感謝の気持ちで全力プレー! 佐井寺クラブ前田キャプテンが選手宣誓 第88回秋季千里NT少年野球大会

みなさん、こちらは朝日新聞千里販売のおかちんです。

8月27日に万博少年野球場で開幕した「第88回秋季千里ニュータウン少年野球大会(千里タイムズ社主催)」を取材しました。開会式で少年野球佐井寺クラブの前田桜汰キャプテンが選手宣誓し、感謝の気持ちで全力プレーすることを誓いました。

緊張で口を真一文字にしてマイクの前に駆け足で向かう前田くん。
広告募集
取材ご依頼受付中
スポーツ大会・イベントなどをおかちんが無料で取材します。ご希望の方はおかちんまで電子メールなどでお知らせください ●催しや団体、学校、人などが対象 ●掲載媒体はブログまたは紙面、または両方 ●先着順ではありません ●内容等によってお断りする場合がありますがご了承ください。

◆選手宣誓全文

宣誓

僕たち選手一同は、今年の夏も一生懸命練習してきました

強い日差しのもと、ご指導してくださった監督やコーチ、体調を崩さないようにと支えてくださったお母さん方、暑い時でも練習につきあってくれたきょうだいたち

それらすべての人々のサポートをうけて、僕たちは今、このグランドに立っています

僕たちの野球を支えてくださるたくさんの人のために

小さな白いボールを

全力で投げて

全力で打って

全力で走って

全力で守って

そしてチーム全員で全力で声を出して、野球を楽しむことを誓います

広告 mignon
右手をまっすぐに上げ、正面をしっかり見て、一言ひとこと噛みしめるように宣誓する前田くん。

開会式後、前田くんに話を聞きました。

「めっちゃ緊張した。でも、頭の中にあった宣誓文は全部言えた。4年の時に地域の大会で宣誓したけど、今日の方がドキドキした。宣誓文の中で僕が一番大切にしたいのは『全力で投げて、打って、走って、守って』というところ。感謝の気持ちで、全力で優勝を目指したい」

関係者の談話――

お父さん「今年度から九州地方に単身赴任をしていて、月に1度程度しか見てやれなくなった。今日は(バックネット裏で)心臓が飛び出るくらいドキドキして見ていた。終わった瞬間、ホッとした。カメラを構えたが手が震えてシャッターをうまく押せなかった」

息子の選手宣誓をバックネット裏で見つめるお父さん。

お母さん「(目に涙を浮かべながら)宣誓文は、昨年度別の大会で(当時キャプテンの)北谷くんが宣誓したものを参考に2人で一緒に作った。少年野球は勝ち負けの数よりも、卒団時にみんなに感謝できることが一番大切だと思い、それをテーマにした。今日はよく頑張ってできたと思う」

少年野球佐井寺クラブ北西代表「最近の子どもは凄い。まるで甲子園の選手宣誓のようだった。父母やきょうだいなど、色々な立場の人のことも考えた内容で、とても立派だった」

開会式終了後のスタンドで、弟から選手宣誓記念メダルをかけてもらい、やっと緊張がほぐれた前田くん。
ブログ・紙面掲載写真 販売中
「千里あさひくらぶブログ」「月刊千里あさひくらぶ紙面」に掲載している写真パネル・撮影データを販売中。割引きなどサービスもあります。販売用写真には「千里あさひくらぶブログ」の文字は入りません。

2 thoughts on “感謝の気持ちで全力プレー! 佐井寺クラブ前田キャプテンが選手宣誓 第88回秋季千里NT少年野球大会”

  1. 前田キャプテン天才〜💕
    マジ神な存在ですね‼️
    これからも応援してます📣

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください