地元選手を探す! 週刊朝日増刊『甲子園2017』 

みなさん、こちらは朝日新聞千里販売のおかちんです。

台風の影響で1日順延し、明日開幕となった夏の甲子園ですが、この時期の必読・必携アイテムと言えば、週刊朝日増刊『甲子園2017』(税込500円)です。当誌には出身中学が掲載されているため、地元の選手を探すことも大きな楽しみ。何人かピックアップし、少年野球時代の写真を添えて紹介します。

広告 SPORTYS AUTHORITY
片山南少年野球部時代の竹元君(中央右)。

3年連続38回目出場の北海(南北海道)からは、片山南少年野球部出身の竹元拓海君(3年)。昨年度の準優勝チームではベンチでチームを盛り立てましたが、今夏は三塁手のレギュラーとして勝利を目指します。

片山南少年野球部の江藤監督(左)。
お~らの父ちゃん。
東部連盟旗優勝(2011年8月)。竹元君は前列中央。(写真、チーム提供)
南千里ジャガーズ時代の中尾君(2012年11月、近畿北摂大会)。捕手で主将だった。

2年連続7回目出場の山梨学院(山梨)には、南千里ジャガーズ出身の中尾勇介君(2年)。中尾君は昨年度、スタンドで声を枯らしました。今夏は2年ながら、左翼手のレギュラーとして暴れまわります。

開会式が順延してリラックスする中尾君の様子が、幸運にもバーチャル高校野球に掲載されました⇒ 甲子園開幕順延で英気養う選手たち 「気持ちリセット」(朝日新聞バーチャル高校野球2017年8月7日)

南千里ジャガーズの吉田監督。
お兄さん(右)と一緒に。(写真、家族提供)
中尾君のお父さん。確か、野球経験はなかったはず。

他にも地元選手の名前が見つかります。情報が入り次第、あれば懐かしい写真を添えて紹介したいと思います。

2017年夏・朝日新聞新規ご購読キャンペーン実施中
期間中、朝日新聞を新規ご契約の方に「オリジナル撮影データ」と「フォトフレーム入りA3サイズ写真パネル(写真4枚まで組み合わせ可)」をもれなく進呈。ご希望の方はおかちんまで。 ●ご購読開始日・地域の制限はありません ●ブログ未掲載写真からも選択可 ●ブログ掲載写真は容量の関係でサイズ・画質をダウンしています。

【第99回選手権大会】入場行進 その4 明星・履正社・近大附・関大北陽

みなさん、こちらは朝日新聞千里販売のおかちんです。

本日(7月8日)開幕した、第99回全国高校野球選手権大阪大会の入場行進より。おかちんにゆかりのある選手が所属する高校を中心にお届けします。(おかちんが知る選手を全員挙げているものではありません)

広告 SPORTYS AUTHORITY

明星高校。千三少年野球クラブ・吹田一中野球部出身の馬原恵士君が、唯一1年生で登録されました。監督の厳しい指導のもと、チームは古豪復活の兆しです。

前年度優勝、履正社高校。山田スワローズ出身の竹村慎君がいます。もともと大きかった体は一段と立派になりましたが、愛らしい顔は以前のままです。

近大附属高校。古江台少年野球部出身の和田君が投手として頑張っています。

広告 AOKI

関大北陽高校。高槻野田ファイターズ出身の飯田君、南千里ジャガーズ出身の2年生投手北口君がいます。なお、ジャガーズ時代に北口君とバッテリーを組んだ中尾君は、山梨学院で甲子園を目指して頑張っています(ごめん、北口君の顔は隠れて写ってない)。レギュラーに唯一1年生で登録された赤松君は、藤白台少年野球部の大型選手だったあの?

小学6年生時の赤松君(右)。藤白台小学校の駅伝大会にて。左は、今大会、北野高校で1年生ながら双子の兄弟でそろって登録された佐々木(陸)君。
2017年夏・朝日新聞新規ご購読キャンペーン実施中
期間中、朝日新聞を新規ご契約の方に「オリジナル撮影データ」と「フォトフレーム入りA3サイズ写真パネル(写真4枚まで組み合わせ可)」をもれなく進呈。ご希望の方はおかちんまで。 ●ご購読開始日・地域の制限はありません ●ブログ未掲載写真からも選択可 ●ブログ掲載写真は容量の関係でサイズ・画質をダウンしています。