阪神タイガースの「一平ちゃん」こと小川一平選手、「お兄さん」こと小幡竜平選手がやって来た! 佐竹台ストロングアロー体験会

吹田市立佐竹台小学校の校庭で12月12日、少年軟式野球のクラブチーム、佐竹台ストロングアローの体験会が、日本プロ野球選手会と日本マクドナルドの協力で開かれました。なんとなんと、スペシャルゲストとして、阪神タイガースの小川一平選手[66]小幡竜平野手[38]が来てくれました。

体験会終了後に小川一平選手(左)と小幡竜平選手を、佐竹台ストロングアローの部員が囲んで記念撮影

ゲストの球団・選手名は、登場するまで誰にも明かされていませんでした。

日刊スポーツデイリースポーツスポーツニッポンの記者・カメラマンが注目するなか、開会式で『六甲おろし』のBGMが流されると、縦じまのユニフォームを着た小川、小幡両選手が、校舎の階段から颯爽と下りてきました。子どもたちからは、絶叫のような歓声と拍手喝采が。まるで、甲子園のライトスタンドのような盛り上がりようでした。

六甲おろしのBGMに乗り、校舎からまさかの登場。これは夢なのか!?
憧れのプロ野球選手を目の前にして、歓声と拍手の子どもたち
スラリとカッコよすぎる小川選手(左)と小幡選手。マスクを着けているのがもったいないくらいの男前だ
小川一平選手(投手)

24歳の小川選手は、2019年入団の投手。今年9月のヤクルト戦で初勝利をあげた、将来の先発ローテーション候補です。ニックネームは、焼きそばの一平ちゃんから「一平ちゃん」。

小幡竜平選手(野手)

21歳の小幡選手は、2018年入団の野手。今季はサード、セカンド、ショートを守り、10割近い守備率を誇ります。セールスポイントの守備力と走力を生かして、数々の勝利に貢献しました。ニックネームは、お笑い芸人「おばたのお兄さん」から「お兄さん」

体験に参加してくれたのは、地域の小学生男女19人。両選手、ストロングアローの部員たちと一緒に、リアル野球盤、ストラックアウト、ベースランニングリレーを楽しみました。

緊張気味の子どもたちの気持ちをほぐそうと、目線を下げて話しかける小川選手
一平ちゃんからボールをリレーされるなんて、幸せもんだな!
ベースランニングリレーで、体験者のボールを受け取ろうとする小幡選手

リアル野球盤では、ここ一番の勝負強いバッティングにも定評がある小幡選手が、見事なアーチを幾筋も描いて、子どもたちの目を丸くさせていました。

ティースタンドをぶっ飛ばす小幡選手の豪快なホームランに、子どもたちが驚きの表情

ストラックアウトでは、マックス153キロの小川選手が、慣れない柔らかなボールながら、見事9枚中6枚抜きを達成。その剛速球と確かなコントロールに、子どもたちは憧れの眼差しを向けていました。

自己最速153キロの小川選手によるストラックアウト。さすがの9枚中6枚抜き!(カメラマンの目測ではこの日、時速140キロ前後)

ストラックアウト終了後、小川選手が小幡選手に、こそっと「オレ6枚だったけど、何枚抜いた?」と張り合う、微笑ましい姿も見られました。

ストラックアウトの様子を見守る小幡選手
ストラックアウトを体験する子どもにボールを手渡す小幡選手
ストラックアウトに挑戦する小幡選手。体験の子どもがフォームを真似ていた
体験者のスイングを真剣に見つめる小幡選手
「ナイスバッティング!」一生の思い出に残るシーン(小幡選手)
「すげえ~!」「どこまで飛ぶんや!?」小幡選手の打ったボールの行方を追う参加者たち
さすが女子のクラブチームを持つ阪神。女子選手への丁寧なコミュニケーションが目立った(小川選手)
「上手だね。これからもがんばってね」体験の女の子に優しく声をかける小幡選手
ストラックアウトで選手の投球フォームに真剣な眼差しの小幡選手
来季は「二刀流宣言」!? 小川選手が美しいスイングを見せてくれた。小幡選手とは対照的に、ティースタンドは微動だにしなかった。それにしても足が長い!
ホームランを放ち、ベンチ前でハイタッチの後、思わずカメラにキメポーズ!
少年野球サイズのバッターボックスでは収まり切らない豪快なスイング(なのに、ティースタンドが動かないのが不思議だった)
一発の後の一杯はうまい!

体験会が終わると参加したみんなは「プロ野球選手が近くで観られてよかった!」「野球っておもしろい! また投げたり打ったりしたい!」と満面の笑みを見せていました。

体験会後、小川選手と小幡選手が、参加してくれた子どもたちと記念撮影

佐竹台ストロングアローは、主に佐竹台小と高野台小の子どもたちが入部しています。見学・体験はいつでも受け付けていますので、お気軽に公式サイトからお問い合わせください。小学校で、お子さんがストロングアローの部員に声をかけてもらうのもOKです。

取材ご依頼受付中
スポーツ大会・イベント・クラブ活動・地域活動などをおかちんが無料で取材します。ご希望の方は電子メールなどでお知らせください ●催しや団体、学校、人、店などが対象 ●掲載媒体はブログまたは紙面、または両方 ●先着順ではありません ●内容等によってお断りする場合があります。

珍しい、親子「顔出し」共演! 吹田の人、人形浄瑠璃文楽の吉田一輔さん・簑悠さん メイシアターで10月11日

日本の伝統芸能、人形浄瑠璃文楽(にんぎょうじょうるりぶんらく/以下、文楽)では大変珍しい親子共演が、2021年10月11日に吹田メイシアターで行われます。吹田市在住の吉田一輔(よしだ・いちすけ)さんと、息子の吉田簑悠(よしだ・みのひさ)さんが、それぞれ主役として相手役を務めます。

(C)桂 秀也

文楽とは、とても簡単に言ってしまえば、ストーリーテラー兼、声優である「太夫(たゆう)」の声と、BGMである「三味線(しゃみせん)」の音に乗せた人形芝居です。何といってもユニークなのは「1体の人形を3人掛かりで操る」ところです。

(1)人形のかしら(首)と右手を操る「主遣い(おもづかい)」の人。
(2)人形の左手を操る「左遣い」の人。
(3)人形の両足を操る「足遣い」の人。

この3人で、息をピッタリ合わせます(左手だけに1人が必要とは、なんて贅沢!)。3人だからこそ、1人では不可能な複雑な動きや、豊かな感情表現ができるのです。

今回、一輔さんと簑悠さんは、ともに主遣いを担います。なお、主遣いの人だけが黒い頭巾(ずきん)を被らず、素顔を見せるのもユニーク。一輔さんいわく「操る人間は、極力表情を出さないのが基本ですが、感情がこもる場面では思わず…」と明かします。

人形浄瑠璃文楽 配信プロジェクト(ABCテレビ)

人形浄瑠璃文楽とは(日本芸術文化振興会)

広告 千里庵

    

 一輔さん(ちなみにお2人とも芸名)によると「人形遣いの修業は、足(遣い)15年、左(遣い)15年とも言われる非常に長い道のり」です。

通常は、足遣い、左遣いの下積みを経て、主遣いに ‘ステップアップ’ します。そのため、師匠や親が主遣いの舞台では、弟子や子は足を遣うのが普通です。

ですから今回、キャリア38年目の一輔さんと、7年目の簑悠さん「揃っての顔出し」は、キャリア的にも、親子関係という意味でも、大変珍しいのです。

    

 実は8月7日、国立文楽劇場で一足先に、一輔・簑悠親子の初共演が実現しています。(一輔さんは、お父さんの桐竹一暢(きりたけ・いっちょう/故人)さんと、国立文楽劇場での共演は1度もありません)

その日の夜、帰宅した簑悠さんは一輔さんに「今日の芝居は如何でしたか」と意見を求め、細部について指導を仰いだそうです。

これも珍しいことで、一輔さんは「2人は簑助(人間国宝・吉田簑助)の弟子で、兄弟弟子という関係ではありますが、親子ということもあり、普段は楽屋でも細かな指導を行うことはほとんどありません。芝居の上達は『遠回りが一番の近道』で、手取り足取り教えても、本人にとって何も良いことはありませんから」と厳しい顔を覗かせます。

初の親子共演を果たした吉田一輔さん(左)と簑悠さん(2021年8月7日、国立文楽劇場の楽屋。写真の一部加工)

でも今回は「相手役になりますので、そこは遠慮なく、簑悠もここぞとばかりにどんどん聞いてきます。こちらとしてもうれしいですし、自らも気の引き締まる思いです」と本心を聞かせてくれました。

一方、簑悠さんは「父は目標であり、尊敬する兄弟子です。普段は何も言わなくても、私が演じる舞台をさりげなく袖から観てくれているのも感じていますし、感謝しています」と、静かな絆の強さを感じさせます。

    

 今回の上演は『傾城(けいせい)阿波の鳴門・順礼歌の段』。長年離ればなれだった母(お弓=一輔さん)と娘(おつる=簑悠さん)が涙の再会。わが子を思う母親の愛情と葛藤を描く名場面です。

(C)桂 秀也

一輔さんは「実の親子が親子役を演じることで、本当の親子の情愛が、より鮮明に表現できるのではないかと楽しみにしております」

簑悠さんは「今回、生まれ育った吹田の地で、こうして親子で共演させていただけることを本当にうれしく思います。地元の皆様へ感謝の気持ちを込めて、より一層成長できるような舞台にします」と話します。

親子共演のチラシ(吹田市文化会館メイシアター)

メイシアター チケット購入サイト(外部サイト)


吉田一輔(父)
【芸歴】
昭和58年 父、桐竹一暢に入門、桐竹一輔と名のる(13歳)
昭和60年 4月 国立文楽劇場で初舞台
平成16年 5月 三代吉田簑助門下となり、吉田姓を名のる
【受賞歴】
平成17年 4月 第33回(平成16年)文楽協会賞
平成19年 1月 平成17年度因協会奨励賞
平成21年 4月 第28回(平成20年)国立劇場文楽賞文楽奨励賞
平成22年 2月 平成21年度咲くやこの花賞
平成22年 8月 大阪文化祭賞奨励賞
平成24年11月 十三夜会賞
平成25年 9月 平成25年度大阪文化祭グランプリ
令和 2年 3月 令和元年度大阪文化祭賞<第一部門>

吉田簑悠(息子)
【芸歴】
平成25年11月 吉田簑助に入門、研究生となる(17歳)
平成26年 4月 吉田簑悠と名乗る
平成26年11月 国立文楽劇場で初舞台
【受賞歴】
令和 2年 3月 令和元年度大阪文化祭賞<第一部門>

広告 アトリエ千秋

豊島小で新聞授業 パワーズがおかちんに気づく

豊中市服部西町の市立豊島(てしま)小学校で今日(12月19日)、5年生2クラスを対象に、新聞を使った「まわしよ新聞」の授業を行いました。授業前の自己紹介の時、複数の児童たちから「(豊島パワーズの)卒部式に取材に来てた人や!」の声。もう2年近く前のことなのに、おかちんをしっかり覚えてくれていて驚きました。ありがとうね。

と言うことで、2018年3月11日に同小で行われた、豊島パワーズの卒部式のようすです。

ブログバナー広告募集
千里地域をがターゲットの千里あさひくらぶブログに、無料でバナー広告を掲載できます。おかちんを通じて朝日新聞を新規ご購読いただけると、購読期間中に適宜広告を表示します。広告画像制作費等も一切不要。おかちんまでお気軽にお問い合わせください

広告 はじめて補聴器

広告 はじめて補聴器

取材ご依頼受付中
スポーツ大会・イベント・クラブ活動・地域活動などをおかちんが無料で取材します。ご希望の方は電子メールなどでお知らせください ●催しや団体、学校、人、店などが対象 ●掲載媒体はブログまたは紙面、または両方 ●先着順ではありません ●内容等によってお断りする場合があります。