【追加情報あり】吹田育ち、片山南OBの宮城伊吹君 長崎から甲子園へ!

7月27日、第103回全国高校野球選手権長崎大会の決勝戦を制したのは、長崎市立長崎商業高等学校。5年ぶり8度目の、夏の甲子園出場決定です。その長崎商の正左翼手は、吹田市育ちで片山南少年野球部OBの宮城伊吹君(みやぎ・いぶき、3年)です。少年野球時代からの夢の実現に、吹田の地から「おめでとう!」

今回は、宮城君の少年野球時代の写真を中心にお届けします。当時は、白くてほんわりとした可愛らしい雰囲気でした。今は、大変立派な戦う男に成長しています。

小学6年生当時。紅白戦の試合前(2015年4月、吹田市・万博少年野球場)

【俺を忘れるな! 追加情報】
2016年1月、万博少年野球場で朝日旗北大阪大会の決勝を戦った片山南少年野球部とキングジュニアーズ両チームの中に、7月28日現在、甲子園を目指して戦っている選手たちがいます。

小野田 樹(おのだ・いつき、関大北陽3年、キングジュニアーズ)、辻 鈴太(つじ・すずた、関大北陽3年、片山南)、日高克(ひたか・まさる、金光大阪3年、片山南)

2016年1月、朝日旗北大阪大会決勝を戦った、片山南(優勝)とキングジュニアーズの選手たち。 宮城君…最前列右端、小野田君…3列目一番右(準優勝旗)、辻君…3列目左端(優勝旗)、日高君…2列目左から4番目(あくびしてる選手(原田君)の右後ろ)
決勝前、小野田君(左)と辻君によるキャプテンジャンケン。まさかこの時、2人が同じ高校(関大北陽)で、甲子園を目指すことになるとは想像もできなかった

2015年12月6日(島本町・水無瀬川グラウンド)
朝日旗北大阪大会決勝(キングジュニアーズ戦・高槻市)で、7回裏に同点打を放つ宮城君(2016年1月10日、吹田市・万博少年野球場)


▲朝日旗北大阪大会決勝スライドショー(片山南―キングジュニアーズ) ☆おかちんの、少年野球ベストゲームの1つ。

<本大会の長崎商に関するウェブ記事>
長崎商 6回に勝ち越し 厳しい展開 しのぎ切る | 長崎新聞 2021/7/26 11:00 (JST)7/26 12:10 (JST)updated
▲今の宮城君の勇姿が見られます。

第103回全国高校野球長崎大会 第8日 長崎商、逆転サヨナラ | 長崎新聞 2021/7/18 10:30 (JST)

長崎商、5年ぶりの甲子園へ 大接戦で何度も粘り勝ち – 高校野球:朝日新聞デジタル (asahi.com) 内田快2021年7月27日 16時02分

高槻クラウン 5連覇逃すも大善戦の準V 朝日旗北大阪大会・中学生の部

第44回朝日新聞社優勝旗争奪北大阪少年軟式野球大会・中学生の部を準優勝で終えた高槻クラウンBチーム(2年生)。関係者から、熱戦の様子などが写真付きで送られてきましたのでご紹介します。

朝日旗北大阪大会を準優勝した高槻クラウンBチーム(2年生)

高槻クラウンと言えば北大阪地域において、中学軟式野球チームの強豪中の強豪です。朝日旗北大阪大会では、昨年度まで4連覇を果たしています。

今大会では、2年生の高槻クラウンBチームが快進撃を見せました。6日に水無瀬川緑地公園(島本町)で行われた準決勝では、クラウンAチームが初戦で敗れたレッドバッファローズAと対戦。粘るレッドを最終回で振り切って3―2で勝利しました。

《準決勝》
クラウンB 0010101  3
レッドA  0000020  2
(投):赤穴―(捕)巽

準決勝を完投した赤穴蒼乃助
準決勝5回表、追加点を奪うべく果敢にバントを試みる黒田泰生(この後、2死三塁として、2番打者の宗廣が中前適時打)
広告 はじめて補聴器

同日行われた決勝の相手は、宿敵竹の内ファイターズ。小技のスクイズから大技の柵越えまで、持てる機動力・攻撃力を遺憾なく発揮し、さらには投手陣の辛抱のピッチングも光りました。結果は5―6で敗退も、強敵相手にあともう一歩の準優勝でした。

《決勝》
竹の内   0014010  6
クラウンB 0020120  5
(投)黒田暖人3 1/3、宗廣1 1/3、吉岡2 1/3 ―(捕)巽

決勝戦3回裏、吉岡悠真が逆転のスクイズ
決勝戦6回裏、追い上げの柵越えホームランを放った赤穴蒼乃助
決勝戦、3点ビハインドの6回表2死・満塁。吉岡悠真が1点も与えられない場面で登板

塩田総監督は大会後「結果は善戦しましたが、惜しくも5連覇逃してしまいました。また、1から積み重ねていきたいと思います!」と話しました。

ブログバナー広告募集
千里地域をがターゲットの千里あさひくらぶブログに、無料でバナー広告を掲載できます。おかちんを通じて朝日新聞を新規ご購読いただけると、購読期間中に適宜広告を表示します。広告画像制作費等も一切不要。おかちんまでお気軽にお問い合わせください

この日、Aチームは試合がありませんでしたが、Bチームを応援に来てくれました。準決勝の勝利、決勝の大善戦につながる、心強い声援をおくってくれました。

《1回戦》Aチームの試合結果
クラウンA0000001  1
レッドA 0100001X 2X
※レッドAの決勝点はサヨナラホームラン

この日は試合がなかったが、応援に来てくれたAチーム(3年生)
広告 おゆば
昨年末に行われたOB戦の集合写真。塩田総監督は最前列左から7人目

⇒高槻クラウンの過去記事(4連覇達成の記事も)

取材ご依頼受付中
スポーツ大会・イベント・クラブ活動・地域活動などをおかちんが無料で取材します。ご希望の方は電子メールなどでお知らせください ●催しや団体、学校、人、店などが対象 ●掲載媒体はブログまたは紙面、または両方 ●先着順ではありません ●内容等によってお断りする場合があります。

期間限定? 坊主頭のヒーローたち 初の近畿決めた山田高校野球部

秋の大会で「奇跡」の第3位。近畿大会に臨もうとする府立山田高校部員たちを追いかけました。最後に「奇跡」を達成した瞬間の大変貴重な写真も掲載しますので、どうぞお楽しみに!(主に野球部関係者さんからいただいた情報をもとに記事にしました)

広告 おゆば

10月4日(日)、秋季大阪府大会の第3位決定戦で、全国レベルの強豪・履正社高校に逆転勝ちし、1984年の創立以来初の近畿大会出場を決めた府立山田高校。その瞬間からネットでは「山田高校」の検索ワードがトレンドとなり、翌日の新聞では朝日が地方面とスポーツ面で取り上げ、日刊スポーツでは何と、トップ1面をデカデカと飾りました(これには本当にビックリ!)。

月曜日、登校してきた部員たちは学校中から大賛辞を浴びて「ヒーロー」に。特に吹奏楽部員からは「私たちをゼッタイ甲子園に連れてって!」と、近畿大会を飛び越えて少々気の早いリクエストが聞かれたそうです。

でも、部員たちはそんな状況に浮かれることなく、火曜日から再開した練習にこれまで以上の活気で取り組んでいます。もちろん、中間テストの勉強と平行して。

ブログバナー広告募集
千里地域をがターゲットの千里あさひくらぶブログに、無料でバナー広告を掲載できます。おかちんを通じて朝日新聞を新規ご購読いただけると、購読期間中に適宜広告を表示します。広告画像制作費等も一切不要。おかちんまでお気軽にお問い合わせください
広告 Softbank
3回戦の浪速高校戦。北古賀君の一打に得意の機動力も絡めて2点を返し、同点に追い付いた場面。このプレーが部員たちに「強豪相手でもやれるぞ!」と確信させた(ガッツポーズの選手は1得点目の坂田君)

ここで、地域ブログならではのネタを1つ。今夏の新チーム発足後から同校野球部は、新聞記事などでも報道されているように、金子監督の方針でこれまで以上に「自主性を重んじるチーム」に変化しました。

声の出し方、練習メニュー、マネジャーの働きなど、指示を受けるだけでなく、多くのことを自分たちで考えて実行するようになったそうです。監督はできる限り部員たちの意見を尊重しています。

バナー広告 月く最新号とバックナンバー

そんな部員たちが考えたことの1つが「秋の大会が終わったら坊主頭を止めよう!」 先輩たちの夏が終わった後にみんなで話し合った結果、「高校で野球を続けない子が多いのは、坊主頭が嫌だからでは?」という発想から生まれた自主性だそうです。

試合後、球場外で帽子を取って監督の話を聞く山田部員。だいたいが坊主頭
広告 はじめて補聴器

そして秋大へ―。 強豪私学との連戦が予想される山組に、恐らく大多数の部員が「やっと坊主頭から卒業して髪型でオシャレができる!」と、ほくそ笑んだことでしょう。ところが何とどっこい、この奇跡。部員たちの複雑な表情が目に浮かんできます。

いよいよ17日(土)から、西京極球場(わかさスタジアム京都)で近畿大会が開幕します。備えて、来週にはあのニャンコの額みたいな(ほんまごめんな)山田高校のグラウンドから飛び出し、本格的な環境での調整を予定してるそうです。(幸せやな~)

果たして「人生最後の坊主頭」を見られるのはいつの日までか。近畿大会まで? いや…やっぱり、あの場所でも!! そんなでっかい夢を抱かせてくれる彼らには、しばらくバリカン生活を送ってもらおうではありませんか!

履正社に逆転で勝利した山田の選手たちが、マウンド付近で大喜び(撮影/辻健治さん)※転載禁止
取材ご依頼受付中
スポーツ大会・イベント・クラブ活動・地域活動などをおかちんが無料で取材します。ご希望の方は電子メールなどでお知らせください ●催しや団体、学校、人、店などが対象 ●掲載媒体はブログまたは紙面、または両方 ●先着順ではありません ●内容等によってお断りする場合があります。