スローガンは「必笑」 監督、もっと笑って。 高槻野田ファイターズ

みなさん、こちらは朝日新聞千里販売のおかちんこと岡野です。

高槻野田ファイターズの朝日旗北大阪大会は3回戦で幕を閉じました。強豪、山田西リトルウルフに滅多打ちにされ、序盤のリードを守れませんでした。返そう、抑えようと必死になるほど動きはちぐはぐになり、激流に飲み込まれてゆきました。

広告 SPORTYS AUTHORITY

終わってみれば10点差コールド。「必笑」を掲げるチームスローガンも、この日はさすがに消沈しました。

試合後、ベンチ前に整列する今井監督(手前)。

「今までのオレやったら、試合中でも絶対めちゃくちゃ怒ってました」試合後、今井監督は言いました。「せやけど今年の夏前、嫁に言われたんです。『子どもたちの野球経験はたったの4、5年。あんたのは30年以上。そんなあんたと比べて怒って、どないなるん』」

秋にもう一度指摘されて、やっと本気で思ったそうです。「これではアカン。確かに子どもたちはミスをしたら、野球を見ずにオレの顔色をうかがってる。ベンチにいるオレが笑っていないとアカン、って」。

広告 Softbank

そこでファイターズは本大会前に『必笑ステッカー』を手作りし、みんなのヘルメットの後ろに貼りつけました。打者を送り出す時にベンチから必ず見えるこの位置に貼ったのは、監督が自分自身に言い聞かせる意味もありました。

ヘルメットの後ろに貼られた手作りの『必笑ステッカー』。

この日はどんな苦しい場面でも、監督は励ましの言葉をかけ続けていました。ピンチでタイムをかけると、円陣で必死に選手を笑わそうとする姿がありました。

試合後の集合写真撮影。下を向いていた子どもたちが、監督の ‘鉄板ギャグ’ でやっと笑顔を取り戻しました。たくさんのミスもしたけど、それは一生懸命がんばった結果だから。だから、笑顔で通じ合えたんです。

ファイターズは高槻杯、読売旗など主要な大会を残します。これからも、一戦一戦を「必笑」して最後まで戦い抜きます。

え? 今井監督の ‘鉄板ギャグ’ はどんなのだったって? それは直接尋ねてみてください。笑えるかどうかは保証しませんけど。

朝日新聞新規ご購読キャンペーン
期間中、おかちんを通じて朝日新聞を新規ご契約の方に「オリジナル撮影データ」と「フォトフレーム入りA3サイズ写真パネル(写真4枚まで組み合わせ可)」をもれなく進呈。ご希望の方はおかちんまで。 ●ご購読開始日・地域の制限はありません ●ブログ未掲載写真からも選択可 ●ブログ掲載写真は容量の関係でサイズ・画質をダウンしています。

16強決定!・学童の部 12月10日(日)全試合結果 島本ヤンキース、吹田ニューヤングなど 第41回朝日旗北大阪大会

みなさん、こちらは朝日新聞千里販売のおかちんこと岡野です。

12月10日に各地で行われた、第41回朝日旗争奪北大阪大会の全試合結果をお伝えします。中学生の部では準決勝・決勝が戦われ、優勝は高槻クラウンB、準優勝は高槻クラウンAでした。小学生の部は、本日勝利したチームが16強に名乗りを上げました。なお、おかちんは高槻市の南大樋運動広場で行われた試合を取材しました。撮影した各試合は1コマずつ写真レポートします。(3カ所同時進行のため、全ての試合を撮影できませんでした)

千里丘レッズに0―4から大逆転勝利をあげた島本ヤンキースの選手がスコアブックを持って記念撮影。
取材リクエスト募集中
スポーツ大会・イベントなどを千里あさひくらぶが無料で取材します。ご希望の方はおかちんまで電子メールツイッターDMでお知らせください ●催しや団体、学校、人などが対象 ●掲載媒体はブログまたは紙面、または両方 ●先着順ではありません ●内容等によってお断りする場合がありますがご了承ください。

【小学生の部】
〈3回戦〉左側が勝利チーム
南千里ジャガーズ5―13高槻フェニックス
清水ビーバーズ1―0箕面ジュニアーズ
島本ヤンキース5―4千里丘レッズ

千里丘レッズ
先発・山舗くん。関節の柔らかさと腕のしなりを生かし、リリース寸前までボールを隠して打者を幻惑。側面から撮影していてもなかなかボールが見えず、カメラマンをも泣かせる投球術だった。

島本ヤンキース
3―4で1点ビハインドの5回表、先頭の1番・山本主将が中越え2塁打を放ってガッツポーズ。チームはこの後2得点して逆転した。主将は4回裏のピンチで遊直を横っ飛び好捕。それが攻撃への流れを引き寄せた。この日ヤンキースは4点差をひっくり返した。

