山田中V2達成! 夏の軟式野球大阪大会 準V・佐井寺中とともに近畿大会へ

35℃を超えて猛暑日となった7月31日、吹田市の万博記念野球場で、第58回大阪中学校軟式優勝野球大会の決勝戦がダブルヘッダーで行われた。吹田市同士の対戦となり、山田中が佐井寺中を3―2で下して見事連覇を達成、府内357チームの頂点に立った。両チームは8月8日開幕の第67回近畿中学校総合体育大会(近畿大会)出場権を獲得、12チームがトーナメントで全国切符を競い合う。なお、第3位表彰は佃中(大阪市)と千里丘中。※両チームとも部員の掲載許可が得られましたので、順次写真をアップします。

2年連続優勝の山田中
閉会式でダイヤモンドに整列する山田中(左)と佐井寺中
広告 Softbank

◇万博 ▽決勝戦

1 2 3 4 5 6 7 R
山田中 0 0 3 0 0 0 0 3
佐井寺中 0 1 0 1 0 0 0 2

○…山田中は1点ビハインドの3回に投手の代わり端を攻め、2死満塁で5番・西森啓(2年)が走者一掃左越え二塁打を放って逆転した。同日午前の準決勝とともに先発登板したエース山田がそのリードを守り切り、見事本大会2連覇。佐井寺中は2、4回ともにバントや盗塁など機動力を生かして得点したが、いずれも最少得点。他の回の好機でもあと1打が出なかった。しかし、3回頭にエース田中から代わった安田が、4回以降はチームの好守にも助けられて無失点で切り抜けるなど、近畿大会に向けての好材料もあった。(敬称略)

▼3回表、山田中の逆転劇

山田中は1―3で迎えた3回表、この回から代わった佐井寺中の投手・安田を攻める。1死走者無しで、1番・田村が左越え二塁打でチャンスメーク。この気迫が効いた

続く2番・堀は、しぶとくショート後方へポトリと落としてチャンスを広げた

ここからクリーンアップ。3番・佐竹は3ボール2ストライクから際どい球を見送って満塁とした
4番・山田が内野フライに倒れた後、打席には2年生の5番・西森啓
簡単に追い込まれた後の3球目、真ん中低めの甘い直球を見逃さず「引きつけて思いっきりしばいた」打球は、グングン伸びて左翼手の頭上を悠々越えていった

走者一掃、逆転の3点二塁打。試合後、「チームバッティングを心掛けた結果。ウルフ(少年野球時代)は『自分が活躍したい』という気持ちが強かったけど、中学になってから気持ちが変わった」
これが優勝を決める一打となった
(おまけ)山田西リトルウルフが定期的に行う廃品回収作業の後に。西森をさがせ!(2016年3月26日)

▼山田中の初長打は2回表・西森貫の中越え二塁打!

広告 mignon

▼山田中が優勝を決めた瞬間

◆優勝した山田中・山田主将の話
「(7試合すべてに登板して)この夏は暑くて本当にしんどかったけど、足がつったりしなかったのは、3月に肘を故障した時に1カ月間走り込んで体力をつけた成果だと思う。そのおかげで、相手チームと戦うことだけに集中できた。決勝戦でピンチに2回マウンドに集まった時は、ベンチから『1つ、1つ、アウトをとろう』と伝えてくれたので、バックを信頼して投げることができた」

優勝投手、山田中・山田主将

「近畿大会でもあまり先を見ず、1つのストライク、1つのアウトをしっかりとる、いつも通りの野球をするだけ。さっきミーティングで加川監督から『下山の理論』(山の頂点に立っても、次の頂点にはそのまま平行移動することができない。新しい山には必ず一度下山してから挑む、という考え方)の確認があった。この優勝で浮かれず一度気持ちをリセットして、次の大会で戦おうと思う」

◆準優勝した佐井寺中・森川主将の話
「山田中には春の三島大会でタイブレークで勝利していて、やってくることもわかっていたつもりだったが、負けてしまって悔しい。でも、できることはやりきった。近畿大会では絶対に勝ってやり返したい。対戦は決勝戦になるので、勝って全国へ行きたい」

4回裏、内野安打で出塁した佐井寺中の4番・森川主将が、立て続けに二盗、三盗を決めた。佐井寺中は敗れはしたが、機動力では山田中に勝っていた

「佐井寺中の近畿大会出場は、僕たちが生まれた2003年以来。朝練やナイター練など、どこのチームよりも練習してきたという気持ちがあるので、初の全国大会出場を目指してチームワークで戦う」

佐井寺中のみんなが認める ‘エーススコアラー’ の山下君。まるで後から清書したかのような美しい文字。「チャンスでは、打ってくれるだろうな、と願いながら書いています」

吹田一中OB 懐かしい顔 第100回選手権記念 南・北大阪大会 入場行進

みなさん、こちらは朝日新聞千里販売のおかちんです。

7月7日に開幕した「第100回全国高校野球選手権記念 南・北大阪大会」より。入場行進に吹田一中OBの懐かしい(は言い過ぎ?)顔がありました。その中から数名をご紹介。

脇坂峻士君(上宮高校2年、左から2番目)。

中学3年生時の脇坂君。相手打者に考える間を与えないアップテンポな投球が特徴でした。

後藤田晶也君(上宮高校1年、脇坂君の左)。今大会、同校の1年生で唯一背番号を受けました。

中学3年生時の後藤田君。脇坂君をほうふつとさせる投打の力がありました。

ブログバナー広告募集
北摂地域を中心とした北大阪エリアがターゲットの千里あさひくらぶブログに、無料でバナー広告を掲載できます。おかちんを通じて朝日新聞を新規ご購読いただけると、購読期間中に適宜広告を表示します。広告画像制作費等も一切不要。おかちんまでお気軽にお問い合わせください

馬原恵士君(明星高校2年)。

高身長と長い手足を生かした長打力が魅力でした。現在は投手も務めます。

あの頃まるで昨日のことのようです。(2016年7月23日)

「記者ならではのプレゼント進呈」2018夏・朝日キャンペーン
お気軽におかちんへお問い合わせください
取材ご依頼受付中
スポーツ大会・イベントなどをおかちんが無料で取材します。ご希望の方はおかちんまで電子メールなどでお知らせください ●催しや団体、学校、人などが対象 ●掲載媒体はブログまたは紙面、または両方 ●先着順ではありません ●内容等によってお断りする場合がありますがご了承ください。

岸部つくしクラブ出身 多田君との再会など 第50回 吹田連盟旗大会のスタンドで

みなさん、こちらは朝日新聞千里販売のおかちんです。

4月30日、吹田市の桃山台グラウンドで「第50回 吹田市連盟旗大会(中学の部)」が開催されました。(内緒ですが、事務仕事の合間に抜け出して来たため)撮影はしていませんが、そこで出会った2つのエピソードをお届けします。

広告募集

1 南千里中が強豪山田中をタイブレークで下す!

市内のみならず近年は府内外でもその強さを轟かせる山田中を、南千里中がタイブレークの末に下しました。南千里中は0―1の7回、千里新田ファイターズ出身の山口君に値千金の同点打が飛び出しました。タイブレークでは、その勢いのまま相手守備のミスを誘うなどして得点を重ねました。

第83回春季千里ニュータウン大会で準優勝した千里新田ファイターズ。山口君は中列右から2番目(2015年4月29日・万博少年野球場)

その山口君、ファイターズ時代はいつも他の選手(特に田村君)の陰に隠れる目立たない存在でした。それが今回、ここ一番で大仕事をやってのけました。

表彰式にて。山口君は一番右(その左が田村君)

「おかちんさん、僕、やりましたよ!」 満面の笑顔で報告してくれました。おかちんはこの試合を観ていませんでしたので、自分のほっぺたをつねってしまいました。

3回戦の相手も強豪の吹田一中です。ここでも山口君は「まさか!?」の活躍を見せてくれるのでしょうか。

2 岸部つくしクラブOB・多田君と再会

本大会は1回戦で敗退してしまいましたが、吹田片山南クラブの多田君とスタンドで久しぶりに再会しました。多田君は岸部つくしクラブ出身。2016年2月に行われた吹田西部連盟主催「オールスター大会」での活躍が思い出されます。多田君が選抜された吹田西部連盟Aと、優勝候補だった吹田東部連盟Bが対戦した試合です。

先攻の東部Bマウンドには、その年度のオリックスジュニアに選ばれた山田西リトルウルフの大エース飯田君が登りました。後攻の西部Aは吹田TNのエース長谷川君です。

広告 おゆば

予想通り、両投手の投げ合いになりました。長谷川君はまるで仏像のようなほとんど動きのない投球フォームから、とても重たい速球を投げ込みました。7回まで無四球、被安打3。好守にも助けられて無失点で抑えきりました。

ほとんど動きのないピッチングフォームはまるで仏像。吹田TN長谷川君(2016年2月7日・万博少年野球場)

一方飯田君は、まるで風車のように身体を目いっぱい使うフォーム。矢のような速球で打者たちを手玉に取り、6回まで被安打2、無失点と圧巻の投球でした。

東部Bの先発、飯田君(山田西リトルウルフ)

しかし7回、一死から安打を許すと、続く打者を四球で歩かせてサヨナラのピンチを招きます。東部B中濱監督(ウルフ)はマウンドを同じくウルフの渡辺君に任せました。

広告 Softbank
リリーフのマウンドに登った山田西リトルウルフ渡辺君

ここで打席に立ったのが、8番DHで出場の多田君。正直地味な選手で、ここまでの2打席はともに一塁ゴロといいところがありませんでしたが、梶村監督(吹田TN)は強打を指示しました。多田君はその期待に見事に応え、外角球を逆らわずに振り切ってレフト前へ。1死満塁とチャンスを大きく広げました。

レフトへ流し打ちする多田君。最外角球の理想的なスイングともいえる。短く持ったバットによくぞ当てた

このチームバッティングが奏功し、2死の後、1番山藤君(吹田TN)の内野ゴロがサヨナラエラーを誘いました。梶村監督がこの大会を最後にチームのユニフォームを脱ぐことが決まっていたこともあり、グラウンドとスタンドは歓喜、感涙の嵐となりました。

エラーによるサヨナラに複雑な表情の山藤君(吹田TN)
勝利して涙を流す西部Aの選手たち

梶村監督(吹田TN)
試合後の集合写真。多田君は後列右から2番目

先日再会した多田君は(男前度が増したこともあり)当時の面影は余りありませんでしたが、今は投手として活躍しているそうです。

ひとこと「秋の朝日旗北大阪大会で頑張ります」 小さい声ながら力強く意気込みを伝えてくれました。その日、マウンドの勇姿が撮れるのを今から楽しみにしています。

本大会で西部Aは準優勝した(写真:塔下さんご提供)
取材ご依頼受付中
スポーツ大会・イベントなどをおかちんが無料で取材します。ご希望の方はおかちんまで電子メールなどでお知らせください ●催しや団体、学校、人などが対象 ●掲載媒体はブログまたは紙面、または両方 ●先着順ではありません ●内容等によってお断りする場合がありますがご了承ください。