「ランコー」? そんなもんじゃない

みなさん、こちらは朝日新聞千里販売のおかちんです。

少年野球でときどき、攻守交代時にランナーコーチに入るのを忘れる場面を見かける。ベンチで監督やコーチが「だれかランコーいけ!」と叫ぶあれだ。でも、低学年の試合やベンチ入り人数が少ないチームを除き、ランナーコーチは「だれか」に行かせるものではないと思う。(写真は内容とは関係ありません)

広告 SPORTYS AUTHORITY

極端な例かも知れないが、プロ野球では入る人が決まっているし、高校野球でも強豪チームには ‘専門家’ がいる。あの龍谷大平安高校では、「平安の三塁ランナーコーチ」になりたくて進学先に選ぶ人もいるくらいだ。

そもそも、役割はそんなに簡単ではない。

一塁ランナーコーチは、打者走者へ二塁進塁の可否を伝え、一塁走者へアウトカウントや状況の確認をし、二塁走者へはリード幅の指示、時には、デッドボール時のコールドスプレーを吹きかける大役まで?担う。三塁ランナーコーチは、本塁突入の判断をはじめ、犠牲フライのゴーサインなど、その指示は得点に直結し、チームの勝利を担うと言っても過言でもない。

以上はほんの一部で、これだけでも「だれか」に任せられるものではないことがわかる。

おかちん的視点だが、近年定着した「ランコー」と略す呼び方はどうなのか。「役職が人を育てる」という言葉がある。例えば「○○(名前)、一塁ランコーいけ!」と言われるより、「○○、一塁ランナーコーチまかせた!」の方が、子どもは自覚を持ってコーチャーズボックスに立てるのではないだろうか。

昨年度(2016年)府大会で優勝し、マクドナルドトーナメント全国大会に出場して「史上最強」と呼ばれた山田西リトルウルフには、三塁ランナーコーチの名手、其田誉人くんがいた。彼は、喉の病気を押して声を絞り出しながら、全身全霊で走者を本塁へ導いていた。その姿は多くの人の感動を呼んだ。

IMG_5011-1

仕事がら、ベンチのすぐそばでたくさんの試合を見て来たおかちんだが、ランナーコーチの入り忘れが無いチームには良いチームが多いと感じている。

敵を知り、味方を知れば、的確な指示が出せる。そうなればお世辞でも何でもなく、ランナーコーチは10人目、11人目のレギュラー選手だ。

朝日新聞新規ご購読キャンペーン
期間中、おかちんを通じて朝日新聞を新規ご契約の方に「オリジナル撮影データ」と「フォトフレーム入りA3サイズ写真パネル(写真4枚まで組み合わせ可)」をもれなく進呈。ご希望の方はおかちんまで。 ●ご購読開始日・地域の制限はありません ●ブログ未掲載写真からも選択可 ●ブログ掲載写真は容量の関係でサイズ・画質をダウンしています。
取材リクエスト募集中
スポーツ大会・イベントなどを千里あさひくらぶが無料で取材します。ご希望の方はおかちんまで電子メールツイッターDMでお知らせください ●催しや団体、学校、人などが対象 ●掲載媒体はブログまたは紙面、または両方 ●先着順ではありません ●内容等によってお断りする場合がありますがご了承ください。

大会備え お盆返上! 片山中野球部 その2

みなさん、こちらは朝日新聞千里販売のおかちんです。

今日は地域の方からリクエストをいただき、今週金曜開幕の吹田総体に備えてお盆返上で汗を流す片山中野球部を取材しました。練習風景を順不同でお届けします。(まとまった休みはお盆の前にとったそうです。ご安心ください) ※学校のクラブ活動ですので、許諾が取れた選手のみ掲載しています。

取材リクエスト募集中
スポーツ大会・イベントなどを千里あさひくらぶが無料で取材します。ご希望の方はおかちんまで電子メールツイッターDMでお知らせください ●催しや団体、学校、人などが対象 ●掲載媒体はブログまたは紙面、または両方 ●先着順ではありません ●内容等によってお断りする場合がありますがご了承ください。
数学教諭の山本監督。吹田一中の山本監督は青山台中時代の教え子だ。「突出した選手はいない。ノーヒットで1点を取れるようなチームを目指す」
岸部つくしクラブ出身、山本君。
ノッカーの、こちらも数学教諭の中村コーチにボールを渡す小倉君。岸部つくしクラブ出身。
バントの名手、岸部つくしクラブ出身の佐藤くんは今、投手にチャレンジしている。(岸部つくしクラブ時代の佐藤くんの記事

ごめん、片山南少年野球部の千家君は撮れてなかった。また、機会を見つけて試合の時に。

朝日新聞新規ご購読キャンペーン
期間中、おかちんを通じて朝日新聞を新規ご契約の方に「オリジナル撮影データ」と「フォトフレーム入りA3サイズ写真パネル(写真4枚まで組み合わせ可)」をもれなく進呈。ご希望の方はおかちんまで。 ●ご購読開始日・地域の制限はありません ●ブログ未掲載写真からも選択可 ●ブログ掲載写真は容量の関係でサイズ・画質をダウンしています。

大会備え お盆返上! 片山中野球部

みなさん、こちらは朝日新聞千里販売のおかちんです。

今日は地域の方からリクエストをいただき、今週金曜開幕の吹田総体に備えてお盆返上で汗を流す片山中野球部を取材しました。野球に集中するため、練習の前に教室で夏休みの宿題を片付けるという熱の入れようでした。練習風景を順不同でお届けします。(まとまった休みはお盆の前にとったそうです。ご安心ください) ※学校のクラブ活動ですので、許諾が取れた選手のみ掲載しています。

取材リクエスト募集中
スポーツ大会・イベントなどを千里あさひくらぶが無料で取材します。ご希望の方はおかちんまで電子メールツイッターDMでお知らせください ●催しや団体、学校、人などが対象 ●掲載媒体はブログまたは紙面、または両方 ●先着順ではありません ●内容等によってお断りする場合がありますがご了承ください。
外野手、投手を務める水口君。片山南少年野球部出身。
ソフトボール部出身の吉田キャプテン。
広告 SPORTYS AUTHORITY
第39回朝日旗北大阪大会決勝戦(対キングジュニアーズ)で優勝を決めるサヨナラ安打を放ち、二塁ベース上で両手を上げる水口君。(2016年1月)

岸部つくし出身、金澤君。
岸部つくし出身、小倉君。キャッチボールの一球にも手を抜かない姿が印象的だった。
朝日新聞新規ご購読キャンペーン
期間中、おかちんを通じて朝日新聞を新規ご契約の方に「オリジナル撮影データ」と「フォトフレーム入りA3サイズ写真パネル(写真4枚まで組み合わせ可)」をもれなく進呈。ご希望の方はおかちんまで。 ●ご購読開始日・地域の制限はありません ●ブログ未掲載写真からも選択可 ●ブログ掲載写真は容量の関係でサイズ・画質をダウンしています。