熟考中 千里あさひくらぶブログのあり方 ⇒ 結論でた

みなさん、こちらは朝日新聞千里販売のおかちんこと岡野です。

最近、こちら「千里あさひくらぶブログ」のあり方についてよく考えています。(写真はイメージ)

ブログは最初、たぶん2010年頃だったと思いますが、アメーバブログで立ち上がりました。千里あさひくらぶスタッフの活動報告や、イベントのお知らせがメーン記事だったと思います。当時は別の女性スタッフが担当していました。

それが2012年頃に担当が私に変わり、少年野球~高校野球の記事がメーンになりました。私が少年野球部(津雲台)出身だったのと、「朝日=野球」だろう、ということからです。もちろん、朝日新聞千里販売が「朝日旗大会」を主催・後援していることもありました。なにより、おかちんは野球(特にアマチュア)が大好きなんです。

3年半ほど前に、アメーバブログから現在の形(ワードプレスというブログの仕組みを利用しています)に移しましたが、それ以降もやっぱり、メーン記事が野球であることは変わっていません。

そして今、「千里あさひくらぶ」の目指す形ってなんだろうか、と歩みを止めて考えています。

「やっぱり、地域のいろいろな立場(職業、趣味、クラブ活動、地域活動、学習など)のみなさんに関心を持ってもらったり、好きになってもらえることが一番だな」と。

そこで今後は、野球の記事はおかちんの個人的なブログ(たとえば「おかちんの野球ブログ」というようなタイトル。安直だな)に移し、さまざまな地域の話題や、会社の活動などは「千里あさひくらぶブログ」で取り上げていく。それがベストではないか、と考えています。ブログを2つ作るわけです。ちょっと堅苦しい言い方だけど、公私混同しないためでもあります。

結論が出たら、またお伝えします。よろしくお願いします。

書いた後、2分で決めました。こちらのブログは、今日からおかちんの私的なブログにします。だから、完ぺきに野球記事がメーンです。地域情報や朝日新聞千里販売の活動を発信するブログは新たに作ります。

おわかりいただけただろうか… おかちん『深イイ話』デビュー!?

みなさん、こちらは朝日新聞千里販売のおかちんこと岡野です。

10月1日(月)に放送されたテレビ番組『人生が変わる1分間の深イイ話』で、東京都のエイベックス社屋がレポートされました。その中で吹田市の地元アイドル「さつきピューレ」の元メンバーである社員さんが紹介された時、おかちん撮影の写真が一瞬だけ使われました。

(番組タイトルより転載)
(テレビ画面をデジタルカメラで撮影)

おわかりいただけただろうか…

これが、おかちんの深イイ話デビューとでも言うのだろうか…

取材ご依頼受付中
スポーツ大会・イベント・クラブ活動・地域活動などをおかちんが無料で取材します。ご希望の方は電子メールなどでお知らせください ●催しや団体、学校、人、店などが対象 ●掲載媒体はブログまたは紙面、または両方 ●先着順ではありません ●内容等によってお断りする場合があります。

「あなたは千里のパウル君か!」 サッカーW杯 日本代表予選リーグの成績大的中! 千里のフリーライターのAKIRA氏 月刊千里あさひくらぶ7月号で

みなさん、こちらは朝日新聞千里販売のおかちんです。

サッカーW杯ロシア大会の予選リーグ。日本代表が決勝トーナメント進出を決めました。日本は1勝1敗1分の2位で組を通過しましたが、その結果を、Jリーグ・ガンバ大阪の熱心なサポーターで千里のフリーライター・AKIRA(山本晶)氏が、月刊千里あさひくらぶ7月号で見事的中させました!

AKIRA氏のW杯予想が書かれた記事(2018年7月号より)

今回、サッカーは特に詳しくないおかちんも、なぜか周囲の人たちから予想を聞かれました。日本が1試合目を勝利した時点で、残りの相手(セネガル、ポーランド)とのFIFAランク差から「2戦目は引き分け、3戦目は敗退。でもリーグ突破」と話していました。ズバリその通りになりました。もちろんこれは、AKIRA氏予想の「受け売り」です。

今日からAKIRA氏のことを、2010年・W杯南アフリカ大会でドイツの勝敗をすべて的中させたタコにならい「千里のパウル君」と呼ぶことにしました。

ちなみにAKIRA氏の決勝トーナメントの予想は… 残念ながら敗退となっています。

AKIRA氏のFacebookページ

北海道には「ラビオ君」まで登場


(参考)AKIRA氏 月刊千里あさひくらぶの取材記事。2016年9月号

ブログバナー広告募集
千里地域をがターゲットの千里あさひくらぶブログに、無料でバナー広告を掲載できます。おかちんを通じて朝日新聞を新規ご購読いただけると、購読期間中に適宜広告を表示します。広告画像制作費等も一切不要。おかちんまでお気軽にお問い合わせください