期間限定? 坊主頭のヒーローたち 初の近畿決めた山田高校野球部

秋の大会で「奇跡」の第3位。近畿大会に臨もうとする府立山田高校部員たちを追いかけました。最後に「奇跡」を達成した瞬間の大変貴重な写真も掲載しますので、どうぞお楽しみに!(主に野球部関係者さんからいただいた情報をもとに記事にしました)

広告 おゆば

10月4日(日)、秋季大阪府大会の第3位決定戦で、全国レベルの強豪・履正社高校に逆転勝ちし、1984年の創立以来初の近畿大会出場を決めた府立山田高校。その瞬間からネットでは「山田高校」の検索ワードがトレンドとなり、翌日の新聞では朝日が地方面とスポーツ面で取り上げ、日刊スポーツでは何と、トップ1面をデカデカと飾りました(これには本当にビックリ!)。

月曜日、登校してきた部員たちは学校中から大賛辞を浴びて「ヒーロー」に。特に吹奏楽部員からは「私たちをゼッタイ甲子園に連れてって!」と、近畿大会を飛び越えて少々気の早いリクエストが聞かれたそうです。

でも、部員たちはそんな状況に浮かれることなく、火曜日から再開した練習にこれまで以上の活気で取り組んでいます。もちろん、中間テストの勉強と平行して。

ブログバナー広告募集
千里地域をがターゲットの千里あさひくらぶブログに、無料でバナー広告を掲載できます。おかちんを通じて朝日新聞を新規ご購読いただけると、購読期間中に適宜広告を表示します。広告画像制作費等も一切不要。おかちんまでお気軽にお問い合わせください
広告 Softbank
3回戦の浪速高校戦。北古賀君の一打に得意の機動力も絡めて2点を返し、同点に追い付いた場面。このプレーが部員たちに「強豪相手でもやれるぞ!」と確信させた(ガッツポーズの選手は1得点目の坂田君)

ここで、地域ブログならではのネタを1つ。今夏の新チーム発足後から同校野球部は、新聞記事などでも報道されているように、金子監督の方針でこれまで以上に「自主性を重んじるチーム」に変化しました。

声の出し方、練習メニュー、マネジャーの働きなど、指示を受けるだけでなく、多くのことを自分たちで考えて実行するようになったそうです。監督はできる限り部員たちの意見を尊重しています。

バナー広告 月く最新号とバックナンバー

そんな部員たちが考えたことの1つが「秋の大会が終わったら坊主頭を止めよう!」 先輩たちの夏が終わった後にみんなで話し合った結果、「高校で野球を続けない子が多いのは、坊主頭が嫌だからでは?」という発想から生まれた自主性だそうです。

試合後、球場外で帽子を取って監督の話を聞く山田部員。だいたいが坊主頭
広告 はじめて補聴器

そして秋大へ―。 強豪私学との連戦が予想される山組に、恐らく大多数の部員が「やっと坊主頭から卒業して髪型でオシャレができる!」と、ほくそ笑んだことでしょう。ところが何とどっこい、この奇跡。部員たちの複雑な表情が目に浮かんできます。

いよいよ17日(土)から、西京極球場(わかさスタジアム京都)で近畿大会が開幕します。備えて、来週にはあのニャンコの額みたいな(ほんまごめんな)山田高校のグラウンドから飛び出し、本格的な環境での調整を予定してるそうです。(幸せやな~)

果たして「人生最後の坊主頭」を見られるのはいつの日までか。近畿大会まで? いや…やっぱり、あの場所でも!! そんなでっかい夢を抱かせてくれる彼らには、しばらくバリカン生活を送ってもらおうではありませんか!

履正社に逆転で勝利した山田の選手たちが、マウンド付近で大喜び(撮影/辻健治さん)※転載禁止
取材ご依頼受付中
スポーツ大会・イベント・クラブ活動・地域活動などをおかちんが無料で取材します。ご希望の方は電子メールなどでお知らせください ●催しや団体、学校、人、店などが対象 ●掲載媒体はブログまたは紙面、または両方 ●先着順ではありません ●内容等によってお断りする場合があります。

泣いちゃっていいですか?… 母校山田が初近畿! 夢の舞台へまた一歩

本日(10月4日)、金スタ(舞洲)で行われた高校野球の秋季大阪府大会3位決定戦で、我れらが地元、府立山田高校が履正社高校に最終回に逆転して勝利し、同校初の近畿大会出場を決めました。今大会で山田は、初戦からこの試合まで7試合をすべて私学と戦い抜きました。これで、夢舞台「センバツ甲子園」へ、また一歩近づきました。(チーム関係者さんご提供の情報をもとに記事にしました)

