「僕たちは2人で1人」 登町イーグルスが佐竹台ストロングアローを完封リレー 第45回朝日旗北大阪大会

朝日新聞千里販売のおかちんが、久しぶりに少年野球を取材しました! 11月28日、島本町の水無瀬川緑地グラウンドで、第45回朝日旗北大阪大会の2回戦、登町イーグルス(高槻市) 対 佐竹台ストロングアロー(吹田市)が行われました。イーグルスは2人の投手リレーで、8-0の完封勝ちを収めました。

佐竹台ストロングアローに8-0で勝利した登町イーグルス(手前は松山監督)
登町イーグルス先発の中井くん。ベロ出し投法だ。

先攻のイーグルスは1回裏、先発投手の中井くんが、投球中(?)に利き手中指先の豆をつぶして出血。投球時は指のテーピング等が禁止されているため、続投が危ぶまれましたが、勝利への気迫でマウンドに立ち続けました。松山監督は祈るような表情で「後、2回はもってくれ…」と思わずつぶやきました。

利き手中指先の豆がつぶれ、お母さん方から手当を受ける中井くん。大会規則で、投球時はテーピングや絆創膏が付けられない。

指先から出血しながらも、渾身の投球を続ける中井くん。
血の付いたボールを審判が洗い流していた。
広告 はじめて補聴器
佐竹台ストロングアロー先発の田尻くんも、負けじと好投を 見せる。
田尻くんの後を継いだ、本格派大型投手の木戸くん。

中井くんは3回まで、ヒットを僅か1本に抑えて完投ペース。しかし出血が収まらないため、4回からショートの萩原くんが継投しました。その萩原くんも、後の3回を被安打1の好投で、見事完封リレーを決めました。

中井くんからマウンドを引き継いだ萩原くんの、ダイナミックな投球フォーム。
広告 AOKI

試合後のクールダウンを終えた2人。萩原くんは「(あの試合展開で)僕が投げるとは思わず、正直緊張してしまったけど、代わった回を無失点で切り抜けられてリズムに乗れました」。中井くんは「指は全然痛くなかったです。完投を狙っていたけど、萩原くんを信頼していたので大丈夫だと思いました。僕たちは2人で1人です」と話しました。

試合後、かつて羽柴秀吉と明智光秀が戦った天王山を背景に、中井くん(右)と萩原くんが勝利の笑顔。

登町イーグルスは次戦で、岸部つくしクラブ(吹田市)とローレルス(茨木市)の勝者と、ベスト8の座をかけて対戦します。

吹田東部少年野球連盟サイトより転載
広告 広告手包み餃子と中華キッチン ひげ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください