狙うぞV! 千里南丘が初笑い 第93回春季千里ニュータウン大会・ジュニアの部準決勝

吹田市の高野台スポーツグラウンドで本日(1月15日)、第93回春季千里ニュータウン大会・ジュニアの部(5年生以下)準決勝が行われました。「えっ?春季?」実はコロナ感染拡大により、昨春の大会が今にずれ込みました。なお、秋季大会は中止になっています。

おかちんは今回、1試合目の千里南丘少年野球部佐竹台ストロングアローを観戦しました。千里南丘は2人の投手が好投。それに乗せられるように好球必打の打線が爆発し、7―1で満面の「初笑い」です。

決勝進出を決め、「初笑い」の千里南丘少年野球部。

「チーム初のメダルを!」が合言葉のストロングアローは涙をのみました。しかし、どんな劣勢でも選手たちの声は枯れず、ネット裏本部の皆さんに「負けてるのに、すごい声やな」と感心されるほどでした。

念願のメダルは獲れずも、チームワークでつかみ取った見事な第三位。走川監督(後列左から2人め)は最後の采配となった。

千里南丘は明日、同グラウンドで、南千里ジャガーズ千里新田ファイターズの勝者と決勝戦を戦います。果たして、ピッカピカに輝く笑顔は見られるでしょうか。とにかく、優勝を狙う気迫は十分なようです!

「優勝狙うで!」気迫十分な千里南丘少年野球部。
吹田東部連盟ウェブサイトより転載
広告 千里庵

高槻野田ファイターズ 練習風景写真集 2021-11-28撮影

高槻市野田周辺の小学生が所属する、少年軟式野球チームの高槻野田ファイターズ。昨年11月末に島本町の淀川河川敷で撮影した、6年生中心チームの練習風景をお届けします。

子どもたちはこの直後、朝日旗北大阪大会の初戦を万博スポーツ広場で戦い、藤白台少年野球部に金星を与えました。しかし翌週、悔しさを胸に刻んで挑んだ最後の公式戦、高槻市長杯の決勝でレッドバッファローズに勝利。見事金メダルを手にしたのです。

コーチ、マジ走り!…

この後、島本町河川敷に、予想だにしなかったまさかの光景が!!
(ガチンコファイトクラブ風に)

「グキキッ!」

左肩からスライディングしたコーチの脇が、捕手の左足首をロック。それを、曲がってはいけない方向に曲げたまま、さらに数十センチ滑りました。プロレス風に言うと「スライディングアンクルホールド(滑り込み式足首固め)」とでも名付けられましょう。実に恐ろしい技を見せつけられました。

「大丈夫か?」気遣う声をかけるコーチの横顔には、なぜかうっすらと笑みが浮かんでいた。

(写真は、少しずつアップする予定です)

広告 はじめて補聴器

 

ジャンボ絵馬 さて、どこ神社?

1月15日までの松の内(関東では7日だそう)が終わりに近づき、お正月気分ともそろそろお別れです。昨年12月26日発行の『月刊千里あさひくらぶ』1月号では、服部天神宮(服部元町1)、上新田天神社(上新田1)、豊中不動尊(緑丘2)のジャンボ絵馬を掲載しました。今回は、締切日の関係で泣く泣く取材できなかった絵馬の内から、3つをピックアップしました。それぞれがどの神社か、わかりますか?(いずれも豊中市)

(1問)コロコロとかわいい、張り子の虎?

(2問)勇ましい! 目と鼻が黄金色に輝いてます。

(3問)なんとも味わいのある水彩画。

広告 AOKI

(1の答)若宮住吉神社(若竹町1)

(2の答服部住吉神社(服部南町1)

(3の答え)庄内神社(庄内幸町5)

今回撮影した3社の絵馬は手描きです。印刷ものにはない温かさや力強さを感じられました。絵馬は1年じゅう飾られることもありますが、しまわれる前にごらんください。

広告 広告手包み餃子と中華キッチン ひげ

 

若宮 住吉神社の「うさぎおみくじ」。うさぎは、住吉大神の使いだそう。
若宮住吉神社の「なでうさぎ」。
若宮住吉神社は、なんだか狛犬もかわいらしい。
広告 アトリエ千秋
上新田天神社の絵馬。
豊中不動尊の絵馬。
手描きの、服部天神宮ジャンボ絵馬。毎年修復されるそうです。楠の大木を背負って、すごい迫力。