里あさひくらぶ』2021年12月号をウェブ公開しました。当紙は朝日新聞千里販売が、11月28日(日)の朝刊に折り込んで発行しました。(1月号は2021年12月26日(日)発行予定)

12月号のトップ記事は、「まちのあかりです。ASA(朝日新聞販売所)スタッフが、心の温まるようなあかりスポットを訪ねました。箕面市の総合運動場「スカイアリーナ」から眺めた千里丘陵の夜景や、千里キャンドルロードなどを掲載しました。また、服部緑地の「双子信号」のような、ユニークなスポットもご紹介しています。

『月刊千里あさひくらぶ』2021年12月号
広告 千里庵

また、豊中市の千里中央公園で行われた「青空ベビマ」(SENRI PARK LINE DESIGN主催)や、吹田市の千里北公園で行われた健康づくりイベント(吹田市健康づくり推進事業団主催)のイベントレポートもあります。

『月刊千里あさひくらぶ』2021年12月号

⇒印刷用PDFデータ

広告 はじめて補聴器
取材ご依頼受付中
スポーツ大会・イベント・クラブ活動・地域活動などをおかちんが無料で取材します。ご希望の方は電子メールなどでお知らせください ●催しや団体、学校、人、店などが対象 ●掲載媒体はブログまたは紙面、または両方 ●先着順ではありません ●内容等によってお断りする場合があります。