ジャンボ絵馬 さて、どこ神社?

1月15日までの松の内(関東では7日だそう)が終わりに近づき、お正月気分ともそろそろお別れです。昨年12月26日発行の『月刊千里あさひくらぶ』1月号では、服部天神宮(服部元町1)、上新田天神社(上新田1)、豊中不動尊(緑丘2)のジャンボ絵馬を掲載しました。今回は、締切日の関係で泣く泣く取材できなかった絵馬の内から、3つをピックアップしました。それぞれがどの神社か、わかりますか?(いずれも豊中市)

(1問)コロコロとかわいい、張り子の虎?

(2問)勇ましい! 目と鼻が黄金色に輝いてます。

(3問)なんとも味わいのある水彩画。

広告 AOKI

(1の答)若宮住吉神社(若竹町1)

(2の答服部住吉神社(服部南町1)

(3の答え)庄内神社(庄内幸町5)

今回撮影した3社の絵馬は手描きです。印刷ものにはない温かさや力強さを感じられました。絵馬は1年じゅう飾られることもありますが、しまわれる前にごらんください。

広告 広告手包み餃子と中華キッチン ひげ

 

若宮 住吉神社の「うさぎおみくじ」。うさぎは、住吉大神の使いだそう。
若宮住吉神社の「なでうさぎ」。
若宮住吉神社は、なんだか狛犬もかわいらしい。
広告 アトリエ千秋
上新田天神社の絵馬。
豊中不動尊の絵馬。
手描きの、服部天神宮ジャンボ絵馬。毎年修復されるそうです。楠の大木を背負って、すごい迫力。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください