FIGHT!みんなの少年野球
少年野球トップページにもどる
君にジャストショット!
平成24年6月23日(土)撮影 第36回朝日旗大会準決勝 古江台少年野球部 vs 桜井谷少年野球部 (1/3ページ)
ページ移動 [ 1 ] [ 2 ] [ 3 ]
 ‘梅雨’を制する者が朝日旗を制す。

 大会後半に梅雨入りして流れる試合が多くなり、選手たちはコンディションを保つのに苦心した。日程的にこれ以上の順延が許されず、準決勝は決勝戦とダブルヘッダーで組まれることになった。

 試合前、木村監督(古江台)は「ついにここまで来た。選手たちも声が出て元気。林、糸川を打線の軸に、何が何でも一点を取りに行き、みんなに良い思い出を作ってやりたい。今日はベンチで蚊取り線香をたかなくてもいいくらい集中しているよ」と笑った。

 坂部監督(桜井谷)は「二兎追うものは一兎も得ず。当然準決勝は八尋君で勝ちに行くし、鈴木ら他の投手も上昇中で心強い。でも大一番では何があるかわからないから石橋を叩いていくつもり。今日は自分(監督)の仕事です!」と気合が満ちあふれていた。

 重苦しい曇り空のもと、時おりウグイスがそよ風を吹かす中でのプレイボールとなった。





 桜井谷のエース八尋君[1]は完璧な立ち上がり。古江台初回の攻撃を難なく抑える。八尋君は身体を大きく湾曲させる独特のフォームによる左わき腹痛に悩まされてきたが、調整投球のかいがありここに来て大分癒えてきたように見える。

 その裏、桜井谷は河原君[10]のフォアボールなどからノーアウト満塁のチャンスを作り、古江台の投手中村君[10]を攻める。まずはパスボールで先制点を挙げ、続いて八尋君がライト線に2点タイムリーを放つ。さらに荒山君[0]の右中間タイムリーで、一挙に合計4点を奪った。


 いきなり4点のビハインドを背負い反撃を急ぎたい古江台は、2回に糸川君[2]の安打でチャンスを作るも、後続が断たれて得点ならず。本調子を取り戻した八尋を攻めあぐねる。

 ピンチをしのいだ桜井谷はその裏、コントロールが定まらない中村君の投球をじっくり見極めランナーを溜める。木村監督はここでエースナンバー小俣君[1]に交代させた。
ページ移動 [ 1 ] [ 2 ] [ 3 ]
運営会社:朝日新聞千里販売株式会社 (c) 2013 Asahishimbun Senrihanbai corp. All rights reserved. 写真等掲載内容の無断使用を固く禁じます。