【千里NT大会】次は7回まで目一杯! 津雲台少年野球クラブ

みなさん、こんばんは。こちらは朝日新聞千里販売のおかちんです。

昨日、高野台グラウンドで行われた春季千里ニュータウン大会、吹田TN 対 津雲台少年野球クラブより、順不同で写真をお届けします。

1 (2)

1 (1)




1 (3)

TN打線に滅多打ちされ、3回コールドで敗れた津雲台。本音を言うと、津雲台卒のおかちんは、もっと津雲台の選手を撮ってやりたかった。

1 (6)

1 (4)

AD mignon 201604

1 (5)

おかちんだって悔しい。今度TNと当たったら、絶対7回まで目一杯戦おう!

今夜、第40回朝日旗千里NT大会の開会式で演技してくれる豊中市ジュニアチアリーディングクラブ『SUGAR RABBITS(シュガーラビッツ)』の本番前最後の全体練習があり、見学させてもらいました。当日、演技のシャッターチャンスを逃さないためです。(写真は2月撮影)

1 (8)

大会にぴったりのポン文字(ポンポンで作る文字)も披露してくれ、練習ながら感動しました。選手のみなさん、楽しみにしていてください!




1 (7)




【千里NT大会】吹田TN猛攻 津雲台沈める(準々決勝)

みなさん、こんばんは。こちらは朝日新聞千里販売のおかちんです。

本日、高野台グラウンドで行われた、春季千里ニュータウン大会準々決勝(3回戦)、津雲台少年野球クラブ 対 吹田TNは、吹田TNが初回から4連打のつるべ打ちを見せるなどし、3回コールド10―0で快勝。準決勝の千里丘イーグルス戦にコマを進めました。吹田TNのエース三宅遼大くんは、無安打(2四死球)に抑える好投でした。(本日はフェンス外からの撮影)

相手打者の内角をえぐり、無安打に抑えた吹田TNのエース三宅くん
相手打者の内角をえぐり、無安打に抑えた吹田TNのエース三宅くん




IMG_1037-8

球審吉田さんの分厚い背中
球審吉田さんの分厚い背中
津雲台のエース、藤本淳貴くん。連打を浴びたが、低めに決まる良い球もあった
津雲台のエース、藤本淳貴くん。連打を浴びたが、低めに決まる良い球もあった

AD mignon 201604

3回裏にコールドを決める一打をライト前に放った藤田陸弥(りくみ)くんは「2回戦、二ノ切球場の箕面ジュニアーズ戦でランニングホームランを打ち、調子が上がっている。準決勝以降強敵が続くけど、優勝を目指します」

3回裏に「サヨナラ打」を放った吹田TNの藤田陸弥くん
3回裏に「サヨナラ打」を放った吹田TN藤田くん

IMG_1109-14

IMG_0999-2

優勝に必要なことは? 「とにかく、個人個人が自分の目標をしっかり実現させること。その積み重ねでチームが1つになれます」と、大勝に浮かれることなく足元を固めようとしていました。

残念ながら大敗してしまった、おかちん卒部の津雲台少年野球クラブですが、2回戦では難敵南千里ジャガーズに最終回で5点を取ってサヨナラ勝ちするなど、驚異的な粘りを見せてくれました。

IMG_1017-4

IMG_1036-7

IMG_1057-10

この悔しさが「はじまりの瞬間」だ
この悔しさが「はじまりの瞬間」だ

次の日曜日に開幕する朝日旗千里NT大会でも、「最後まであきらめない心」で全力プレーを期待しています。




IMG_1025-5




文字化け対処方法 「三島地区中体連軟式野球部」サイト

みなさん、こんにちは。こちらは朝日新聞千里販売のおかちんです。

中学生軟式野球関係者・ファン必見のサイト「三島地区中体連軟式野球部」。試合の結果が当日の夕方ごろにはアップされていて、そのスピーディーな作業には頭が下がります。私も週末のチェックは欠かしていません。

三島大会ウェブサイト
三島大会ウェブサイト(パソコンで閲覧)

AD mignon 201604

その「三島サイト」ですが、スマートフォンやタブレットでは、文字化けして読めない場合があります。特にiPhoneやiPadの標準ウェブサイト閲覧アプリ『Safari(サファリ)』で文字化けしてしまうことが多いようです。

iPhone・iPad のSafari で閲覧すると文字化けしてしまう
iPhone・iPad のSafari で閲覧すると文字化けしてしまう




対処方法の1つは、別のアプリで閲覧することです。例えば『Chrome(クローム)』、『Dolphin(ドルフィン)』などがあります。しかし、使い慣れていないアプリの操作を覚えるのが面倒だったり、無料アプリの信頼性に不安な人もいると思います。他には、パソコンで閲覧する方法もありますが、きっと現在はパソコンよりスマホ(タブレット)で手軽に見る人が多いと思います。

そこで、差し出がましいですが「三島サイト」管理者様へ、プログラム(コード)自体を文字化けしないように変更する方法をご提案いたします。方法は大変単純で次の通りです。




<現在のプログラム>※冒頭部分のみ抜粋

<html>
<head><title>三島地区中体連軟式野球部ホームページ</title></head>

<変更後のプログラム>

<html lang=”ja”>
<head>
<meta http-equiv=”content-type” content=”text/html; charset=utf-8″>
<title>三島地区中体連軟式野球部ホームページ</title>
</head>

または

<html>
<head>
<meta http-equiv=”Content-Type” content=”text/html; charset=Shift_JIS”>
<meta name=”content-language” content=”ja”>
<title>三島地区中体連軟式野球部ホームページ</title>
</head>

いずれも、アプリに「これは日本語で書かれたサイトですよ」と知らせるための「文字コード」を指定しています。ウェブサーバーではなく、プログラム自体の問題で文字化けしている場合はこちらで改善されると思います。