岸部つくしクラブ出身 多田君との再会など 第50回 吹田連盟旗大会のスタンドで

みなさん、こちらは朝日新聞千里販売のおかちんです。

4月30日、吹田市の桃山台グラウンドで「第50回 吹田市連盟旗大会(中学の部)」が開催されました。(内緒ですが、事務仕事の合間に抜け出して来たため)撮影はしていませんが、そこで出会った2つのエピソードをお届けします。

広告 SPORTYS AUTHORITY

1 南千里中が強豪山田中をタイブレークで下す!

市内のみならず近年は府内外でもその強さを轟かせる山田中を、南千里中がタイブレークの末に下しました。南千里中は0―1の7回、千里新田ファイターズ出身の山口君に値千金の同点打が飛び出しました。タイブレークでは、その勢いのまま相手守備のミスを誘うなどして得点を重ねました。

第83回春季千里ニュータウン大会で準優勝した千里新田ファイターズ。山口君は中列右から2番目(2015年4月29日・万博少年野球場)

その山口君、ファイターズ時代はいつも他の選手(特に田村君)の陰に隠れる目立たない存在でした。それが今回、ここ一番で大仕事をやってのけました。

表彰式にて。山口君は一番右(その左が田村君)

「おかちんさん、僕、やりましたよ!」 満面の笑顔で報告してくれました。おかちんはこの試合を観ていませんでしたので、自分のほっぺたをつねってしまいました。

3回戦の相手も強豪の吹田一中です。ここでも山口君は「まさか!?」の活躍を見せてくれるのでしょうか。

2 岸部つくしクラブOB・多田君と再会

本大会は1回戦で敗退してしまいましたが、吹田片山南クラブの多田君とスタンドで久しぶりに再会しました。多田君は岸部つくしクラブ出身。2016年2月に行われた吹田西部連盟主催「オールスター大会」での活躍が思い出されます。多田君が選抜された吹田西部連盟Aと、優勝候補だった吹田東部連盟Bが対戦した試合です。

先攻の東部Bマウンドには、その年度のオリックスジュニアに選ばれた山田西リトルウルフの大エース飯田君が登りました。後攻の西部Aは吹田TNのエース長谷川君です。

広告 おゆば

予想通り、両投手の投げ合いになりました。長谷川君はまるで仏像のようなほとんど動きのない投球フォームから、とても重たい速球を投げ込みました。7回まで無四球、被安打3。好守にも助けられて無失点で抑えきりました。

ほとんど動きのないピッチングフォームはまるで仏像。吹田TN長谷川君(2016年2月7日・万博少年野球場)

一方飯田君は、まるで風車のように身体を目いっぱい使うフォーム。矢のような速球で打者たちを手玉に取り、6回まで被安打2、無失点と圧巻の投球でした。

東部Bの先発、飯田君(山田西リトルウルフ)

しかし7回、一死から安打を許すと、続く打者を四球で歩かせてサヨナラのピンチを招きます。東部B中濱監督(ウルフ)はマウンドを同じくウルフの渡辺君に任せました。

広告 Softbank
リリーフのマウンドに登った山田西リトルウルフ渡辺君

ここで打席に立ったのが、8番DHで出場の多田君。正直地味な選手で、ここまでの2打席はともに一塁ゴロといいところがありませんでしたが、梶村監督(吹田TN)は強打を指示しました。多田君はその期待に見事に応え、外角球を逆らわずに振り切ってレフト前へ。1死満塁とチャンスを大きく広げました。

レフトへ流し打ちする多田君。最外角球の理想的なスイングともいえる。短く持ったバットによくぞ当てた

このチームバッティングが奏功し、2死の後、1番山藤君(吹田TN)の内野ゴロがサヨナラエラーを誘いました。梶村監督がこの大会を最後にチームのユニフォームを脱ぐことが決まっていたこともあり、グラウンドとスタンドは歓喜、感涙の嵐となりました。

エラーによるサヨナラに複雑な表情の山藤君(吹田TN)
勝利して涙を流す西部Aの選手たち

梶村監督(吹田TN)
試合後の集合写真。多田君は後列右から2番目

先日再会した多田君は(男前度が増したこともあり)当時の面影は余りありませんでしたが、今は投手として活躍しているそうです。

ひとこと「秋の朝日旗北大阪大会で頑張ります」 小さい声ながら力強く意気込みを伝えてくれました。その日、マウンドの勇姿が撮れるのを今から楽しみにしています。

本大会で西部Aは準優勝した(写真:塔下さんご提供)
取材ご依頼受付中
スポーツ大会・イベントなどをおかちんが無料で取材します。ご希望の方はおかちんまで電子メールなどでお知らせください ●催しや団体、学校、人などが対象 ●掲載媒体はブログまたは紙面、または両方 ●先着順ではありません ●内容等によってお断りする場合がありますがご了承ください。

センバツ出場・三重部員 ウルフOB・糸瀬航平君 懐かしの写真集

みなさん、こちらは朝日新聞千里販売のおかちんです。

 第90回記念選抜高校野球大会が甲子園球場で開催されていますが、今(4月1日)まさに、4強を賭けて石川星稜高校と対戦している三重高校部員に、山田西リトルウルフOB・糸瀬航平君(新2年生)がいます。先日紹介した、辻蒼太君の同級生です。ウルフ6年生時の龍平プロ撮影の写真がありました!

広告 SPORTYS AUTHORITY
撮影/龍平プロ

糸瀬君の当時の印象は、背がスラッと高く、眼鏡の奥の瞳がとても優しくて、それにピッタリな美しい声。でも、野球となれば顔つきがガラリと変わり、ここ一番の長打力は頼もしい! 今大会ではアルプススタンドで選手たちに声援を送ります。

撮影/龍平プロ
撮影/龍平プロ
ブログ・紙面掲載写真 販売中
「千里あさひくらぶブログ」「月刊千里あさひくらぶ紙面」に掲載している写真パネル・撮影データを販売中。割引きなどサービスもあります。販売用写真には「千里あさひくらぶブログ」の文字は入りません。

高槻野田ファイターズOBで松山聖陵正一塁手・今村広志郎君 明日、選抜のグラウンドに!

みなさん、こちらは朝日新聞千里販売のおかちんです。

3月28日、甲子園球場で開催中の第90回記念選抜高校野球大会のグラウンドに、高槻野田ファイターズOBで松山聖陵高校(愛媛)の正一塁手・今村広志郎君(新3年生・背番号3)が立ちます。第三試合で、滋賀県の近江高校と対戦します。千里あさひくらぶでは、ファイターズ時代の6年生時に朝日旗千里NT大会の準決勝で山田西リトルウルフと戦った様子を記事にしていました。当時は投手でした。

広告 SPORTYS AUTHORITY

この時はいつものピッチングができなくてマウンドで苦しんでいました。でも今村君はきっと、こんな悔しさをバネにして甲子園の出場切符をつかんだんです。

当時の写真は残念ながらハードディスクの故障でほとんどすべてを失ってしまいました。今思えば、こうやって記事にしておいて良かったと思います。かろうじて残っていた写真を、サイズは小さいですがお届けします。

第三位に表彰された高槻野田ファイターズ。他にも甲子園出場有望な選手がいる

対戦相手の山田西リトルウルフ。この大会では決勝戦で八尋大誠投手擁する桜井谷少年野球部を下して優勝

毎日新聞のサイトに今村君が紹介されています。当時も今も、体は大きくても気は優しいようでちょっと安心してしまいました。「優れた者は優しくなければならない」甲子園シンガーの西浦達雄さんも言われています。その優しさに胸を張り、大舞台で頑張ってください!

ブログ・紙面掲載写真 販売中
「千里あさひくらぶブログ」「月刊千里あさひくらぶ紙面」に掲載している写真パネル・撮影データを販売中。割引きなどサービスもあります。販売用写真には「千里あさひくらぶブログ」の文字は入りません。