誰が未来のヒーローに? 吹田TN

みなさん、こちらは朝日新聞千里販売のおかちんです。

2月11日、豊津第二小学校で、吹田TNの練習風景を撮影しました。そこで出会ったちびっ子たち。この中の誰が未来のヒーローに?

取材ご依頼受付中
スポーツ大会・イベントなどをおかちんが無料で取材します。ご希望の方はおかちんまで電子メールツイッターDMでお知らせください ●催しや団体、学校、人などが対象 ●掲載媒体はブログまたは紙面、または両方 ●先着順ではありません ●内容等によってお断りする場合がありますがご了承ください。
いずみ&ももか2世!
うれしいのかうれしくないのかフクザツな表情…。
「ピプ~、お前はもう、死んでいる」「あべし!」(北斗の拳)
ブログ・紙面掲載写真 販売中
「千里あさひくらぶブログ」「月刊千里あさひくらぶ紙面」に掲載している写真パネル・撮影データを販売中。割引きなどサービスもあります。販売用写真には「千里あさひくらぶブログ」の文字は入りません。

●●を減らしてでも憧れの選手に! 吹田TN未来の正妻候補 3年生・田中湧太くん

みなさん、こちらは朝日新聞千里販売のおかちんです。

2月11日、豊津第二小学校で、6年生と5年生のラスト紅白戦が行われました。その試合直前、3年生の田中湧太くんは、試合を見学するかどうかで悩んでいました。

足を痛めていた田中くんはこの日、午後の練習は休んで帰宅するつもりでした。でも樽井監督に伝えたところ「今日の紅白戦はとても勉強になるから、見学した方がいいよ」と言われてしまいました。

「足が痛いので家に帰りたい」と樽井監督に伝える田中くん(左)

思わず涙ぐんでしまう田中くん。そのあとお母さんの顔を見ると、大泣きしてしまいました。

広告 AOKI

そんな田中くんに、非情にも?おかちんがインタビュー。

――いつから野球を始めたの?
3年生の4月からです。

――きっかけは?
パパが野球好きだったからです。今はTNのコーチにもなってくれました。

――野球は楽しい?
はい。打ったり、守ったりするところが面白いです。

――プロ野球はどこが好き?
巨人ファンです。小林(捕手)が好きです。(そばで樽井監督が「阪神ちゃうんかい!」とつっこむ)

――小林選手みたいになりたい?
なりたいです!

――どうしたらなれると思う?
遊びの時間を減らしてでも、努力して、練習することです。(そばでお母さんがびっくり)

――よし! 頑張ってみる?
はい!

そんなこんなで、この後田中くんは試合開始から終了までしっかり見学し、樽井監督から直接アドバイスを受けることができました。

紅白戦を見学しながら、樽井監督にアドバイスを受ける田中くん(右)
見よ、このキリリとした表情! さっきの涙は完璧に乾いたね。

遊びも楽しみながら、でっかい夢に向かって頑張ろう! 期待しているよ。

ブログ・紙面掲載写真 販売中
「千里あさひくらぶブログ」「月刊千里あさひくらぶ紙面」に掲載している写真パネル・撮影データを販売中。割引きなどサービスもあります。販売用写真には「千里あさひくらぶブログ」の文字は入りません。

横綱相撲…が最後は花持たす? 吹田TN最後の6年 対 5年 学年別紅白戦

みなさん、こちらは朝日新聞千里販売のおかちんこと岡野です。

今日(2月12日)、豊津第二小学校で、吹田TNの6年(樽井監督)と5年(上村監督)が戦いました。6年は卒部直前で、これが最後の紅白戦となりました。(6年は7人のため、4年を2人補充)

試合前、好ゲームを誓いあって握手する6年の原田キャプテン(左)と5年の田中キャプテン。
広告 Softbank

試合は6回表終了まで0―0のがっぷり四つでしたが、6回裏、6年がついに ‘横綱’ ぶりを見せ、長打を重ねて一挙3得点しました。5年は7回表、勝利を意識した?6年のまずい守備の連鎖に乗じ、なんと8点奪取で大逆転。7回裏、6年は2死走者無しからの土肥くんの中越えランニングホームランなど、打線をつなげて3点を返すも、最後は好守に阻まれました。結果、8―6で5年の勝利。バックネット裏のあるコーチが「最後に花を持たせてやるなんて、さすが先輩やな」と感心していました。本当かな?

最後のアウトを取り、マウンド付近で上村監督を中心に歓喜の輪を作る5年(なぜか若干約1名6年が混じる)。上村監督はこのまま持ち上がりで、来年度は初めて6年の監督に就任する。

6年の試合の様子と、試合後のコメントを順不同でお届けします。

背番号1・西野くん。3年の春に入部。
「TNの野球は楽しかった。練習は厳しかったけど、監督やコーチがいつも笑わせてくれた。中学でも野球を続ける。両親や監督たちに『今までありがとう』と言いたいです」

背番号2・赤木くん。5年の夏に入部。
「みんなに今までアリガトゥーッ! 樽井監督や総監督のおかげで、ピッチャーができたし、打つことができて楽しかった。6年の秋に骨折してしまったのがちょっと残念でした」
背番号3・井下くん(右)。5年の夏に入部。
「5年生の夏まで家でず~っとゴロゴロしてた僕に、キャプテンの原田くんが声をかけてくれた。『まあ、入ってみようかな』と気軽に入部したら、まあ楽しかったから良かった。樽井監督、感謝しています」
ベンチで試合を見学する下級生に樽井監督が指導する。樽井監督は来年度、4・5年を受け持つ。

広告 おゆば
背番号4・遠藤くん。5年の終わりごろ入部。
「入部してから毎週土日が楽しみだった。樽井監督と、TNに誘ってくれた赤木くんに感謝の気持ちです」
広告 AOKI
背番号5・池田くん。6年の春に入部。
「吹田TNは楽しかった。野球の魅力は、守備やバントなど細かな大変なことの中にも楽しさを見つけられることだと思う。樽井監督、ありがとうございます」

広告 SPORTYS AUTHORITY
背番号6・土肥(どい)くん。6年の夏に入部。
「一番最後に入ったけど、樽井監督やコーチがよく教えてくれて、守備や打撃が少しずつうまくできるようになってきた。今日はホームランを打ててうれしかったです。お母さん、いつも美味しいおにぎりを作ってくれてありがとう」
広告 mignon
背番号10・原田キャプテン。2年の夏に入部。
「長くて短い5年だった。仲間が途中で減ってしまった時はつらかったけど、新しく誘って入ってくれた仲間と頑張ろう、という気持ちでやってこれた。TNはとても楽しくて、どんなことも乗り切れた。(これまでの仲間も含めて)みんなに感謝しています。ありがとうございます」
ブログ・紙面掲載写真 販売中
「千里あさひくらぶブログ」「月刊千里あさひくらぶ紙面」に掲載している写真パネル・撮影データを販売中。割引きなどサービスもあります。販売用写真には「千里あさひくらぶブログ」の文字は入りません。
お母さん、指導者と(試合後に撮影)