試合終了後、応援してくれた保護者らに帽子を取ってお礼の挨拶をする山田高校野球部(2020.10.4 舞洲)

おかちんは今日、山田の試合経過が気になりながらも別のスポーツ大会の撮影でした。撮影が落ち着いてケータイを見ると、そこにはメールやDMの雨嵐。ある選手のお父さんからのメールを開けると…。

「ほんまに夢みたいです(大汗)
 履正社に勝つなんて(大汗)」

??? 私の単純な脳細胞では、その意味が瞬時に理解できません。でも、どのメッセージも「おめでとう!」「やりましたね!」ばかり。ツイッターのトレンドには「山田高校」が入っているし、Yahoo!のトップニュースにも「公立校が履正社に逆転勝ち」。これは夢か、うつつか、幻なのか…。

み、みなさん… 今回は超個人的な記事になっていますが、ブログ(ウェブ上の日記)ですもん。大丈夫ですよね。1984年(昭和59年)の創立以来、初の甲子園出場への期待。 泣いちゃっていいですか?…

試合の詳細は明日の新聞にまかせるとして、山田高校関係者さんから届いた情報をまとめます。

山田の先発、坂田君(春日ロジャース⇒茨木西中)は後攻めの履正社打線を5回まで零封しましたが、ついに6回、強打者塔下君(吹田市の少年野球、岸辺つくしクラブ出身)の豪快なソロホームランを浴びて先取点を奪われました。

山田はその後も履正社に数々のチャンスを与えますが、坂田君は崩れずに8回裏まで何とか踏ん張りました。

そして1点ビハインドのまま迎えた最終回、先頭の1番田村君(山田西リトルウルフ⇒山田中)が執念の内野安打で出塁すると、続く但馬君(山田西リトルウルフ⇒山田中)が落ち着いて送り、1死二塁。

さらに3番笹川君(箕面モンキーズ※⇒箕面六中)が四球を選び、一・二塁とチャンスを拡大したところでバッテリーにミスが出ました。山田の強みである走塁の作戦も成功させ、二・三塁と最高の形を作ります。そして、主砲・横田君(山田スワローズ⇒西山田中)が逆転の左越え2点タイムリーツーベースヒット! 9回裏もそのまま坂田君が投げ切りました。 ※笹川君はリンク先の記事、下から2番目の打席の写真。

試合後にはキャプテンの尾崎君(ホワイトタイガース⇒千里丘中)から「近畿大会でも頑張ります!」と決意の力強い言葉が聞けたそうです。

試合終了後のスコアボード(2020.10.4 舞洲)

山田高校は、誰もが認める? ごくごく普通の公立高校です。旧山田村地域の中の狭い土地に学校が建てられたため、グラウンドは本当に狭く、野球部は当然満足な練習ができません。

今大会での快進撃は、野球に対する情熱や技術だけでなく、仲間たちと共に目標を持って戦うチームワークの大切さを教えてくれます。

1つの例を挙げると、中堅手の北古賀君(少年野球佐井寺クラブ⇒佐井寺中)、左翼手の今立君(千里丘レッズ⇒千里丘中)、二塁手の田村君(前記)は、少年野球時代から中学校軟式野球時代まで、ずっと戦い続けたライバルであり友でもありました。「高校では一緒のチームで野球を」と3人で相談して、山田の受験を決めたそうです。

今、おかちんに届いているメッセージの中には、「あの頃、私の息子と戦った子どもたちの頑張りに感動しています」というようなものが少なくありません。大きく膨らんだ夢が、いよいよ地域を包み込み始めました。

近畿大会出場を喜ぶ部員たちですが、金子監督には「甲子園を目指す前に、木曜日から始まる中間テストの勉強をちゃんとやるように」と釘を刺されたそうです。

やっぱり、普通の高校生たちでした。

球場の外で、第3位の表彰状と盾を持って集合写真。金子監督は前列右端(2020.10.4 舞洲)
取材ご依頼受付中
スポーツ大会・イベント・クラブ活動・地域活動などをおかちんが無料で取材します。ご希望の方は電子メールなどでお知らせください ●催しや団体、学校、人、店などが対象 ●掲載媒体はブログまたは紙面、または両方 ●先着順ではありません ●内容等によってお断りする場合があります。

センバツ甲子園も視野! 山田高校が秋府大会初のベスト4進出 近畿大会まであと1つ

大阪府立山田高校野球部(金子監督、吹田市山田東3)が9月27日、シティ信金スタジアム(略して金スタ)で行われた秋季府大会の準々決勝で、強豪私学の大産大附に大逆転の末勝利し、同校初の準決勝進出を決めました。次戦は東海大仰星。3位以上を決めれば、春の選抜大会も視野に入る近畿大会出場権を獲得します。


山田中学校軟式野球部前監督・加川裕介さんから激励のメッセージが届きました。(9月29日)


本大会で山田は、4回戦の浪速、5回戦の上宮、そして準々決勝の大産大附と、大阪府の並みいる強豪私学の高い壁を乗り越えました。

準々決勝は、2回表までに早くも0―4と差を付けられて劣勢でしたが、4回裏に田村君(山田西リトルウルフ⇒山田中)の左前打、横田君(山田スワローズ⇒西山田中)の四球で2死一・二塁とすると、今立君(千里丘レッズ⇒千里丘中)がしぶとくライト前に運び、チーム自慢の走塁も生かして2点差に迫りました。

4回裏、打席の田村君が、この後に反撃の合図となる左前打を放った
広告 はじめて補聴器
同回裏、打席の横田君はじっくり四球を選んでチャンスを広げた

その後は、4回から登板したエース坂田君(春日ロジャース⇒茨木西中)の粘りの投球と懸命の守備で失点を防ぎ、ついに8回裏、ヒットとエラーなどで4―4の同点に追い付きました。さらには2死三塁で、北古賀君(少年野球佐井寺クラブ⇒佐井寺中)が強烈なレフトオーバーを放って5―4と逆転に成功しました。

試合後に球場の外でインタビューを受ける、逆転のタイムリーを放った北古賀君

最終の9回表には、1死一・二塁と一打同点、逆転の大ピンチに陥りましたが、坂田君の集中力を切らさない渾身の投球が、粘る大産大附打線を封じ込めました。「今年の山田はチームワーク」と言われる通り、グラウンド、ベンチ、スタンドが一体となってつかんだ大勝利です。

広告 AOKI

近畿大会出場を賭けた準決勝の東海大仰星戦は、翌週土曜日に行われる予定です(新型コロナ感染拡大防止策として試合会場は非公表。敗退でも3位決定戦を履正社か大阪桐蔭と戦う)。近畿大会での戦績は、翌春の選抜甲子園出場校選定の重要な参考とされるため、この日の試合を終えた選手たちは「ここで満足しないで近畿を目指すぞ!」と強く意気込んでいます。

また山田はグラウンドが非常に狭く、部員のほとんどが地元の市立中学校軟式野球部出身である ‘ごくごく普通の公立高校’ 。そのため、本大会の戦績自体が「21世紀枠」推薦への大きなセールスポイントになることも期待されます。

山田高校には山田中学校(吹田市山田市場15)軟式野球部の出身者が4名います。2年生の田村君、女子マネジャー、1年生の但馬君、山本君です。そこで、同中の軟式野球部前監督で、現在は摂津市立第一中学校で監督を務める加川裕介さんに、千里あさひくらぶがメッセージを求めました。

 「切磋琢磨して三島地区を共に戦い、中学校の軟式野球部で活躍していた生徒たちが、今度はお互いに手を取り合い、大きな相手に向かっていく姿にうれしく思います。

 ストライク、アウト、イニングを1つずつ丁寧に、楽しく積み重ねながら、準決勝以降もこれまでと同じように最高の試合を作りあげてほしいですね。

 個人的な話になってしまいますが、山田中の子たち(マネジャーも含めて)が、チームのためにそれぞれの役割を全うしてくれることを願っています。

 応援しています」

大阪府大会決勝で佐井寺中に勝利して優勝し、ベンチの加川監督(サングラス姿)に見守られながら校歌を斉唱する山田中の選手たち(2018年7月31日、万博)

夢はでっかく。可能性を諦めない、決めつけない。山田高校のみんな、地元の人たちや恩師を ‘ええとこ’ に連れてってちょうだい!

広告 Softbank

(おことわり)今まで、千里青雲や千里ばかり取り上げてきたのに「勝ちだしたら、にわかの山田ファンか!」と叱られてしまいそうですが、実は山田はおかちんの母校なんです。許してください。

(山田高校野球部関係者さんよりいただいた情報・写真をもとに記事にしました)

取材ご依頼受付中
スポーツ大会・イベント・クラブ活動・地域活動などをおかちんが無料で取材します。ご希望の方は電子メールなどでお知らせください ●催しや団体、学校、人、店などが対象 ●掲載媒体はブログまたは紙面、または両方 ●先着順ではありません ●内容等によってお断りする場合があります。