2022年(令和4年)新聞休刊日一覧|朝日新聞千里販売

朝日新聞千里販売より休刊日のお知らせ

2022年(令和4年)の下記日程は、朝刊をお休みいたします。また夕刊は、日曜祝日の他に、年末年始の一定期間をお休みいたします。

 1月 2日(日)
 2月14日(月)
 3月14日(月)
 4月11日(月)
 5月 9日(月)
 6月13日(月)
 7月11日(月)
 8月 8日(月)
 9月12日(月)
10月11日(火)
11月14日(月)
12月12日(月)

※上記日程でも朝日新聞デジタルは更新します。
※国政選挙、その他の事態により変更する場合があります。
※定義上の「新聞休刊日」は上記日程の前日になります。
※夕刊お休み期間は、例年12月下旬に広告などでお知らせしています。

珍しい、親子「顔出し」共演! 吹田の人、人形浄瑠璃文楽の吉田一輔さん・簑悠さん メイシアターで10月11日

日本の伝統芸能、人形浄瑠璃文楽(にんぎょうじょうるりぶんらく/以下、文楽)では大変珍しい親子共演が、2021年10月11日に吹田メイシアターで行われます。吹田市在住の吉田一輔(よしだ・いちすけ)さんと、息子の吉田簑悠(よしだ・みのひさ)さんが、それぞれ主役として相手役を務めます。

(C)桂 秀也

文楽とは、とても簡単に言ってしまえば、ストーリーテラー兼、声優である「太夫(たゆう)」の声と、BGMである「三味線(しゃみせん)」の音に乗せた人形芝居です。何といってもユニークなのは「1体の人形を3人掛かりで操る」ところです。

(1)人形のかしら(首)と右手を操る「主遣い(おもづかい)」の人。
(2)人形の左手を操る「左遣い」の人。
(3)人形の両足を操る「足遣い」の人。

この3人で、息をピッタリ合わせます(左手だけに1人が必要とは、なんて贅沢!)。3人だからこそ、1人では不可能な複雑な動きや、豊かな感情表現ができるのです。

今回、一輔さんと簑悠さんは、ともに主遣いを担います。なお、主遣いの人だけが黒い頭巾(ずきん)を被らず、素顔を見せるのもユニーク。一輔さんいわく「操る人間は、極力表情を出さないのが基本ですが、感情がこもる場面では思わず…」と明かします。

人形浄瑠璃文楽 配信プロジェクト(ABCテレビ)

人形浄瑠璃文楽とは(日本芸術文化振興会)

広告 千里庵

    

 一輔さん(ちなみにお2人とも芸名)によると「人形遣いの修業は、足(遣い)15年、左(遣い)15年とも言われる非常に長い道のり」です。

通常は、足遣い、左遣いの下積みを経て、主遣いに ‘ステップアップ’ します。そのため、師匠や親が主遣いの舞台では、弟子や子は足を遣うのが普通です。

ですから今回、キャリア38年目の一輔さんと、7年目の簑悠さん「揃っての顔出し」は、キャリア的にも、親子関係という意味でも、大変珍しいのです。

    

 実は8月7日、国立文楽劇場で一足先に、一輔・簑悠親子の初共演が実現しています。(一輔さんは、お父さんの桐竹一暢(きりたけ・いっちょう/故人)さんと、国立文楽劇場での共演は1度もありません)

その日の夜、帰宅した簑悠さんは一輔さんに「今日の芝居は如何でしたか」と意見を求め、細部について指導を仰いだそうです。

これも珍しいことで、一輔さんは「2人は簑助(人間国宝・吉田簑助)の弟子で、兄弟弟子という関係ではありますが、親子ということもあり、普段は楽屋でも細かな指導を行うことはほとんどありません。芝居の上達は『遠回りが一番の近道』で、手取り足取り教えても、本人にとって何も良いことはありませんから」と厳しい顔を覗かせます。

初の親子共演を果たした吉田一輔さん(左)と簑悠さん(2021年8月7日、国立文楽劇場の楽屋。写真の一部加工)

でも今回は「相手役になりますので、そこは遠慮なく、簑悠もここぞとばかりにどんどん聞いてきます。こちらとしてもうれしいですし、自らも気の引き締まる思いです」と本心を聞かせてくれました。

一方、簑悠さんは「父は目標であり、尊敬する兄弟子です。普段は何も言わなくても、私が演じる舞台をさりげなく袖から観てくれているのも感じていますし、感謝しています」と、静かな絆の強さを感じさせます。

    

 今回の上演は『傾城(けいせい)阿波の鳴門・順礼歌の段』。長年離ればなれだった母(お弓=一輔さん)と娘(おつる=簑悠さん)が涙の再会。わが子を思う母親の愛情と葛藤を描く名場面です。

(C)桂 秀也

一輔さんは「実の親子が親子役を演じることで、本当の親子の情愛が、より鮮明に表現できるのではないかと楽しみにしております」

簑悠さんは「今回、生まれ育った吹田の地で、こうして親子で共演させていただけることを本当にうれしく思います。地元の皆様へ感謝の気持ちを込めて、より一層成長できるような舞台にします」と話します。

親子共演のチラシ(吹田市文化会館メイシアター)

メイシアター チケット購入サイト(外部サイト)


吉田一輔(父)
【芸歴】
昭和58年 父、桐竹一暢に入門、桐竹一輔と名のる(13歳)
昭和60年 4月 国立文楽劇場で初舞台
平成16年 5月 三代吉田簑助門下となり、吉田姓を名のる
【受賞歴】
平成17年 4月 第33回(平成16年)文楽協会賞
平成19年 1月 平成17年度因協会奨励賞
平成21年 4月 第28回(平成20年)国立劇場文楽賞文楽奨励賞
平成22年 2月 平成21年度咲くやこの花賞
平成22年 8月 大阪文化祭賞奨励賞
平成24年11月 十三夜会賞
平成25年 9月 平成25年度大阪文化祭グランプリ
令和 2年 3月 令和元年度大阪文化祭賞<第一部門>

吉田簑悠(息子)
【芸歴】
平成25年11月 吉田簑助に入門、研究生となる(17歳)
平成26年 4月 吉田簑悠と名乗る
平成26年11月 国立文楽劇場で初舞台
【受賞歴】
令和 2年 3月 令和元年度大阪文化祭賞<第一部門>

広告 アトリエ千秋

【期間限定募集・地元のお店応援企画】『月刊千里あさひくらぶ』(紙面)でお店を無料紹介!PRのお手伝い!

「コロナで大変な状況が続くなか、地域メディアとして微かでもお力になりたい!」吹田・豊中・箕面地域で、毎月最終日曜日の朝日新聞に折込んで発行している、『月刊千里あさひくらぶ』(発行26,000部以上)が今回、【地元のお店応援企画】と題し、紙面上でお店を無料紹介することになりました。ぜひ、PRのお手伝いをさせてください。(2021年6月~)

ご掲載する内容 ※デザインは規定のもの
①文章と写真(写真は2点まで)☆取材、制作、掲載一切無料。
②読者対象の特典※必須 ☆特典内容はご無理のない範囲でお願いしています。
③QRコード ☆ご希望の場合のみ。

また、年に1度、朝日新聞読者に発行している『掲載店(提携店)一覧』にも無料で掲載いたします。募集期間限定の企画です。ぜひ、この機会をご利用くださいね。まずはお気軽にお問い合わせください。(対象は「飲食店・食品販売店様」ですが、それ以外のお店の方もお問い合わせください)

お問い合わせはこちらから

『月刊千里あさひくらぶ』バックナンバー

●『月刊千里あさひくらぶ』広告掲載は1回です。 ●弊紙規定のデザイン(レイアウト)です。 ●掲載可能なお店の所在地、内容等に規定がございます。 ●企画は予告なく終了しますが、自動で有料更新などにはなりませんのでご安心ください。