広告 SPORTYS AUTHORITY

津雲台少年野球クラブ4―0箕面モンキーズ

津雲台少年野球クラブ
津雲台の捕手・大西くん。試合後「(本大会初優勝して)河野監督を胴上げしてあげたい」。何度上げる? 「河野監督が津雲台に貢献された年数分上げます。落とさないように気を付けたいと思います」。

箕面モンキーズ
「息子よ、がんばれ! 思いっ切り振ってこい!」

広告 おゆば

山手台サニーズ4―3吹田ニューヤング

吹田ニューヤング
3回裏、2点を返されて同点(3―3)に追い付かれ、なおピンチを背負ったが、左翼手・永島主将(中央)が良い当たりを好捕してチェンジ。ベンチで祝福のタッチを受けた。

山手台サニーズ
3―3で同点の6回裏、2死満塁で4番の濱口くん(写真左)が中前に弾き返してサヨナラ勝利!

春日イーグルス2―1池田レッドアーミー
高槻メッツ3―2桜井谷少年野球部
山田西リトルウルフA12―2高槻野田ファイターズ

山田西リトルウルフ
3回裏、山中(大和)くんの走者一掃・逆転2塁打で流れをつかみ、つづけ、つづけ、とばかりに6番・坂山くんもタイムリー!

高槻野田ファイターズ
ウルフに大差コールド負けも、試合後にヘルメットを逆にかぶってこの笑顔。そのワケは? 改めてブログ記事にする予定です。

池田AG4―0浜一タイガース
竹の内ファイターズA6―1西能勢少年野球クラブ
豊島パワーズ3―0佐井寺クラブ
池田ウィングス4―2片山南少年野球部
豊津東少年野球クラブ1―0藤白台少年野球部

豊津東少年野球クラブ
0―0の6回裏、1番・園主将が右越えランニングホームランの殊勲打。これまで1安打と打ちあぐねていた藤白台先発・的場くんをついに攻略した。

藤白台少年野球部
0―1で1点を追う最終の7回表、2死二・三塁と同点、逆転のチャンス。8番・藤田くんは、打席でほんの一瞬バットを見つめた。今週買ってもらったばかりの宝物。来年はこの相棒と大暴れする。

広告 AOKI

島本ジャイアンツ2―0豊中ペガサス

島本ジャイアンツ
2点リードの6回表、ジャイアンツの三塁手・片山くんが浅いファールフライをグラブを伸ばして追いかけた。南大樋運動場で一番の大応援団が必死のプレーを見つめていた。この日、同球場で島本ヤンキースとの「島本アベック勝利」を実現した。

豊中ペガサス
2点を追う6回表、美野田主将が意地の一打。敗戦後、泣きじゃくりながら「流れをつかもうと塁に出た。『つながれ』と祈りながらベースに立った」。

広告 Softbank

千里丘イーグルス7―0千里新田ファイターズ
摂津コンドルズ1―0寿栄ジャイアンツ

島本ヤンキース、頼もしい6年生トリオ。

【中学生の部】
〈準決勝〉左側が勝利チーム
高槻クラウンB2―0島本イング
高槻クラウンA4―3レッドバッファローズ

〈決勝〉
高槻クラウンB2―1高槻クラウンA

高槻クラウンB、優勝おめでとうございます!

※お名前などの誤りはご指摘ください。

朝日新聞新規ご購読キャンペーン
期間中、おかちんを通じて朝日新聞を新規ご契約の方に「オリジナル撮影データ」と「フォトフレーム入りA3サイズ写真パネル(写真4枚まで組み合わせ可)」をもれなく進呈。ご希望の方はおかちんまで。 ●ご購読開始日・地域の制限はありません ●ブログ未掲載写真からも選択可 ●ブログ掲載写真は容量の関係でサイズ・画質をダウンしています。

今週末 ベスト16一気出揃う! 第41回朝日旗北大阪大会

みなさん、こちらは朝日新聞千里販売のおかちんです。

第41回朝日旗争奪北大阪大会は、今週日曜日に行われる10試合を経て、ベスト16が一気に出揃います。おかちんは、高槻市の南大樋運動広場で取材できるよう予定を調整中です。

12月7日時点のトーナメント表(吹田東部連盟公式サイトより転載)。
広告 SPORTYS AUTHORITY

広告 mignon

「背番号を忘れてきちゃった」

11月19日に万博少年野球場で行われた開会式の写真を掲載しました。

取材リクエスト募集中
スポーツ大会・イベントなどを千里あさひくらぶが無料で取材します。ご希望の方はおかちんまで電子メールツイッターDMでお知らせください ●催しや団体、学校、人などが対象 ●掲載媒体はブログまたは紙面、または両方 ●先着順ではありません ●内容等によってお断りする場合がありますがご了承ください。