祝開幕! 第43回 朝日旗千里ニュータウン大会 オープニングゲームは島本ジャイアンツ!

みなさん、こちらは朝日新聞千里販売のおかちんです。

本日4月21日、万博少年野球場(吹田市・茨木市)で、第43回 朝日旗千里ニュータウン少年野球大会が開幕しました。北摂地域の51チームが、深紅の朝日新聞社優勝旗獲得を目指します。開会式直後に行われたオープニングゲーム、島本ジャイアンツ 対 清水ビーバーズは、7回まで戦ってジャイアンツが9―0と快勝しました。開会式から2試合目までの様子をお届けします。 ※間違った情報があればご遠慮なしに教えてください。

ブログバナー広告募集
千里地域をがターゲットの千里あさひくらぶブログに、無料でバナー広告を掲載できます。おかちんを通じて朝日新聞を新規ご購読いただけると、購読期間中に適宜広告を表示します。広告画像制作費等も一切不要。おかちんまでお気軽にお問い合わせください
広告 Softbank

広告 おゆば

監督のこの笑顔があれば、少人数でもさみしくないさ(庄内ゼッツ)
低めに速球がズバッと決まった、ASA(朝日新聞販売所)豊中南店長・大城による始球式
平成から令和、新時代へのプレイボール!

島本ジャイアンツは4点リードの7回表、4、5番打者の連打で1死二・三塁と好機を作ると、続く6番・嶋崎くんが右越えの2点タイムリーツーベースヒット! 清水ビーバーズの息の根を止めるでっかい一打だった

「あいつもなかなかやるわい‥」目を細める平井監督
僕たちの「勲章」を見てください
島本ヤンキース 対 奥坂オールスターズ、万博少年野球場2試合目はルーズベルトゲーム! しかもサヨナラ! ヤンキースは4回裏に1点を返して7―7の同点に追い付いた後、4番・永安くん(写真右)がピッチャー強襲のサヨナラ打を放ち劇的な幕切れ!
ベンチをお祭り会場に変えてしまう奥坂の名物コーチだが… 最後は渋い表情に
試合後の奥坂オールスターズ。(当然だろうけど)全然笑顔を見せてくれないので、おかちんがプライドを捨てておかしなことを言ったら、女子たちが当惑の表情を浮かべた(男子にはウケた)

4月21日(日)
【1回戦】左が勝利チーム
島本ジャイアンツ 9―0 清水ビーバーズ
島本ヤンキース 8―7 奥坂オールスターズ
春日丘ボアーズ 8―0 山田スパークス
豊津東少年野球クラブ 4―3 牧田フレンド
千里ツインズ 6―2 春日ロジャース

2019年4月21日終了時点のトーナメント表(吹田東部少年野球連盟提供)

開会式のようすは、明後日4月23日(火)の朝日新聞朝刊に掲載されます。小さな記事ですが、思い出をぜひ手元に残してください。

また、千里あさひくらぶツイッター(@senriaclub)でも大会のようすをお届けします。フォローしてそちらもお楽しみください。

ブログ・紙面掲載写真 販売中
「千里あさひくらぶブログ」「月刊千里あさひくらぶ紙面」に掲載している写真パネル・撮影データを販売中。割引きなどサービスもあります。販売用写真には「千里あさひくらぶブログ」の文字は入りません。

試合結果 5月3日~6日 入場行進とともに 第42回朝日旗千里NT大会

みなさん、こちらは朝日新聞千里販売のおかちんです。

5月3~6日に行われた第42回朝日旗千里ニュータウン大会の結果をまとめてお届けします。本大会初出場で注目の桜塚レッドスネークスは、有力チーム箕面モンキーズと対戦し、辛くも抽選で朝日旗初勝利をあげました。開会式参加チームの入場行進の様子も添えてお届けします。

◆1回戦
桜塚レッドスネークス(抽選勝)1―1箕面モンキーズ

広告募集

岸部つくしクラブ7―3牧田フレンド

南千里ジャガーズ8―1千里南丘少年野球部

広告 mignon

南吹田少年野球倶楽部4―3古江台少年野球部

千三少年野球クラブ4―1キングジュニアーズ

山田西リトルウルフA5―2春日イーグルス

高槻フェニックス少年野球団5―1山田スパークス

熊野田少年野球部2―1清水ビーバーズ

5月8日時点のトーナメント表。吹田東部連盟公式サイトより転載

取材ご依頼受付中
スポーツ大会・イベント・クラブ活動・地域活動などをおかちんが無料で取材します。ご希望の方は電子メールなどでお知らせください ●催しや団体、学校、人、店などが対象 ●掲載媒体はブログまたは紙面、または両方 ●先着順ではありません ●内容等によってお断りする場合があります。

「ランコー」? そんなもんじゃない

みなさん、こちらは朝日新聞千里販売のおかちんです。

少年野球でときどき、攻守交代時にランナーコーチに入るのを忘れる場面を見かける。ベンチで監督やコーチが「だれかランコーいけ!」と叫ぶあれだ。でも、低学年の試合やベンチ入り人数が少ないチームを除き、ランナーコーチは「だれか」に行かせるものではないと思う。(写真は内容とは関係ありません)

広告募集

極端な例かも知れないが、プロ野球では入る人が決まっているし、高校野球でも強豪チームには ‘専門家’ がいる。あの龍谷大平安高校では、「平安の三塁ランナーコーチ」になりたくて進学先に選ぶ人もいるくらいだ。

そもそも、役割はそんなに簡単ではない。

一塁ランナーコーチは、打者走者へ二塁進塁の可否を伝え、一塁走者へアウトカウントや状況の確認をし、二塁走者へはリード幅の指示、時には、デッドボール時のコールドスプレーを吹きかける大役まで?担う。三塁ランナーコーチは、本塁突入の判断をはじめ、犠牲フライのゴーサインなど、その指示は得点に直結し、チームの勝利を担うと言っても過言でもない。

以上はほんの一部で、これだけでも「だれか」に任せられるものではないことがわかる。

おかちん的視点だが、近年定着した「ランコー」と略す呼び方はどうなのか。「役職が人を育てる」という言葉がある。例えば「○○(名前)、一塁ランコーいけ!」と言われるより、「○○、一塁ランナーコーチまかせた!」の方が、子どもは自覚を持ってコーチャーズボックスに立てるのではないだろうか。

昨年度(2016年)府大会で優勝し、マクドナルドトーナメント全国大会に出場して「史上最強」と呼ばれた山田西リトルウルフには、三塁ランナーコーチの名手、其田誉人くんがいた。彼は、喉の病気を押して声を絞り出しながら、全身全霊で走者を本塁へ導いていた。その姿は多くの人の感動を呼んだ。

IMG_5011-1

仕事がら、ベンチのすぐそばでたくさんの試合を見て来たおかちんだが、ランナーコーチの入り忘れが無いチームには良いチームが多いと感じている。

敵を知り、味方を知れば、的確な指示が出せる。そうなればお世辞でも何でもなく、ランナーコーチは10人目、11人目のレギュラー選手だ。

ブログ・紙面掲載写真 販売中
「千里あさひくらぶブログ」「月刊千里あさひくらぶ紙面」に掲載している写真パネル・撮影データを販売中。割引きなどサービスもあります。販売用写真には「千里あさひくらぶブログ」の文字は入りません。
取材ご依頼受付中
スポーツ大会・イベント・クラブ活動・地域活動などをおかちんが無料で取材します。ご希望の方は電子メールなどでお知らせください ●催しや団体、学校、人、店などが対象 ●掲載媒体はブログまたは紙面、または両方 ●先着順ではありません ●内容等によってお断りする場合があります。