「さて問題です」走者無しでセットポジション。きちんと静止しなかったらボーク?

みなさん、こんばんは。こちらは朝日新聞千里販売のおかちんです。

突然ですが、問題です。

「走者無しの場面。ピッチャーがセットポジションをとりました。でも、グラブを体の前で止めることなく、そのまま投球しました」

さて、球審はボークを宣告したでしょうか?

答えは「日本ならプロ野球も含めてボーク」です。

朝日新聞夕刊に、メジャーとの比較も含めてその理由が書かれていました。なるほど・・。

5月26日付 朝日新聞夕刊
5月26日付 朝日新聞夕刊

でも本来このボークは、走者に対して投手が余りにも優位になり過ぎることを防ぐためにできたと考えられるので、走者がいないなら問題ないはずです。その通り、メジャーでは反則ではありません。

しかし日本では、走者無しでも完全に静止しなかった場合は「打者に対しての不当な幻惑になる」と考えられているようです。

少年野球でも、コントロールを重視するため常にセットポジションで投げるピッチャーがいますが、このルールはよく確認しておいた方が良いでしょう。もしスリーボールからやっちゃったら、四球になってしまうからね。

4 thoughts on “「さて問題です」走者無しでセットポジション。きちんと静止しなかったらボーク?”

  1. これは知らなかったです!
    おかちん、勉強になりました。
    でもルールは確かに難しい。
    毎年ルール改正があり常に現場は混乱しますよ!

    1. 坊主のオヤジさん、こんにちは。いつもコメントありがとうございます。

      野球のルールって、複雑で改正が多くて面食らうことも多いのですが、私はどこか「優しさ」のようなものを感じます。

      坊主のオヤジさんは審判をされることはあるんですか?

      1. もちろんありますよ!
        毎年ルール改正しっかりと見てます!
        今年のキャッチャーのルール改正には頭痛いです。

        来年からかわかりませんがメジャーでは敬遠も投手投げずにコールでいけるようになるみたいですね!

        1. 坊主のオヤジさんは、この辺りでは一番厳しいと言われる吹田東部連盟審判部に鍛えられたんですものね。その心意気や、さすがです。

          メジャーで検討されている「投げずに敬遠四球」ですが、おそらく日本の導入はないのでは? と思います。ただ、「プレー時間の短縮」にはつながるでしょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください