野球の神様に届いた! 千里青雲・森本の声 千里青雲 対 桜宮(春季府大会)

みなさん、こちらは朝日新聞千里販売のおかちんです。

小雨の千里青雲高校グラウンドで4月14日、「2019年度 春季近畿地区高校野球大会 大阪府予選」の2回戦、千里青雲 対 桜宮が行われ、千里青雲が延長11回4―3で大金星をあげました。「さあこーい!さあこーい!」この試合で一番声を出していたのが、千里青雲のレフト・森本。「点とった後やから大切にいこー!」「長打警戒の場面やでー!」「この後は変化球でせめよー!」「しっかり準備してー!」など、2年生ながら、場面に合わせた的確な声をナインに送っていました。

拳を握りしめながら声でナインを鼓舞する左翼手・森本
広告 mignon

森本は少年野球時代、吹田クープスのキャプテンでした。当時は大人しい選手(熊埜谷監督)でしたが、チームを広い目で見られる力はその頃に養われました。

吹田クープス時代の森本(後列左端)/チーム提供写真

この日は2年生ながら5番打者を務め、安打も放ちました。1年生の春、おかちんは真野監督から「あいつは将来の4番候補ですよ」と聞かされていました。その期待に、森本は日々の努力でしっかりと応えようとしています。

広告 mignon

この日、33個目のアウトをとったのが森本でした。おかちんには、雨雲の向こうでその声を聞いていた ‘野球の神様’ からのプレゼントのような気がしました。

ウイニングボールを掲げながら仲間のもとに駆ける森本

大勝利の喜びは、今後の大きな成長につながることでしょう。みなさんも「千里青雲・森本の声」を感じてください。

広告 mignon

2014年5月1日 二ノ切グラウンド

ツイッター(@senriaclub)で、試合展開を写真付きでつぶやいていますので、ぜひフォローしてごらんください。

取材ご依頼受付中
スポーツ大会・イベント・クラブ活動・地域活動などをおかちんが無料で取材します。ご希望の方は電子メールなどでお知らせください ●催しや団体、学校、人、店などが対象 ●掲載媒体はブログまたは紙面、または両方 ●先着順ではありません ●内容等によってお断りする場合があります。

2 thoughts on “野球の神様に届いた! 千里青雲・森本の声 千里青雲 対 桜宮(春季府大会)”

  1. 右中間の奥からはなかなか森本君の声は聞こえていませんでしたが、その一声、一声が、この勝利を呼び寄せてくれたのだと感じました。幼少から培ってきたものがここで芽を出し、結果が出ている事。ほんとうに嬉しく思います。これからのさらなる成長が楽しみです。おかちん目線で、またいろんな青雲球児をフィーチャーしてください!楽しみにしています!

    1. Kの父さん、温かいコメントを寄せてくれてありがとうございます。

      確かに、私が野球を見る目線は独特かも知れません。それは、私が少年時代にバリバリのレギュラーではなかったことが影響しているのだと思っています。

      すべての球児に、それぞれの栄冠あれ!

Kの父 にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください