千里丘イーグルス敗れる 試合結果 5月19、20日 入場行進とともに 第42回朝日旗千里NT大会

みなさん、こちらは朝日新聞千里販売のおかちんです。

5月19、20日に行われた第42回朝日旗千里ニュータウン大会の結果を、開会式参加チームの入場行進とともにお届けします。千三少年野球クラブ、島本ヤンキース、山田西リトルウルフAなどが16強に進出しています。また朝日旗上位の常連、千里丘イーグルスは、春の千里ニュータウン大会決勝でウルフをあと一歩まで追い込んだ吹田ニューヤングに敗れ、2回戦で姿を消しました。

◆1回戦
春日ロジャース11―1南桜塚少年野球
旭丘サンバーズ1―0桜井谷少年野球部

竹の内ファイターズ6―1摂津コンドルズ

広告 Softbank

◆2回戦
千三少年野球クラブ7―0茨木LF
島本ヤンキース9―3高槻マヨネーズ

山田西リトルウルフA9―0熊野田少年野球部
豊中ペガサス9―1山田西リトルウルフB

広告 mignon

吹田ニューヤング3―2千里丘イーグルス


南千里ジャガーズ3―1高槻野田ファイターズ

5月21日現在のトーナメント表(吹田東部連盟公式サイトより転載)
取材ご依頼受付中
スポーツ大会・イベント・クラブ活動・地域活動などをおかちんが無料で取材します。ご希望の方は電子メールなどでお知らせください ●催しや団体、学校、人、店などが対象 ●掲載媒体はブログまたは紙面、または両方 ●先着順ではありません ●内容等によってお断りする場合があります。

試合結果 5月3日~6日 入場行進とともに 第42回朝日旗千里NT大会

みなさん、こちらは朝日新聞千里販売のおかちんです。

5月3~6日に行われた第42回朝日旗千里ニュータウン大会の結果をまとめてお届けします。本大会初出場で注目の桜塚レッドスネークスは、有力チーム箕面モンキーズと対戦し、辛くも抽選で朝日旗初勝利をあげました。開会式参加チームの入場行進の様子も添えてお届けします。

◆1回戦
桜塚レッドスネークス(抽選勝)1―1箕面モンキーズ

広告募集

岸部つくしクラブ7―3牧田フレンド

南千里ジャガーズ8―1千里南丘少年野球部

広告 mignon

南吹田少年野球倶楽部4―3古江台少年野球部

千三少年野球クラブ4―1キングジュニアーズ

山田西リトルウルフA5―2春日イーグルス

高槻フェニックス少年野球団5―1山田スパークス

熊野田少年野球部2―1清水ビーバーズ

5月8日時点のトーナメント表。吹田東部連盟公式サイトより転載

取材ご依頼受付中
スポーツ大会・イベント・クラブ活動・地域活動などをおかちんが無料で取材します。ご希望の方は電子メールなどでお知らせください ●催しや団体、学校、人、店などが対象 ●掲載媒体はブログまたは紙面、または両方 ●先着順ではありません ●内容等によってお断りする場合があります。

サンバーズに勝ってみたい! 熊野田少年野球部 第42回朝日旗千里NT大会抽選会(トーナメント表も)

みなさん、こちらは朝日新聞千里販売のおかちんです。

3月18日、吹田市の千里市民センター大ホールで、第42回朝日旗千里ニュータウン大会抽選会が行われ、前回大会と同じ53チームがクジを引きました。その中で「一番勢いがある」と噂される旭丘サンバーズがライバルと話すのが、となり町の熊野田少年野球部です。

抽選会に参加した熊野田少年野球部の3人。左がキャプテンの田才くん。
広告募集

熊野田のキャプテン田才くんは、隣の席に座ったサンバーズの寺岡キャプテンから直接「熊野田はライバルです」と名指しされ、思わずうれしそうな表情に。

「でも、僕たちはまだサンバーズに一度も勝ったことがありません。だから『勝ってみたい』という気持ちです。できれば3回は勝ちたい」と謙虚ながらも勇ましく話しました。

チームの特徴は「守りのチームですが、チームワークもあって、打線もつながります。『4点打線』と呼んでください」。そしてもちろん目標は「やっぱり優勝です!」。

サンバーズと戦うには、5つ勝ちあがって決勝戦に進出する必要があります。熊野田は強敵ぞろいの山に組まれましたが、大きな目標に向かって持ち前のチームワークで頑張りましょう。打倒!サンバーズだ!

第42回朝日旗千里NT大会トーナメント表(吹田東部少年野球連盟公式サイトより転載)
広告 Softbank

(おまけ)第38回朝日旗千里NT大会より、2回戦 熊野田少年野球部 対 千里丘イーグルス=2014年5月17日、高野台グラウンド

この大会は千里丘イーグルスが優勝した(準優勝は西南エンデバース)

取材ご依頼受付中
スポーツ大会・イベント・クラブ活動・地域活動などをおかちんが無料で取材します。ご希望の方は電子メールなどでお知らせください ●催しや団体、学校、人、店などが対象 ●掲載媒体はブログまたは紙面、または両方 ●先着順ではありません ●内容等によってお断りする場合があります。