モテあさ!編集長の快挙! コンテスト入賞写真が大阪メトロ・東梅田駅看板に

モテあさ!編集長・おかちんがやりました!(たまには自慢させてください) ガス機器のパロマがこのほど実施した「パロマ111周年プロジェクト・第6回フォトコンテスト ~いつものくらし笑顔とともに~」に、少年野球児の笑顔写真が入選。大阪メトロ谷町線・東梅田駅構内の駅看板として飾られています。掲出期間は2022年7月から約1年間です。

大阪メトロ東梅田駅、八尾南方面行きホームに飾られた入選写真の駅看板(左手前)

吹田市の少年野球クラブチーム、佐竹台ストロングアロー5年生(当時)たちです。昨秋、大阪市此花区の常吉グラウンドで行われた試合の後、隣接する公園で撮影しました。

ご覧ください。この会心の笑顔を… 一体、誰が負け試合直後の姿だと信じられるでしょうか…。

笑顔でピースサイン! 佐竹台ストロングアローの部員たち(パロマウェブサイトより転載)

チーム関係者さんからは「始発電車に乗って孫の写真を見てきました!」「結構目立つ場所にあってビックリ!」など、お便りをいただいています。ちなみに東梅田駅は、毎日14万人以上の乗降(2021年11月調査)があるそうです。

今後もモテあさ!は、いろいろな形で地域のみなさんにスポットを当ててゆきます。どうぞよろしくお願いいたします。取材のご希望などもお気軽にお寄せください。

「エースナンバー」変わらぬ信頼 大阪桐蔭・西谷監督 2戦目直前インタビュー 第104回全国高校野球選手権大会

初戦の旭川大高校(北北海道)に勝利し、2回戦の聖望学園高校(埼玉県)戦を8月14日に控える大阪桐蔭高校。初戦前同様、西谷浩一監督に、朝日新聞記者が代表取材を行いました(コロナ禍により電話インタビュー)。初戦の振り返りや、警戒する選手などに加え、モテあさ!編集部がリクエストした「初戦を終えて、川原投手への信頼感は?」という、少しつっこんだ質問にも答えてもらいました。さて、西谷監督の回答は?(写真はすべて代表撮影。大会終了後に削除いたします。ご了承ください)

(代表撮影)大阪桐蔭・西谷浩一監督

―初戦を振り返って
3点ビハインドで苦しい入りになった。守りのミスもあり、前半思うように攻撃できなかった。1回戦を受けて練習の精度を上げ、もう一度鍛え直している。

―相手校の印象は
バントやエンドランを形が崩れても決めてくる「しぶとさ」や「粘り強さ」を感じる。バッテリー中心のチームだと思う。

(代表撮影)聖望学園・岡本幹成監督

―警戒する選手は
つながりのある攻撃のなかで、捕手で主将の江口君は勢いのある選手に感じる。

―自チームでかぎとなる選手は
うちもみんなのつながりを大切にしている。初戦、星子は結果に関係なくチームを鼓舞していた。チームをうまく導いて欲しい。

―意気込みは
当たり前ですが甲子園に出てくるチームはみんないいチーム。なかでも激戦区埼玉を勝ち抜いてきた力がある。しっかり組んで、相手以上にしぶとい野球をこちらもしていかないといけない。

―「初戦、川原嗣貴投手は万全の出来ではなかったように見えましたが、『背番号1』への信頼感は、これからも変わりませんか?」
変わりないです。

(以上)

川原君、ごめんな。愛あるゆえの厳しい質問です。でもこれで改めて、西谷監督の、ゆるぎない信頼感を確認することができました。

【3コ以上購入でお好きな1コ進呈中!※22年8月末まで】豊中市曽根の手作りマフィンテイクアウト店・たんぽぽ

今回は、今年7月に豊中市曽根にできたばかりの、手作りマフィンのお持ち帰り専門店を紹介させてください。

モテあさ!編集部超オススメの、手のひらにちょこんと乗る、とってもかわいい手作りマフィンです。スイーツ系から、お酒にも合うオトナなものまで。季節に合わせた商品も開発中。オープンは今年7月7日、七夕の日。地元の方に愛されながら、ジワジワと評判が広がっています。

ただ今、2022年8月末まで限定で、マフィンを3コ以上購入すると、お好きな1コをプレゼントするキャンペーンを実施中! ※特典をゲットするには、お買い上げ時に「モテあさ!見た」と必ずお伝えください。

◆手作りマフィンテイクアウト店・たんぽぽ
[販売]10:00~18:00(売り切れ次第終了)[休]土・日曜
[地図]豊中市曽根東町2-12-11(国道176号北行き道路沿い)