【第99回選手権大会】夏のあとがき 千里3年生部員の本音 その3(2回戦 千里 対 大阪桐蔭)

みなさん、こちらは朝日新聞千里販売のおかちんです。

万博球場で7月17日に行われた第99回選手権大阪大会の2回戦、千里 対 大阪桐蔭より。結果は、千里が1―14で5回コールド負けしました。千里の3年生部員5人(マネジャー含む)に聞いた話を紹介します。今回は背番号9、試合途中からレフトを守った石川康紀君。

球場入りしようとする石川君のそばに、この後に試合を控える渋谷の吉田貴幸君(3年)が駆け寄って来ました。「おい石川、頑張れよ」 吉田君に聞けば、2人は少年野球刀根山チャレンジャーズ時代からの盟友。大人しい友人のことが気になって声をかけに来たそうです。石川君は小さくうなずいて球場のアーチをくぐりました。

広告 SPORTYS AUTHORITY

石川君は4回裏から途中出場、レフトの守備につきました。そして13点差を付けられた5回表、2死走者無しで打順が回ってきました。

千里の夏は、石川君のフルスイングで幕を閉じました。

(試合後の話)「僕たちの学年は人数が少なく(4人)、下手な僕でも3年になったら無条件で試合に出られると考えていた。でも、下級生がたくさん入部してきて、しかも上手な部員が多くて、それが甘い考えだとわかった。最後の夏も出場できないと覚悟していた」

「だから、ベンチで監督に呼ばれたとき『自分のできることをしよう』と誓った。1度ボールが飛んできたけど、ドキドキしなかったのはそう誓ったからかも知れない。最後の打席は『三振だけは絶対にしない』と振っていった。アウトにはなったけど、最後のスイングに後悔はありません」

試合後、感極まった表情でユニフォームを丁ねいにたたむ石川君。
2017年夏・朝日新聞新規ご購読キャンペーン実施中
期間中、朝日新聞を新規ご購読契約の方に、おかちんが撮影した「オリジナルデータ」と「A3サイズフォトフレーム入り写真パネル」をもれなくプレゼントしています。ご希望の方はお気軽におかちんまでお知らせください。ご購読開始日・地域の制限はありません。  ※ブログ未掲載の写真をご希望の場合はお探しします。 ※ブログ掲載写真は容量の関係でサイズダウンしています。

8/20 千里中央公園で本気の水遊びイベント!「灼熱 ウォーターバトル!」

みなさん、こちらは朝日新聞千里販売のおかちんです。

地域のイベント情報のお知らせです。8月20日(日)、豊中市の千里中央公園で、今流行の水鉄砲バトルなどを思いっきり楽しめるイベントが開催されます。千里あさひくらぶは広報でお手伝いしています。

月刊千里あさひくらぶ8月号に掲載する広告を作りました。

「水鉄砲バトル」「ウォータースライダー」「シューティング(射的)」「幼児用大型プール」が申込不要・参加費200円で遊び放題! 子どもはどれだけはしゃいでも叱られず、大人は童心に返られる1日。

またちょっとマニアックなポイントですが、主催は「千里キャンドルロード」の開催にも関わっている千里市民フォーラム。後援は、吹田市・豊中市千里ニュータウン連絡会議、吹田市教育委員会、豊中市教育委員会とそうそうたる顔ぶれ‥。やるな、豊中市、吹田市。

たぶん千里地域で初の「本気の水遊び」イベント。家族、友だち同士でぜひご参加ください! おかちんは取材予定。水、かけないでね。