半世紀以上の歴史に「ありがとう&さようなら」 大阪学院大学・千里山グラウンド お別れ写真集

今年5月いっぱいで、周辺の土地区画整理事業などの影響により閉鎖される「大阪学院大学 千里山グラウンド(吹田市佐井寺4)」。閉鎖間近の様子を写真に残そうと、同大学硬式野球部のみなさんご協力のもと5月22日に撮影取材しました。この日は総部員数約130人の内、主に1、2年生約70人が練習に参加していました。

★写真は少しずつ追加する予定です。

千里山グラウンドは、野球場、サッカー場、テニスコートの総称で、2階建てクラブハウスもある、市街地としては広大な施設です。国土地理院の空中写真によると、千里ニュータウンの各地でまちびらきが行われた1960年代前半に開発中の様子が伺えることから、優に半世紀以上の歴史があります。

もともとは、大阪証券業協会研修所が運営する福利厚生施設で、地域住民からは「証券グラウンド」の名で親しまれてきました。また25年ほど前までは、阪急千里線のそばに竹林に囲まれたプールもありました。そんな車窓の風景を覚えている方もいるでしょう。

大学は「証券グラウンド」時代も平日のみ使用していましたが、約20年前の不況の折、協会が手放した際に買い取って今に至ります。

今回お話をうかがったのは、硬式野球部の米澤秀典監督(60)。兵庫県・村野工業高校が1978年に初めて甲子園(春)に出場した時のメンバーで、大阪学院大学時代はエースピッチャーとして、同大初の明治神宮大会出場、ベスト4進出の立役者となりました。その後は、社会人野球・パナソニックでプレー。同大監督には2019年の就任です。

部員たちのネームプレートを愛おしそうに指さす米澤監督

クラブハウスの2階、監督室の定位置からは、グラウンドの様子が一望できます。窓外の練習風景にかつての自分の姿を重ねるように、懐かしい話をたくさん聞かせてくれました。

「(選手時代の)40年前は、周りに住宅もほとんどなく、今よりもっと田んぼや池があって。高いネットも必要なかったんです」

「当時、今では考えられないような野球優先の毎日でした。授業よりも野球、というね(笑)」

「今の部員は大学(岸部南2)とグラウンドを自転車か電車で往復してるけど、僕たちはみんなランニング。それが4年間ほぼ毎日です。誰かが集合時刻に少しでも遅れると全体で責任を取らされたり…。水も飲むな、の時代で…。とにかく先輩が怖かった!」

「今でもそうですが、球場の周りの桜が本当にきれいで、花見の季節になるとお弁当を広げたり。グラウンドが無くなったら、この桜はどうなるんだろう、とか」

「コロナ禍で活動できないときは、グラウンドへの感謝の思いで、土を均したり、雑草を引いたり。放っておくとグラウンドはダメになるので」

来月からは、大学の近隣にできた、大阪学院大高校と共同利用の野球場を利用します。設備の整った雨天練習場も新設されました。

「部員たちは便利になるだろうけど、個人的にはやっぱり、あの頃の思い出がしみ込んだここを離れるのはさみしいですね」

土地区画整理事業の計画によると、新御堂と岸部方面を結ぶ道路がちょうどピッチャーマウンドとホームベースの間あたりを通り、グラウンド西側を南北に通る佐井寺と片山を結ぶ道路と、グラウンド北西にある林内で交差します。また、野球場やサッカー場の跡地には、一軒家や集合住宅が建てられる予定です。明日(23日)からネットの撤去が始まります。

監督の許可を得て、この日はグラウンドのあちこちを自由に撮影させてもらいました。「千里山グラウンド写真集」お届けします。

 

【期間限定ダウンロード】集合写真「超デカ」写真

【キャプテンインタビュー・音声あり】「集中力の勝利です!」箕面ジュニアーズが朝日旗初戦突破

少年軟式野球チームの箕面ジュニアーズが5月14日、吹田市の高野台スポーツグラウンドで行われた第44回朝日旗千里ニュータウン大会の1回戦で、摂津コンドルズに勝利して初戦を突破しました。(キャプテンインタビューの音声データは記事の一番下にあります)

朝日旗優勝を力強く誓った箕面ジュニアーズの選手たち。前列右から3人目がキャプテンの下野くん
しなやかかつ、力強い投球フォームの箕面ジュニアーズ・佐々木(翔)くん

将来のスター性を感じさせる、長身で手足が長い超小学生級投手の摂津コンドルズ・久保くん

記念の集合写真を撮影した後、キャプテン下野(しもの)くんに勝利者インタビュー。「みんなの集中力」が勝利のカギだったと教えてくれました。また「チーム作りのテーマ」や「好きな食べ物」なども聞いています。ぜひ、お聞きください。

こいつが「ウルフ顔」だ!

山田西リトルウルフ(吹田市)が5月14日、高野台スポーツグラウンドで、第44回朝日旗千里ニュータウン大会の2回戦をレッドバッファローズ(高槻市)と戦いました。強豪同士の対戦に注目が集まりましたが、ウルフは中盤、バッファローズの小さなほころびをついて一気に加点。7―0と圧倒的勝利を収めました。

さて、ウルフの強さの秘訣は何でしょうか。練習量やベンチワーク、相手のミスを見逃さないイヤラシサもさることながら、おかちんこと私は、選手たちの表情にも注目します。ごらんください。まるで小学生とは思えない、どれだけ勝っても満腹しない、飢えた狼(オオカミ)のような「ウルフ顔」を! ※ベンチ入りメンバー全員を撮影していません。ご了承ください。

円陣で選手たちに気合を入れる棚原監督
ゼッタイ、このひとの顔がみんなにのりうつってる

ウルフは、本大会過去10年だけでも優勝6回・準優勝1回と、ほぼ独壇場。棚原監督は「地域を限らず朝日旗は大好物」と公言します。

果たして、オオカミの牙(きば)に手をかけるチームは?

吹田東部連盟サイトより転載