撮影します 開会式 第101回全国高校野球選手権大阪大会

みなさん、こちらは朝日新聞千里販売のおかちんです。

(こちらの写真は第100回大会です)

土曜日、京セラドームで行われる第101回全国高校野球選手権大阪大会の開会式を撮影します。開会式の華と言えば入場行進ですが、撮影の難しさを毎年感じています。プラカードを持つ先導から、最後尾の選手まで全員の顔を入れるのは至難の業です。全員の顔を漏れなく写す目的なら、スタンドのある程度の高さから撮る方が良いでしょう。でも、グラウンドレベルで間近から撮る迫力はやっぱり格別です。今回は、千里地域近辺の学校を中心に、昨年度(第100回記念大会)の入場行進を振り返ります。 高校野球の話題は、Twitter(@senriaclub)でもつぶやいています。トーナメント表は大阪府高野連公式サイトに掲載されています。

広告 おゆば
履正社高校
桜塚高校
山田高校
千里青雲高校
豊島高校
関大一高
千里高校
吹田高校
取材ご依頼受付中
スポーツ大会・イベント・クラブ活動・地域活動などをおかちんが無料で取材します。ご希望の方は電子メールなどでお知らせください ●催しや団体、学校、人、店などが対象 ●掲載媒体はブログまたは紙面、または両方 ●先着順ではありません ●内容等によってお断りする場合があります。

秋初戦で散るも充実感 千里青雲バッテリー・海谷×戸咲

みなさん、こちらは朝日新聞千里販売のおかちんです。

千里青雲高校野球部新チームが9月15日、豊中ローズ球場で、秋季大会(近畿大会府予選)1回戦を強豪汎愛高校と対戦しました。結果は3―6。惜しくも終盤に逆転され敗退しました。この試合ではいずれも2年生の海谷昂輝君と戸咲忠一郎君がバッテリーを組み、海谷君は140球を投げ切るスタミナを見せたそうです。戸咲君は試合後、「今まで感じたことがない雰囲気で野球ができ楽しかったです」と充実した気持ちを話しました。

おかちんはこの試合を取材していませんので、このコンビが公式戦デビューした今夏の第100回選手権記念北大阪大会3回戦、春日丘高校戦の様子をお届けします。最後に懐かしいおまけもあります。

広告 Softbank
先発の森本詠司君(3年)からマウンドを継いだ海谷昂輝君
海谷君をリードする戸咲忠一郎君(2年)。春までは遊撃手だったが、正捕手の故障でマスクを被るようになった

この2人は気が合い、お互い尊敬しているようだから、今後の働きが本当に楽しみ
相手打線につかまる海谷君を、3年生の遊撃手菊崎君が励ます

千里青雲 対 汎愛と言えば、2015年夏の選手権大会、延長11回の熱戦。0―1で敗れましたが、千里青雲はこの試合でも大方の下馬評を覆す大健闘を見せました。最終回の代打吉田知史君の意地の一打など、忘れることがないシーンがたくさんあります。

0―1で迎えた延長11回裏、代打の吉田知史君がしぶとく安打を放った

試合後、球場そばの緑陰でラストミーティング。現在はフットサルコートになっている場所
取材ご依頼受付中
スポーツ大会・イベント・クラブ活動・地域活動などをおかちんが無料で取材します。ご希望の方は電子メールなどでお知らせください ●催しや団体、学校、人、店などが対象 ●掲載媒体はブログまたは紙面、または両方 ●先着順ではありません ●内容等によってお断りする場合があります。