津雲台少年野球クラブが全国デビュー? 今夜19時TBSテレビをチェック!

みなさん、こちらは朝日新聞千里販売のおかちんです。

吹田東部少年野球連盟所属の「津雲台少年野球クラブ」が今夜、全国デビュー? します。19時(夜7時)からTBSテレビで放送される『珍種目No.1は誰だ!? ピラミッドダービー』の「天才中学生VS元日本代表バレーボール対決」コーナーに登場する予定です。

広告 SPORTYS AUTHORITY

同クラブの紫和修多くん(6年)のお父さんが、今回出演するバレーボール元日本代表セッターの紫和昌修氏(日本代表wikiVリーグの成績)ということで、部員たちがスタンドから試合を応援したとのことです。「チラッ…」と映るか、「バッチリ!」映るかは観てのお楽しみ!

紫和修多くんの写真をお届けします。(6月17日山田西リトルウルフ戦)

山手台サニーズ出身 西澤元希君が全米大会日本代表に選出!

みなさん、こちらは朝日新聞千里販売のおかちんです。

北摂地域にビッグニュース! 茨木市の少年野球チーム山手台サニーズ出身で、現在は硬式野球チーム北摂リトルシニアに所属する西澤元希君(中学3年)が、7月19日~27日にアメリカ イリノイ州クリスタルレイクで開催される「MCYSA全米選手権大会2017」の日本代表メンバーに選出されました! アメリカ合衆国・ブラジル・カナダ・プエルトリコ、そして日本を含めた計5カ国で優勝を争う、メジャーリーグも注目の大会です。

広告 SPORTYS AUTHORITY
朝日旗千里NT大会。試合前のジャンケンをする西澤君(左)(2014年5月)

西澤君は、小学4年生時から6年生にまじって試合に出場するなど、将来を嘱望されたまさにホープでした(第36回朝日旗千里NT大会に当時4年生の西澤君が登板した記事)。その後はメキメキと実力をつけるだけでなく、その落ち着いたたたずまいから、6年生時には誰からも信頼をおかれる主将としてチームをまとめあげました。

リリースの瞬間まで捕手を見ないで投げるピッチャーはたまにいるが、西澤君は「スリーピング投法」とも名付けられそうな、まるで眠っているかのように目をつむっての投球。よくこれでコントロールできるな、と感心したものだ。朝日旗北大阪大会(2014年12月)。
引き付けて一番ベストな位置でボールを叩く打撃の技術もピカイチだった。速いスイングスピードのたまものだ。朝日旗北大阪大会(2014年12月)。
朝日旗千里NT大会の試合後(2014年5月)。西澤君は後列中央。
試合後、仲間たちと一緒に勝利の笑顔。朝日旗千里NT大会(2014年5月)
朝日旗北大阪大会(2014年12月)
試合終了後、ホームベースの上で相手チームのキャプテンと握手をする西澤君。朝日旗北大阪大会(2014年12月)

今回の得難い経験を生かし、西澤君はさらなる成長を見せてくれるでしょう。北摂の太陽が全米を照らす日が待ち遠しいです。

なお山手台サニーズは、現在開催中の第41回朝日旗千里NT大会で、片山南少年野球クラブ、佐竹台ストロングアローら強豪を下してベスト4。今月24日には決勝進出をかけ、同じく茨木市の浜一タイガースと対戦します。勝てばサニーズ初の朝日旗決勝進出。大注目の一戦です。

第41回朝日旗千里NT大会トーナメント表(6月23日現在。吹田東部連盟公式サイトより転載)