半世紀以上の歴史に「ありがとう&さようなら」 大阪学院大学・千里山グラウンド お別れ写真集

今年5月いっぱいで、周辺の土地区画整理事業などの影響により閉鎖される「大阪学院大学 千里山グラウンド(吹田市佐井寺4)」。閉鎖間近の様子を写真に残そうと、同大学硬式野球部のみなさんご協力のもと5月22日に撮影取材しました。この日は総部員数約130人の内、主に1、2年生約70人が練習に参加していました。

★昔の写真をお持ちの方は、ぜひデータでご提供ください。

【期間限定ダウンロード】集合写真「超デカ」写真(ポスターサイズでも印刷OK)

千里山グラウンドは、野球場、サッカー場、テニスコートの総称で、2階建てクラブハウスもある、市街地としては広大な施設です。国土地理院の空中写真によると、千里ニュータウンの各地でまちびらきが行われた1960年代前半に開発中の様子が伺えることから、優に半世紀以上の歴史があります。

もともとは、大阪証券業協会研修所が運営する福利厚生施設で、地域住民からは「証券グラウンド」の名で親しまれてきました。また25年ほど前までは、阪急千里線のそばに竹林に囲まれたプールもありました。そんな車窓の風景を覚えている方もいるでしょう。

大学は「証券グラウンド」時代も平日のみ使用していましたが、約20年前の不況の折、協会が手放した際に買い取って今に至ります。

今回お話をうかがったのは、硬式野球部の米澤秀典監督(60)。兵庫県・村野工業高校が1978年に初めて甲子園(春)に出場した時のメンバーで、大阪学院大学時代はエースピッチャーとして、同大初の明治神宮大会出場、ベスト4進出の立役者となりました。その後は、社会人野球・パナソニックでプレー。同大監督には2019年の就任です。

米澤監督は最後列右端
部員たちのネームプレートを愛おしそうに指さす米澤監督

クラブハウスの2階、監督室の定位置からは、野球場の様子が一望できます。窓外の練習風景にかつての自分の姿を重ねるように、懐かしい話をたくさん聞かせてくれました。

「(選手時代の)40年前は、周りに住宅もほとんどなく、今よりもっと田んぼや池があって。高いネットも必要なかったんです」

現在も千里山グラウンド周辺には、千里地域では貴重な公園以外の自然が残る。このあたりも開発用地になっていて、景色が一変することが予想される

「当時、今では考えられないような野球優先の毎日でした。授業よりも野球、というね(笑)」

「今の部員は大学(岸部南2)とグラウンドを自転車か電車で往復してるけど、僕たちはみんなランニング。それが4年間ほぼ毎日です。誰かが集合時刻に少しでも遅れると全体で責任を取らされたり…。水も飲むな、の時代で…。とにかく先輩が怖かった!」

かつて、水を飲むのも一苦労だったという
これは貴重! 約40年前の千里山グラウンド(野球場)。写真奥に、観戦用スタンドが見える。当時、一・三塁側両方にスタンドがあった(写真提供:米澤監督)
さて、米澤さんはどこでしょう? ヨッ!男前!(写真提供:米澤監督)
当時ブルペンがあった、一塁側スタンドの後ろでピラミッド! 撮影日は「83.8.30」と見える(写真提供:米澤監督)

「今でもそうですが、球場の周りの桜が本当にきれいで、花見の季節になるとお弁当を広げたり。グラウンドが無くなったら、この桜はどうなるんだろう、とか」

球場周囲の桜と監督夫人(米澤監督提供)
監督の奥様愛が伝わってくる(米澤監督提供)

「コロナ禍で活動できないときは、グラウンドへの感謝の思いで、土を均したり、雑草を引いたり。放っておくとグラウンドはダメになるので」

「優勝、優勝、優勝」と念を入れながらグラウンドを整備する監督夫人。コロナ禍初年、部の活動自粛中も、監督と夫人は定期的にグラウンドの整備を続けた(米澤監督提供)
部員たちのヘルメットを磨く監督夫人。学院大野球部愛は監督と同等、いやそれ以上か(米澤監督提供)

来月からは、大学の近隣にできた、大阪学院大高校と共同の野球場を使用します。設備の整った雨天練習場も新設されました。

「部員たちは便利になるだろうけど、個人的にはやっぱり、あの頃の思い出がしみ込んだここを離れるのはさみしいですね」

クラブハウス2階の監督室で、大会プログラムに目を通す米澤監督。ここから、野球場が一望できる

土地区画整理事業の計画によると、新御堂と岸部方面を結ぶ道路がちょうどピッチャーマウンドとホームベースの間あたりを通り、グラウンド西側を南北に通る佐井寺と片山を結ぶ道路と、グラウンド北西にある林内で交差します。また、野球場やサッカー場の跡地には、一軒家や集合住宅が建てられる予定です。明日(23日)からネットの撤去が始まります。

黄色と紫色の線が、道路延伸部分。主に、千里山地域の林を貫く。また、その周囲は住宅などとして開発される計画だ

監督の許可を得て、この日はグラウンドのあちこちを自由に撮影させてもらいました。「千里山グラウンド写真集」お届けします。

 

豊島高校(大阪府)出身、学院大期待の捕手・坪井さん(2年生)
あの日、豊島のブルペンで見たキミの存在感は忘れない。期待の声だけかけて、放っておいて、実はおかちんもずっと気になってた(2018年6月18日)
まさか、この顔に再び、しかも、球場が無くなる寸前というタイミングで出会えるとは…。坪井さん、キミはモッテる人間や。努力して、全力でチームに貢献してや! 次こそ、試合会場で会おう!


2022年5月29日、いよいよ「グラウンドじまい」の日がやってきた(写真提供:米澤監督)
感謝の思いを整備に代えて、グラウンドに別れを告げる部員のみなさん(写真提供:米澤監督)
倉庫から道具を出すようす。「お宝」が見つかったりして(写真提供:米澤監督)

「半世紀以上の歴史に「ありがとう&さようなら」 大阪学院大学・千里山グラウンド お別れ写真集」への2件のフィードバック

  1. 白黒写真も男前達もピラミッドも私、写ってますね❗
    よく入手できましたね👍
    さすが、おかちんの取材力😀‼️

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください