月刊千里あさひくらぶ2020年6月号ウェブ公開(新型コロナでこうなる?新しい生活様式とちょっと先の未来予想 ほか)

地域情報紙『月刊千里あさひくらぶ2020年6月号』をウェブ公開しました。当紙は毎月最終日曜日に、朝日新聞千里販売が朝刊に折り込んで発行しています。

月号のトップ記事は「新型コロナでこうなる? 新しい生活様式とちょっと先の未来予想」。地域の色んな世代の方に、電話やネットを通じてお聞きしました。また、朝日新聞と朝日小学生新聞を使ったスクラップ学習方法、地元飲食店の「出前と持ち帰り」特集も掲載しました。対人取材を控えているので、やけくそ感のあるムシ取材の記事も。

イベントなどの開催には、もう少し日にちがかかりそうですが、街ネタのご提供や、取材のご希望はおかちんまでお気軽にどうぞ!

⇒印刷用PDFデータ

ブログバナー広告募集
千里地域をがターゲットの千里あさひくらぶブログに、無料でバナー広告を掲載できます。おかちんを通じて朝日新聞を新規ご購読いただけると、購読期間中に適宜広告を表示します。広告画像制作費等も一切不要。おかちんまでお気軽にお問い合わせください
月刊千里あさひくらぶ2020年6月号
月刊千里あさひくらぶ2020年6月号
広告 はじめて補聴器
取材ご依頼受付中
スポーツ大会・イベント・クラブ活動・地域活動などをおかちんが無料で取材します。ご希望の方は電子メールなどでお知らせください ●催しや団体、学校、人、店などが対象 ●掲載媒体はブログまたは紙面、または両方 ●先着順ではありません ●内容等によってお断りする場合があります。

そう簡単じゃない チーム内のコミュニケーション(朝日新聞記事から)

みなさん、おはようございます。こちらは朝日新聞千里販売のおかちんです。

みなさんは、所属するスポーツチームの安全管理に疑問を持った時や、我が子が体調を崩したり、崩しかけたりした時などに、その疑問や情報を指導者に遠慮なく伝えることができますか?

朝日新聞5月28日付朝刊記事。

image

日本人は特に「和」を大切にするので、それを乱すのでは? と心配する余り、「個」の考えを後回しにすることも。「モンスターペアレントと思われたくないし」。でも、そのことが後々取り返しのつかない事につながったとしたら・・・。

安全な環境づくりを例に、スポーツチーム内の指導者・保護者間の円滑なコミュニケーションの取り方のヒントが書かれている記事を紹介しました。

野球と新聞はきっとつながっている

みなさん、こんばんは。こちらは朝日新聞千里販売のおかちんです。今夜は、新聞記事の話題。

「最近、スマホがあるから新聞は読まんでええねん」という言葉をよく聞くようになりました。わかります、わかります。スマホでいつでもどこでも知りたい情報を検索できるし、スマホを使っていると知らずに時間がどんどん過ぎて、新聞を読む時間が足りなくなります。

IMG_4814




でも、もし家にせっかく新聞が配達されているのなら、おかちんが「これ、読んで良かったわ~」と思うコーナーを紹介させてもらうので明日の朝から(今夜から?)ぜひ新聞をめくって探してみてください。(朝日新聞に限りません)

IMG_4842

1つは、読者の意見が載ったコーナー。朝日新聞では「声」と言いいます。日常生活から政治的なことまで、他の人がどんな風に思っているかがわかります。自分とは反対の意見は読むのにちょっと勇気がいるけど、「この人、うまいこと言うな~。もしかして、こっちもアリかもな‥」なんて、納得させられることも。

(『声』2016年5月10日付・朝日新聞朝刊)
(『声』2016年5月10日付・朝日新聞朝刊)

こんな風に意見を伝えられれば、将来、ビジネスなどの場面の交渉にも役立つし、野球でも例えば守備のタイムがかかってマウンドに集まる時なんかに、ただ「ドンマイ」と励ますだけじゃなく、どうしたらピンチを切り抜けられるか、短い時間に意見を組み立てて仲間に伝えられるようになるのでは? と思います。

IMG_1930

そしてもう1つは、「天声人語」……なんて、ベタなことは言いません。もちろん、天声人語を毎日読むと、やたら文章に起承転結をつけるのがうまくなるそうですが、小学生はかわいい文章でよろしい。

IMG_4844

おかちんオススメは、社会面に載ったちょこっとコラム。朝日新聞では「青鉛筆」という、ほんの小さなコーナー。読んだことない人もいるでしょう? おかちんも数年前までそうでした。

IMG_4917

「いつ、どこで、だれが、なぜ、なにを、どのようにしたか」「さらに詳しく」「解説して」「将来の予測」まで、新聞記事のツボが全部抑えられているんです。しかも最後に取材対象の話でオチまでつける。たったの220,30文字程度、原稿用紙1枚も使っていないんですよ。すごいでしょ?

(『青鉛筆』2016年5月10日付・朝日新聞朝刊)
(『青鉛筆』2016年5月10日付・朝日新聞朝刊)

おかちんは「青鉛筆」を毎日読むことで、物事をしっかり観察して的確に相手に伝える方法が身につくと思っています。

IMG_4318

野球だって、「送りバント」「盗塁」「エンドラン」…すべてに原因と結果があります。「自分は何でエンドランをさせられるんだろう?」と疑問に思いながら仕掛けるより、「今、こうだから、あの目的のために、そうするのだ」と思えれば、きっと成功率は高まるだろうし、何より野球が面白くなります。試合後、監督に意見できるようになったり?

IMG_4298

新聞って、スポーツ欄以外でも野球につながっていると思うんです。小学校でも新聞の授業が必ずあるし、これからは受験だってマークシートだけでなく筆記式も始まる予定です。

IMG_1853せっかく強い思いや考えがあるんだったら、それをうまく伝えられた方が得でしょ? ぜひ、新聞からそんな技を盗んでみてください。