‘良い子ちゃん’ だった吹田市が‥ はじけ中 すいたハロウィンフェス開催10月28日・29日

みなさん、こちらは朝日新聞千里販売のおかちんです。

今日(10月18日)自宅の郵便受けに、とても目を引くチラシが入っていました。10月28日(土)・29日(日)に吹田市旭通商店街で開催される『すいたハロウィンフェス(市後援)』のお知らせです。

「すいたハロウィンフェス」チラシ。公式サイトより転載。
取材リクエスト募集中
スポーツ大会・イベントなどを千里あさひくらぶが無料で取材します。ご希望の方はおかちんまで電子メールツイッターDMでお知らせください ●催しや団体、学校、人などが対象 ●掲載媒体はブログまたは紙面、または両方 ●先着順ではありません ●内容等によってお断りする場合がありますがご了承ください。

キャッチコピーは「コスプレもライブも! 吹田をもっと好きになる2日間!!」。チラシ中央に、ミニスカートのメイド服でコスプレした大学生くらいの女性がでっかく掲載されていてインパクト大です。その周囲には各イベントのラインナップ。吹田駅前がコスプレイヤーでいっぱいになる「コスプレパーティー」コスプレナンバーワンは誰の手に!!「ハロウィンコンテスト」現役アイドルが吹田駅前に登場!「アイドルライブショー」などなど、どれも盛り上がりそうで期待大。ハロウィン本来の意味は? と突っ込まれそうですが、わが国はクリスマスもバレンタインも自分流にアレンジしております。

吹田市ではこの夏の『吹田まつり』で、水鉄砲バトル「スプラッシュパーティー」を初開催しました。「市報すいた」の表紙に思わせぶりな写真を掲載して告知したこともあり、当日は会場に入りきれないほどの来場者があったとか。この件については、吹田市が公式サイトで「お詫び」を出すほどです。

第48回吹田まつり その4 Photagram 2017.7.30(by mamoru.yamada)より転載

吹田のまちは「住みやすい」「治安が良い」「都心部の近くとしては緑が多い」など、市内外からたくさんの評価を得ています。でも、特徴は? と聞かれると「……」。おかちんは考え込んでしまいます。何となく「いつも平均点からちょっと上でいる良い子ちゃん」なイメージなのです。

それが近年、吹田はまちのPRを ‘攻め’ に転じています。スプラッシュパーティー、ハロウィンフェス、いずれもUSJの影響を感じなくもないですが、これまでの吹田なら、きっと企画段階で「アウト」なイベントでしょう。「突出した特徴が無いんやったら、しがらみも先入観も無く何でもできるやん! 面白そうなこと何でも取り入れてみよう!」 そんな勢いのある声が聞こえてくるようです。

おかちんは今から、撮影に行きたい気持ちでムズムズしています!

「ランコー」? そんなもんじゃない

みなさん、こちらは朝日新聞千里販売のおかちんです。

少年野球でときどき、攻守交代時にランナーコーチに入るのを忘れる場面を見かける。ベンチで監督やコーチが「だれかランコーいけ!」と叫ぶあれだ。でも、低学年の試合やベンチ入り人数が少ないチームを除き、ランナーコーチは「だれか」に行かせるものではないと思う。(写真は内容とは関係ありません)

広告 SPORTYS AUTHORITY

極端な例かも知れないが、プロ野球では入る人が決まっているし、高校野球でも強豪チームには ‘専門家’ がいる。あの龍谷大平安高校では、「平安の三塁ランナーコーチ」になりたくて進学先に選ぶ人もいるくらいだ。

そもそも、役割はそんなに簡単ではない。

一塁ランナーコーチは、打者走者へ二塁進塁の可否を伝え、一塁走者へアウトカウントや状況の確認をし、二塁走者へはリード幅の指示、時には、デッドボール時のコールドスプレーを吹きかける大役まで?担う。三塁ランナーコーチは、本塁突入の判断をはじめ、犠牲フライのゴーサインなど、その指示は得点に直結し、チームの勝利を担うと言っても過言でもない。

以上はほんの一部で、これだけでも「だれか」に任せられるものではないことがわかる。

おかちん的視点だが、近年定着した「ランコー」と略す呼び方はどうなのか。「役職が人を育てる」という言葉がある。例えば「○○(名前)、一塁ランコーいけ!」と言われるより、「○○、一塁ランナーコーチまかせた!」の方が、子どもは自覚を持ってコーチャーズボックスに立てるのではないだろうか。

昨年度(2016年)府大会で優勝し、マクドナルドトーナメント全国大会に出場して「史上最強」と呼ばれた山田西リトルウルフには、三塁ランナーコーチの名手、其田誉人くんがいた。彼は、喉の病気を押して声を絞り出しながら、全身全霊で走者を本塁へ導いていた。その姿は多くの人の感動を呼んだ。

IMG_5011-1

仕事がら、ベンチのすぐそばでたくさんの試合を見て来たおかちんだが、ランナーコーチの入り忘れが無いチームには良いチームが多いと感じている。

敵を知り、味方を知れば、的確な指示が出せる。そうなればお世辞でも何でもなく、ランナーコーチは10人目、11人目のレギュラー選手だ。

朝日新聞新規ご購読キャンペーン
期間中、おかちんを通じて朝日新聞を新規ご契約の方に「オリジナル撮影データ」と「フォトフレーム入りA3サイズ写真パネル(写真4枚まで組み合わせ可)」をもれなく進呈。ご希望の方はおかちんまで。 ●ご購読開始日・地域の制限はありません ●ブログ未掲載写真からも選択可 ●ブログ掲載写真は容量の関係でサイズ・画質をダウンしています。
取材リクエスト募集中
スポーツ大会・イベントなどを千里あさひくらぶが無料で取材します。ご希望の方はおかちんまで電子メールツイッターDMでお知らせください ●催しや団体、学校、人などが対象 ●掲載媒体はブログまたは紙面、または両方 ●先着順ではありません ●内容等によってお断りする場合がありますがご了承ください。