履正社高校 わが町、豊中に凱旋!  甲子園・優勝記念報告会 千里阪急ホテルにて

みなさん、こちらは朝日新聞千里販売のおかちんです。

8月28日、豊中市新千里東町の千里阪急ホテル・仙寿の間で、第101回 夏の全国高校野球選手権大会を優勝した履正社高校の優勝記念報告会がありました。豊中市は、かつて玉井町にあった豊中球場で夏の第1回大会が開催された「高校野球発祥の地」。その豊中市から悲願の甲子園初優勝校が出たとあって、平日の日中ながら会場を埋め尽くした約800人の市民らから大変熱く祝福されていました。時系列に沿って、会の様子をお届けします。まずは入場から着席まで。

広告 Softbank
数多く集まった報道関係者
地域の少年野球児たちも、憧れの選手を一目見ようと駆けつけた

選手や監督たちの入場を、今か今かと待ち構える市民。嗅覚が鋭い方のおかちんはこの時点で、扉の向こうに甘酸っぱい青春の香りをキャッチした
笑顔で入場する岡田龍生監督

履正社の甲子園優勝が象徴する「監督に絶対服従」野球の終焉(DIAMOND online)

深紅の大優勝旗を野口主将が、優勝盾を井上君が手にして入場
決勝戦で星稜の奥川投手から逆転の3ランを放った井上君
甲子園の星たちが続々入場し、会場は歓喜の渦に

自信に満ち溢れたまっすぐな瞳

今回参加した部員は、甲子園ベンチ入りメンバーの18人と記録員

(つづく)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください