無事発見しました 【迷いネコ】豊中市熊野町周辺 茶トラ・オス(去勢)・5歳・ポッチャリ型 2018年6月18日~

みなさん、こちらは朝日新聞千里販売のおかちんこと岡野です。

☆無事発見しました。6月19日20時45分時頃、自宅裏のアパート付近にいるところを飼い主のウダカさんが見つけました。

今回、ブログなどを通じて地域のみなさんに捜索協力を願ったウダカさんは「ブログやツイッターなどを見てご心配くださった方々、本当にありがとうございました。雨が降っていたので、軒下にいました。 無事、帰って来て本当にほっとしています。 これからはもっとかわいがってやりたいです。 私以外にも、愛猫がいなくなってしまった方も、自分の家族である愛猫を信じて探してあげてください。 帰ってきてくれるように私も願っています。 本当にありがとうございました」と感謝の気持ちを述べています。

ちなみに、無事帰宅したモニーの頭を何度もなでたところ、やっぱりたくさん噛まれ返されてしまったそうです。

無事帰宅したモニー。お腹を減らした分「いつもよりシュッとして男前」とはウダカさんの言葉

(以下は発見前の古い情報です)

大阪府北部を大きく揺らした18日の地震以降、大変不安な日が続きそうです。このような気持ちはペットも同じのようで、特に感覚が鋭敏なイヌやネコは、天災を予知したり驚いたりして逃げ出すことも少なくありません。今回、おかちんの知る人物(千里地域の男子高校生)から「自宅から逃げた飼いネコを捜索している」と連絡が入りました。

6月18日の夜に豊中市熊野町から逃げ出した飼いネコのモニー。飼い主以外にも人懐っこいとのこと

◆捜しているネコ
・逃げた日時:2018年6月18日 時間帯は夜間と思われる。
・逃げた場所:豊中市熊野町付近(地図を見る
・名前(性別・年齢):モニー(オス※去勢済み・5歳)
・見かけ:茶色のトラ柄でポッチャリ型
・身に付けているもの:なし(嫌がるそうです)
・普段の行動範囲:基本は屋内のみ。ただし、自ら網戸をこじ開けて外出することもあり。通常は空腹になると自ら帰宅する。
・その他の特徴:飼い主以外にも人懐っこく、体をスリスリしてくる/かわいがられると噛みついてくる場合があるが嬉し過ぎる証拠(映像を見る)/不安や空腹時は「ニャンニャン」と鳴く。(6月18日の昼以降、エサは食べていない)/約5年前に野良ネコを拾ってきて育てた。

◆見かけた・保護した時の連絡先
・ウダカさん 電話:********、電子メール:********、ツイッター:@rikuWooChan

猫が活発に活動するのは通常夕方から夜です。梅雨時期で雨が降るので、水に濡れない場所にいるかも知れません。日にちが経つほど行動範囲が広まる可能性あります。飼い主のウダカさんは「モニーは今まで飼ってきたネコの中でも長生きで、こんな形で別れてしまうのは寂しいです。どうか些細な情報でもよいのでご協力ください。お願いします」と捜索への協力を呼び掛けています。

▼なでられると嬉し過ぎて思わず噛んでくるモニー

取材ご依頼受付中
スポーツ大会・イベントなどをおかちんが無料で取材します。ご希望の方はおかちんまで電子メールなどでお知らせください ●催しや団体、学校、人などが対象 ●掲載媒体はブログまたは紙面、または両方 ●先着順ではありません ●内容等によってお断りする場合がありますがご了承ください。

月刊千里あさひくらぶ2018年6月号 ウェブ公開(陸王クラブ・極真館北摂支部など)

みなさん、こちらは朝日新聞千里販売のおかちんです。

『月刊千里あさひくらぶ2018年6月号』をウェブで公開しました。(印刷用データをダウンロード)。陸上競技のクラブチーム「陸王クラブ」、極真空手の全国レベル選手が多数在籍する「極真館 北摂支部」など、千里地域のスポーツ、武道を特集しました。

月刊千里あさひくらぶ2018年6月号(外面)
月刊千里あさひくらぶ2018年6月号(内面)

当紙は毎月最終日曜日、宅配版の朝日新聞朝刊に折り込んで発行(千里地域を中心に吹田市・豊中市で約23,000部)しています。掲載のご希望はおかちんまでお気軽にお知らせください。

取材ご依頼受付中
スポーツ大会・イベントなどをおかちんが無料で取材します。ご希望の方はおかちんまで電子メールなどでお知らせください ●催しや団体、学校、人などが対象 ●掲載媒体はブログまたは紙面、または両方 ●先着順ではありません ●内容等によってお断りする場合がありますがご了承ください。

理解と興味深まる展示解説を実施 『ニュータウン誕生』展

ニュータウンマニアも、郷土マニアも、そうでない人でもきっと楽しめる『ニュータウン誕生』展が、吹田市立博物館吹田市立千里ニュータウン情報館で同時に開催中です(7月8日まで)。今日は情報館で無料の展示解説が行われました。博物館の学芸員さんが千里と多摩ニュータウンについてくわしく、わかりやすく解説。参加者の質問にも丁寧に答えてくれました。一人で展示を見るよりも、理解と興味が深まります。なお「博物館」では主に千里ニュータウン、「情報館」では主に多摩ニュータウンに関する展示がされています。

広告 おゆば

昭和39年(1964年)頃に示された千里ニュータウンの全景計画模型。最初の街びらきは、昭和37年(1962年)の吹田市佐竹台地区だったので、同地区はほぼ実際通りだと思われる
ニュータウンが造成される前の佐竹台地区の航空写真。中央は菩提池(昭和36年、1961年)
21世紀初年の佐竹台地区(平成13年、2001年)
さて、なんでしょう? 昔の府営団地のベランダにたくさんあったものです

展示解説は今後も予定されています。日時は下のチラシをご確認ください。

取材ご依頼受付中
スポーツ大会・イベントなどをおかちんが無料で取材します。ご希望の方はおかちんまで電子メールなどでお知らせください ●催しや団体、学校、人などが対象 ●掲載媒体はブログまたは紙面、または両方 ●先着順ではありません ●内容等によってお断りする場合がありますがご了承ください。