学童の部より熱戦をお届け 吹田TN vs 千三 第90回秋季千里NT少年野球大会

みなさん、こちらは朝日新聞千里販売のおかちんこと岡野です。

本日(8月26日)開幕した、第90回秋季千里ニュータウン少年野球大会より。学童の部(6年生が含まれたチーム)より印象的な場面をお届けします。(試合の写真はネット外側からの撮影です)

広告 チャイナテーブル

吹田TN8―1千三少年野球クラブ(1回戦)

初回に1点を先制された吹田TNが、好守備の連発で攻撃への流れを引き寄せ、終わってみれば大量リードで快勝しました。この試合でも5年生の活躍が目立ちました。今日、チーム事情で急きょショートを守った西野陽(はると)くんです。難しいゴロを何度もさばき、野手との連携も華麗にダブルプレーを成立させる場面もありました。ベンチでは指導者が他の選手たちに「レギュラーを奪われないように頑張れ!」と檄を飛ばしていました。

先制点は初回に千三が奪った
広告 AOKI
この日、好守備を連発したショート西野くん

千三は、マウンドで悩むピッチャーを野手が何度も励ましていました。

広告 Softbank

吹田TNがダブルプレーを成立させた場面。

(山田スパークス 対 高野台バード少年野球クラブは改めてお届けします。この試合でも、5年生に目立った選手がいました)

ブログ・紙面掲載写真 販売中
「千里あさひくらぶブログ」「月刊千里あさひくらぶ紙面」に掲載している写真パネル・撮影データを販売中。割引きなどサービスもあります。販売用写真には「千里あさひくらぶブログ」の文字は入りません。

ウルフ エンデバース 決勝進出! 試合結果6月30日、7月8日 第42回朝日旗千里NT大会

みなさん、こちらは朝日新聞千里販売のおかちんです。

第42回朝日旗千里ニュータウン大会は最終局面です。準々決勝が6月30日に、準決勝が7月8日に行われました。準決勝では、箕面市の西南少年野球団エンデバースが吹田TNに8―1で、吹田市の山田西リトルウルフAが吹田ニューヤングに5―1で勝利し、それぞれ決勝に駒を進めました。(写真は順不同)

決勝進出を決めて誇らしげにユニフォームを掲げる西南エンデバース(6年生のみ)
同じく、山田西リトルウルフA。誰や、顔隠してるの
7月8日終了時点のトーナメント表(吹田東部連盟提供)
ブログ・紙面掲載写真 販売中
「千里あさひくらぶブログ」「月刊千里あさひくらぶ紙面」に掲載している写真パネル・撮影データを販売中。割引きなどサービスもあります。販売用写真には「千里あさひくらぶブログ」の文字は入りません。

◆準々決勝(6月30日)
吹田ニューヤング8―1豊津東少年野球クラブ
西南少年野球団エンデバース4―0佐竹台ストロングアロー
吹田TN3―2旭丘サンバーズ

豊津東少年野球クラブは、本大会で快進撃を見せた吹田西部連盟所属。学年混成を感じさせないチームワークで準々決勝まで勝ち上がったのは立派でした。また、同連盟の千三少年野球クラブも準々決勝に進出しましたが、山田西リトルウルフAに敗れました。

また ‘元祖千里ニュータウン’ 佐竹台地区を本拠地とする佐竹台ストロングアローは「初優勝を!」と大会に臨み、8強入りして存在感を示しました。

優勝候補の旭丘サンバーズは準々決勝で涙をのみました。投手力、守備力が大変固く、中学以降にもつながりそうなチーム作りが印象的でした。北大阪大会もきっと台風の目になります。

◆準決勝(7月8日)
西南少年野球団エンデバース8―1吹田TN
山田西リトルウルフA5―1吹田ニューヤング

準決勝は、2日間続いた雨が止んだばかりの高野台グラウンドで行われました。この時季、三方を急な斜面や団地に囲まれた、まるで盆地の底のような同グラウンドは耐え難い蒸し暑さになります。滝のような汗を流す選手たちと審判員のみなさんは、集中力を保つのに必死の様子でした。

1試合目は、エンデバースが吹田TNの守備の乱れに付け込んで逆転勝ち。大型バッテリーがTN打線に対し1失点で抑えきりました。

2回表終了時、エンデバースのピッチャー林くんが、タイムリーエラーを犯した外野手の背中に手を添えてベンチに帰る

3回裏、同点となる左越えタイムリーツーベースヒットを放ったエンデバースの1番、村山くん

監督代行で決勝に導いた村田さん(右)
5回裏、コールドとなる ‘サヨナラスクイズ’ を決めたエンデバースの6番、中川くん。「バントは得意な方です。でも今日の最後はサヨナラヒットで終わらせたかった」

第三位表彰の吹田TN。おかちんが取材しないほうが勝てる、というウワサも…?
広告 AOKI

2試合目は、「名勝負数え歌」と称されるウルフとニューヤング、ライバル同士の対戦。今日はウルフがまるで獣のような勢いを中盤から見せて逆転勝ちし、今季の対戦成績を3勝1敗としました。

緊迫した試合はこんなプレーが流れを呼び込む

第三位の表彰を受けた吹田ニューヤングの選手たち。様々な困難や悲しさを乗り越えてチームが一つになった

敗れた両チームはこれまでの健闘を称えられ、第三位の表彰状と盾、トロフィが贈られました。(おかちんは表彰式でいつも長々とスピーチしてしまいごめんなさい。みんなの頑張る姿をそばで撮っていると、表彰状の言葉だけでは足りなくなるんです)

決勝戦はリトルウルフAとエンデバースの組み合わせで、14日に高野台グラウンドで行われる予定です。おかちんは取材できませんが、少し離れた場所から両チームの優勝にかける思いを感じていたいと思います。暑さに負けず、無理をせず、最後まで精いっぱい頑張ろう!

ブログ・紙面掲載写真 販売中
「千里あさひくらぶブログ」「月刊千里あさひくらぶ紙面」に掲載している写真パネル・撮影データを販売中。割引きなどサービスもあります。販売用写真には「千里あさひくらぶブログ」の文字は入りません。

ウルフ4強勝ち上がり!「西」も強いぞ! 試合結果 6月23、24日 第42回朝日旗千里NT大会

みなさん、こちらは朝日新聞千里販売のおかちんです。

6月23、24日に行われた第42回朝日旗千里ニュータウン大会の結果をお知らせします。山田西リトルウルフAが千三少年野球クラブを下して4強一番乗り。本大会初優勝を目指す ‘元祖千里ニュータウン’ 佐竹台ストロングアローが岸部つくしクラブに抽選で勝利しました。また、「打倒ウルフ!」を毎年の合言葉に厳しい練習を乗り越えて来た吹田TNも勝ち上がっています。 ※下記の試合はいずれも取材していませんので懐かしい写真を添えました。本大会には関係ありません。

広告募集

◆3回戦
西南少年野球団エンデバース6―2南千里ジャガーズ

佐竹台ストロングアロー(抽選勝)2―2岸部つくしクラブ

吹田TN4―2豊中ペガサス

◆準々決勝(4回戦)
山田西リトルウルフA11―5千三少年野球クラブ

広告 mignon
2018年6月24日終了時のトーナメント表(吹田東部連盟提供資料より)

今大会、上位進出チームは次の通りです。※打消し線は敗退。

【4強】山田西リトルウルフA 【8強】吹田ニューヤング、豊津東少年野球クラブ、千三少年野球クラブ、西南少年野球団エンデバース、佐竹台ストロングアロー、旭丘サンバーズ、吹田TN

ごらんのように、8強に吹田西部連盟所属チームが4つ(ニューヤング、豊津東、千三、TN)勝ち上がりました。4強のウルフとは、ニューヤングと豊津東の勝者が対戦します。ニューヤングは夏・秋の府大会予選も兼ねる吹田市長旗大会で、ウルフを下すなどして決勝戦に勝ち上がっています(決勝の相手は吹田クープス)。「今季は西が強いぞ!」


(お知らせとお願い)今大会は雨にたたられ、6月24日に予定されていた決勝戦が、7月にずれこみます。今後、高校野球などの取材が入るため、決勝戦も含めて取材できるかどうか未定です。優勝チームの選手たちの勇姿は、ぜひ朝日新聞に掲載してあげたいと考えていますので、該当チームに優勝集合写真の提供などをご協力をお願いするかも知れません。ご協力、どうぞよろしくお願いします。

ブログ・紙面掲載写真 販売中
「千里あさひくらぶブログ」「月刊千里あさひくらぶ紙面」に掲載している写真パネル・撮影データを販売中。割引きなどサービスもあります。販売用写真には「千里あさひくらぶブログ」の文字は入りません。