盗んじゃダメ!⇒見るのもダメ! 高校野球・相手捕手のサイン 今夏から

みなさん、こちらは朝日新聞千里販売のおかちんこと岡野です。

今春のセンバツ甲子園で問題となった高校野球の「サイン盗み」ですが、日本高野連が今夏の選手権大会に向け、サイン伝達(盗み)についての禁止事項を都道府県の高野連に通知しました。

高校野球「サイン盗み」夏の地方大会から規制厳しく(日刊スポーツウェブ版、2019年6月14日)

広告 mignon

簡単に言うと…な、な、なんと「走者やベース(ランナー)コーチは、相手捕手のサインを盗んで味方に伝えることはおろか、サインを見ること自体が禁止」になります。どうやら、サインが自然に目に入るくらいなら問題ないけど、凝視するのはダメ、ということのよう。個人情報の保護より保護されてしまった感のある捕手のサイン。今後この禁止事項がどう運用されていくのやら…。

少年野球・佐竹台ストロングアローの主将、藤浪恵太くん(6年生)が「サイン盗み」について、阪神ファンのためのウェブ会報紙『とらボイス2019年6月号』に、素直な考えを寄稿してくれました。子どもの方が、よっぽど野球をわかってる!?(『とらボイス』は朝日新聞千里販売が毎月1回ウェブで無料発行中。ご希望の方はおかちんまでメールでお知らせください

とらボイス2019年6月号、藤浪くんの記事
ブログバナー広告募集
千里地域をがターゲットの千里あさひくらぶブログに、無料でバナー広告を掲載できます。おかちんを通じて朝日新聞を新規ご購読いただけると、購読期間中に適宜広告を表示します。広告画像制作費等も一切不要。おかちんまでお気軽にお問い合わせください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください