大会史上初「ウルフ顔」対「ウルフ顔」の決勝戦 第44回朝日旗千里NT少年野球大会

6月26日、吹田市の高野台スポーツグラウンドで、第44回朝日旗千里ニュータウン少年野球大会の決勝戦が行われました。対戦カードは、吹田市の山田西リトルウルフAチームとBチーム。大会史上初めて同一チーム内同士で優勝が争われました。

試合はウルフA(一塁側)が、粘るウルフB(二塁側)を終盤に突き放して8-1で勝利しました。その結果ウルフAは、吹田・豊中・箕面・摂津・茨木・高槻・島本、6市1町47チームの頂点に立ちました。

今回も、両チームの「ウルフ顔」を中心に、順不同で少しずつお届けします。なお、ウルフの同一チーム内同士の決勝戦は、過去に千里ニュータウン大会で2回。地域外のチームが参加する大会では、今回が初めてとなりました。なお、本大会第3位は、熊野田少年野球部(豊中市)と、葦原南(茨木市)です。

優勝した山田西リトルウルフA
準優勝した山田西リトルウルフB
ウルフ 対 ウルフ。紅白戦ではなく、これは決勝戦

🥇優勝キャプテン・廣田頼人くん(写真左)「仲間と決勝で戦えてうれしかった。打席に立った時、いつも仲の良いピッチャーの顔を見て、思わず笑ってしまいました」

🥈準優勝キャプテン・井手謙二郎くん「BがAと、ここまで戦えることがわかった。最後まで集中力を切らさないことが、僕たちの課題です」

ウルフBは午前中、西部新人戦の準々決勝を、有力チーム津雲台少年野球クラブと戦いました。この日は30度を優に超え、今年一番の暑さ。しかも、風がほとんど吹かない高野台グラウンドでのダブルヘッダー2試合目。ウルフBは決して、集中力を切らしたわけではありません。限界まで必死に戦い抜いたのです。

「オレがウルフの顔です! でも、今日は鼻の下にできものがあるので、そこは修正してください」とのことです

ウルフA 2-1 ウルフBで迎えた5回裏開始前、かなり強い語気で部員たちに気合を入れる棚原監督。Bチームは棚原監督を本気にさせた

5回裏、1点差で粘るBチームに大打撃! Aチーム5番打者・西村くんが1死満塁で、レフトの頭をライナーで越す、走者一掃の3点適時二塁打! グングン伸びるスゴイ打球だった

西村くん「ベンチもより気合が入ってきたし、ゼッタイに打ちたいと思って打席に入った。一塁を回った時、レフトオーバーしているのを見て、とても気持ちが良かった。家でお父さんに見てもらって、バットを振っている成果が出ました」(西村くんは、1日300~500回スイングしているそう)

ウルフB、代走の切り札・戸田くん

「大会史上初「ウルフ顔」対「ウルフ顔」の決勝戦 第44回朝日旗千里NT少年野球大会」への2件のフィードバック

  1. 決勝戦の取材、本当にありがとうございました😊
    こうして素晴らしい写真と共にブログに残してもらえることもまた子供達やそのご家族さん達にも最高の記念となります。
    いつも本当に感謝しています🙇‍♂️

    1. 棚原監督、優勝おめでとうございます。
      今回の撮影では、子どもたちの顔を間近で撮りたかったので、望遠レンズでは使いませんでした。
      とても良い表情が撮れました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください