40期生 ‘最後の集合写真’ 山手台サニーズ

みなさん、こちらは朝日新聞千里販売のおかちんです。

新型コロナウイルスの感染拡大が世界中で収まる気配を見せず、ここ北摂地域も例外ではありません。そんななか少年野球は、練習の自粛や卒団式の延期・簡素化など、数々の影響を受けています。

広告 Softbank

1月に閉幕した、第43回朝日旗北大阪大会・準優勝の茨木市の山手台サニーズは、3月に予定していた40期生の卒団式が、年度が変わる4月に延期されました。

今年度を振り返ると、「チームは当初とびぬけた選手不在で、市内の大会でも入賞に手が届くかどうかのレベル」だったそうです。それが、各大会での厳しい試合を通じて「ここ一番のチームワークと集中力、そして全員野球」を身に付けることができました。その結果、優勝2回、準優勝1回、年間公式戦績45戦32勝13敗という輝かしい勲章を手にしました(いずれも最終学年での記録)。

最後の公式戦、茨木市教育長旗で有終の美を飾り、あとは指導者やお母さん、お父さんたちへ感謝の気持ちを伝える卒団式を残すのみとなりました。

今回掲載した写真は「もしかしたら、これが最後の集合写真になるかも知れません」とチーム関係者さんが送ってくれた、誇らしい、やり切った、すがすがしい表情の選手たちです。もしかしたら式は開催できないかもしれませんが、8人全員が「中学生になっても野球を頑張る!」と既に新しいステージを見据えています。

山手台サニーズのみなさん、‘卒団’ おめでとうございます! みんな、とってもいい顔をしているよ。

(このブログ記事はチーム関係者さんから寄せられた情報と写真を編集しました)

取材ご依頼受付中
スポーツ大会・イベント・クラブ活動・地域活動などをおかちんが無料で取材します。ご希望の方は電子メールなどでお知らせください ●催しや団体、学校、人、店などが対象 ●掲載媒体はブログまたは紙面、または両方 ●先着順ではありません ●内容等によってお断りする場合があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください