秋初戦で散るも充実感 千里青雲バッテリー・海谷×戸咲

みなさん、こちらは朝日新聞千里販売のおかちんです。

千里青雲高校野球部新チームが9月15日、豊中ローズ球場で、秋季大会(近畿大会府予選)1回戦を強豪汎愛高校と対戦しました。結果は3―6。惜しくも終盤に逆転され敗退しました。この試合ではいずれも2年生の海谷昂輝君と戸咲忠一郎君がバッテリーを組み、海谷君は140球を投げ切るスタミナを見せたそうです。戸咲君は試合後、「今まで感じたことがない雰囲気で野球ができ楽しかったです」と充実した気持ちを話しました。

おかちんはこの試合を取材していませんので、このコンビが公式戦デビューした今夏の第100回選手権記念北大阪大会3回戦、春日丘高校戦の様子をお届けします。最後に懐かしいおまけもあります。

広告 Softbank
先発の森本詠司君(3年)からマウンドを継いだ海谷昂輝君
海谷君をリードする戸咲忠一郎君(2年)。春までは遊撃手だったが、正捕手の故障でマスクを被るようになった

この2人は気が合い、お互い尊敬しているようだから、今後の働きが本当に楽しみ
相手打線につかまる海谷君を、3年生の遊撃手菊崎君が励ます

千里青雲 対 汎愛と言えば、2015年夏の選手権大会、延長11回の熱戦。0―1で敗れましたが、千里青雲はこの試合でも大方の下馬評を覆す大健闘を見せました。最終回の代打吉田知史君の意地の一打など、忘れることがないシーンがたくさんあります。

0―1で迎えた延長11回裏、代打の吉田知史君がしぶとく安打を放った

試合後、球場そばの緑陰でラストミーティング。現在はフットサルコートになっている場所
取材ご依頼受付中
スポーツ大会・イベント・クラブ活動・地域活動などをおかちんが無料で取材します。ご希望の方は電子メールなどでお知らせください ●催しや団体、学校、人、店などが対象 ●掲載媒体はブログまたは紙面、または両方 ●先着順ではありません ●内容等によってお断りする場合があります。

3 thoughts on “秋初戦で散るも充実感 千里青雲バッテリー・海谷×戸咲”

  1. おかちんさん、ありがとうございます!汎愛相手に頑張っていた光景が蘇ります。今年、もう一歩成長して、ひとつでも多く勝利を手にしてほしいです。

    1. Kの父さん、書き込みありがとうございます。

      千里青雲は、ときどき、強豪相手に驚くような試合展開を見せてくれます(失礼な書き方?)。この春、そして夏も気持ちのこもった試合を期待しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください